<   2018年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2018年 01月 30日
2018/01/30

 日記:

   知り合いの方から、「レコードから変な音がする?」診てくれないかしらと!・・・・・。

  其方からのお呼びは、チト面倒なのですが・・・・・。しょうがないので時間を開けて行きました。
  最近は小生の老眼も進み、自信も揺らいでおりますが・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


  音は出ますが、ガタガタと雑音もし、針飛びで隣の溝に飛んだりしています。
  針圧が懸かっていない様なので、アームを診ると・・・、後ろ側のバランスを取る丸い錘が後ろに
  下がっている様にみえました。
  針圧を掛けるウェイトをゼロに設定、後ろの錘を移動させて。アームの前後のバランスを取り直し
  ました。これでバランスするはずです。カートリッジはオーディオテクニカのVMタイプ、針圧は
  2グラムにしました。

  針の傍の指掛けを持って、いざレコードへと思うと、どうもカートリッジの位置が斜めっぽいのです。
  よくよく見ると、針先の位置もアームの元の方に引っ込んでいます。再度カートリッジを止めている
  ビスを緩めて位置決めをしました。針先の位置はターンテーブルのセンターピンから概ね15mmの
  所に合わせます。この辺は普通あまり知られていないかも知れません。

  再度、バランスを取り針圧を与えてレコードを掛けると、これで再生されると思っていたら・・・・、
  何と、最初の時と同じ状態の音がしています?????????・・・・・・?

  しばらく考えてしまいました。
  何か針先に変なゴミでも付いているのか?・・・、
  ルーペで視ると、カンチレバー(針が付いているアルミ製の細いパイプ)が胴体側に曲がっているのです。

  何かレコードを掛けた状態でカートリッジが付いたシェルを上から力を掛けて曲げてしまった様です。

  真っ先に判る場所なのですが、老眼のためか見逃してしまいました。
  これは針先を交換しないと治りません。相手は早速注文を出していらっしゃいました。
  しかし、それでは音が聴こえないので、小生がピンセットでパイプの曲がりを少しずつ修正、どうにか
  本来の位置らしき所まで、伸ばしてみました。こんな事をしても本来の特性には戻らないとは思いますが
  ともかく、当座はこれで再生できます。針先はルーペで診たところでは大丈夫のようです。

  
   最近はまたレコードが盛り返したようですが、どうもレコードをCD並に手荒く扱かわれる方が多く
  小生はヒャヒャものです。

  溝があるレコード面には手を直接触れないで下さい。盤面のゴミは布のクリーナーで綺麗に拭いてから
  針を落として下さい。レコードはなるべく中袋に直ぐに入れて下さい。変なスプレー式のクリーナーは
  使わないで下さい。硬いモノで盤を傷つけないで下さい。暑い所に置くと盤が歪みますので、ご注意。
  曲がった盤はほゞ治りません。針圧は適正に掛けて下さい。重くても、軽くても痛みます。ターンテーブルも
  レコードを置くので綺麗に清掃します。針先はゴミがつくのは避けられないので、専用のブラシでそっと
  払ってから使って下さい。

   こんな事をお話して取り敢えず帰宅しました。大丈夫かな・・・・!


  今夜の一曲。


 Mozart - Violin Concerto No.3. David Oistrakh (Violin,conductor) 8 december 1968 Stockholm
  





[PR]

by Artist-mi | 2018-01-30 20:46 | Comments(2)
2018年 01月 16日
2018/01/16

 日記:

  昼になり、そろそろ介護ヘルパーさんが来る時間、何となく窓の外をみると・・・・。

 隣の畑のそばの栗の木をお兄さんが剪定しだした。なにも切る必要もないのだが・・・・。
 おそらく枝の影が少し畑に来るのを嫌ったのだろう。でもかなりバランスが悪くなりそうだ。
 農民は植木の様な切り方は決してしないもの、少し残念だ。

 ヘルパーさんが帰り、やれやれとまた窓の外をみると・・・・! !
 さっきまで梯子に上っていたお兄さんが地面でうずくまっている、何かおかしい様な。
 早速、そばまで行って声を掛けると、「上から落ちた、骨を折ったらしい」と豪く痛がって
 うずくまっている。3m位は落ちただろうか。

 その辺のしっかりした枝を探し、杖がわりに彼に与え、彼の家人に連絡をし助けを呼ぶ事にした。
 あまり酷かったら救急車だ。

 家までは200m、駆けるのは突っ掛けでは無理なので長靴に履き替え、速足で彼の母に連絡、
 私の家からタオルを二本と携帯を持って直ぐにかれのもとへ折り返した。畑なので足元がふら付く。

 左手をえらく打った様子、すぐに肩から吊ってみたが・・・・、どうも脇腹を痛めた様子だ。

 彼を軽四トラックの助手席に乗せ彼の家まで運ぶ、彼自身では運転出来ない。
 直ぐに病院へ連絡、幸い整形外科の先生がまだ居るので直ぐに来いとの事、彼の母が
 運転して急行した。

 あわてて居ると、もう母のリハビリの先生が来宅する時間となった。心配だが此処までと
 した。夕方、彼の母親から連絡の電話が入る。肋骨を6本骨折し、即入院となったらしい。

 そう言えば彼の父も樹を伐採する時に落ちている。完全に治るのは五月の田植えまでは掛かりそうだ。

 農民は結構力仕事だし、ちょっと気を緩めると危険な事がある。困っているだろうなぁ。
 息を吸うのも痛くて大変だろう。




[PR]

by Artist-mi | 2018-01-16 21:01 | Comments(2)
2018年 01月 13日
2018/01/13

 日記:

   日々、介護生活をしていると生活の変化や、はり合いが無くなって来てしまいます。何か
  好きな事で手間の掛からない事で紛らわす様にしています。小説を読んだり、音楽を聴いたり
  そんな事ですね。あまり手間の掛かる事は出来ないです。細々した掃除なども宜しい様ですね。

  レコードプレヤーも整備したので・・・・・、レコードを引っ張り出してきました。
  ただ、カートリッジの針が大分減ってきたので新しいカートリッジを買う事にしました。MC
  なので針交換をする訳には行かないのです。

   駄目になったのは、テクニカのAT-3/Ⅱです。聞き流しには丁度良いのですが、もう生産中止で
  針交換も出来ないようです。なにせ20年以上使っていましたから。

   新しく買ったのは、テクニカのAT-OC9/Ⅲです。2009年発売の些か古い機種です。私はこれが
  良いと思います。2009年以降も五機種程新しいモノを発売していますが、基本的に進歩したとも
  言えない様に思います。2010頃からは生産数がかなり少なくなっていて、価格が性能よりもかなり
  上がってしまっています。この数年レコードを聴く人口が盛り返していますが、やはり高価な
  機種がどんどん売れる程に回復はしていません。生産コストが馬鹿高です。金型の維持費や人件費が
  とても上昇してしまいました。ちょい古るのコレは価格がかなりこなれて来ています。

   アマゾンで購入、直ぐに届きました。早くて拍子抜けです。アマゾンに頼るのは少し悔しいですがね。
  まだ、数時間しか聴いていませんが、たいへん調子が良いです。音溝の音を全て拾ってきます。
  再生音のバランスも良く、微細音の再生の見事、低音のしっかり、高音も良く伸びていて綺麗に拾う
  し、残響も良い、嫌味の無い音です。アタック音への対応も見事でした。

  ヴァイオリンや女性ボーカルが特に合っているようです。ハーモニーの再生も得意に思いました。
  仕様的には、ダイナミック・コンプライアンスが高い数値をしめしていますね。

   
    テクニカのAT-OC9/Ⅲ  

      https://www.audio-technica.co.jp/atj/show_model.php?modelId=272




[PR]

by Artist-mi | 2018-01-13 20:50 | Comments(0)
2018年 01月 09日
2018/01/09

 日記:


  正月の喧騒も過ぎ、静かな日々が戻ってきました。天気も思いのほか崩れる事もなく・・・・。

   静かな日はレコードを聴く事にしているので、レコードプレヤーの整備を少ししております。
  整備と云っても、注油と清掃ですね。前回の手入れから二年は過ぎてしまっていますから。
  メカはイギリスのガラード401と言うモノで45年以上前に、私が購入したモノです。
  今でもどうにか現役として回っています。アームはオーディオテクニカのプロ用でAT1501Ⅳという
  全長が35cmタイプ、オバーハングが12mm、信号が通る所は総てPCOCC、パイプ内は平行線を使う
  素晴らしいフィーリングの回転部を持つ硬質サファイア皮膜の黒いアームです。これも20年間
  安定して動いています。

  注油はスピンドルとプリーの軸受けです。モーターは今回はパス。
  スピンドルとは、レコードの真ん中の穴を通す心棒のことで、この心棒の上にレコードを置く
  円盤が乗っているわけです、ターンテーブルと言います。

  スピンドルに何を注油するかは、実はかなり難しいのです。心棒の脇に注油孔があり、口は
  マイナス螺旋で閉まっています。このなかの古い油を綿棒で拭き取り、スピンドルの周りの
  注油用フェルトを外して、ウェスで古い油を吸い取ります。フェルトの下の軸受けも綿棒で
  清掃しておきます。分解掃除の場合は全部バラすのですが、今回はあくまで注油です。
  
  以前はオイルは自動車のエンジンオイル10W40位を使っていたのですが、どうも重過ぎる
  ようです。分解した時に汚れの様なモノも付着していたので、今回はSONYのテープレコーダーの
  スピンドル用のオイルを使う事にしました。フェルトへはオイル落ちを防ぐため、信越の
  シリコングリスを下側に軽く塗っています。今回は試しにプリーの軸受けにもこのグリスを
  少し使ってからSONYのオイルを一滴入れています。少し馴染んだ所で余ったオイルを
  拭き取っておきます。Web上ではオイルでは無くグリスを主に使っている方もいるとか・・・。
  私としては、オイルのみだと、底の隙間から漏れる事があるのでオイルシールにはグリスを
  塗っていますし、スラストパッドにもシリコングリスを塗っております。  

  スピンドルを手で回してみると、以前より軽く回るのが判ります。ターンテーブルをセットして
  手でゆっくり回すと、実に低速でも長く安定して回りますが、特に動き出しが問題で手が触るか
  触らない程度のタッチにターンテーブルの動きが付いて来ないとなりません。停止の時も、その
  瞬間、止まってからその反動で戻る様に見える程ゆっくり止らなければなりません。しっかり
  止まって動かない様にみえると、動きが重いと言えます。モーターオイルだとこうは行きません。

  次にゴムのアイドラーをレースに掛けて300番のダイヤモンドヤスリで軽く研磨し変性した部分を
  落としました。
  最後に、回転系の当たる所を無水エタノールで丁寧に清掃しておきました。

  トルクが戻り、スムーズに動くプレヤーでLPを鑑賞。気分を良くしています。
  スピンドルは使うオイルの粘度などにより音の感じが少し変わる様で面白いです。あまり軽いより
  は少し重い感じの方が音が面白いとも思いましたが・・・。


   Garrard 401 speed test update こんな感じの起動です。スィッチの音が何とも昭和的で良いです。

    





[PR]

by Artist-mi | 2018-01-09 17:42 | Comments(0)
2018年 01月 01日
2018/01/01

 明けましておめでとう御座います。
        本年も宜しくお願いします。


   今年はどんな事があるのか・・・・、平和で落ち着いた時間を過ごせるのか ?
  こんな思いに至る元日は珍しいことです。しっかり独立した国に生れるのか !
  この政権はポチ状態で頼りないかぎり、国家の歴史はただのファンタジーでしかない。
  財政は破綻しているのに、まだ脛をかじる企業や官僚、いったい彼等は何なんだろう。
  日本と云うシステムはもう持たない様に思います。今年、新しい一歩が踏み出せるか !
  若い皆さんの良心に期待しています。普通に真面な事をしっかりやって行きましょう。

 
    元旦のデジタルタブロー。

f0080162_12280138.jpg
























[PR]

by Artist-mi | 2018-01-01 12:29 | Comments(6)