2012年 09月 24日
2012/09/24
 日記:

   この頃は小さいアンプばかり聴いていたので、久しぶりに大きい出力のアンプを
  メイン・ラインに戻し聴いてみました。
  流石、スパッーと大きい音でも何のわだかまりも無く出てきて、実に気持ちが良い鳴り方です。
  このメインは1970年の4月に製作した6CA10ppのメインアンプです。
  当時の流行と同じでムラード型の位相反転回路を使っています。長年いろいろ手を入れて
  自分好みの音に仕上がっているのですが、内部はたびたびの改造でグチャグチャ状態なのが
  気になっています。
   音は差動アンプの様な安定感は無いものの、かなり快い鳴り方をします。
  華やいだ、若々しい感じで、女学生の様です。聴いている此方も若返る気分になれる
  不思議なアンプなのです。
   雑音も無く、オッシロの再生波形も問題ないのですが、一点、クロスオーバー付近に
  スイッチング・トランジェントの様な極小さい波形が出る時があります。20Wを越した
  あたりからなので、バイアスを再度調整する必要があるかな~?
   内部を開けて点検すると、ヒーター配線の内部が腐食しており、緑青を噴いている箇所が
  ありました。また、初段ソケットの接触もいけません。ヒーター配線を仕直すのはかなり
  面倒なので、この際、グチャグチャ配線をスッキリ配線に作り変える事にしました。
  ついでに、通気口の増設もし、剥げた塗装も仕直しする事とします。PTも分解し
  内部を清掃、絶縁の確認をしました。綿ぼこりが結構入っていました。
  まったくの新品にすると、この音質が消えてしまいそうなので、部品などは点検、測定をし
  清掃、磨き上げ、不備な所だけを交換することにしました。B電源電圧を下げて
  出力を少し下げる予定です。
   まずは、シャーシーの穴開けと塗装までは終わらせました。暫し乾燥させます。
  全体の写真、グチャグチャな内部、バラした状態の写真を上げておきます。


f0080162_18141525.jpg


f0080162_1814345.jpg


f0080162_18145656.jpg



     今夜の一曲。

      Gitlis Frtiz Kreisler Praeludium and Allegro

       
[PR]

by artist-mi | 2012-09-24 18:15 | PCとステレオの話し | Comments(4)
Commented by akiba-echo at 2012-09-26 01:12
こんばんは。1970年ですか。バルブはともかくとして、コンデンサー類やVR類はまだ生きているのでしょうか。それにしても、最近の半導体ものは、たいして年数も経ていないのに突然プツンといきますね。集積している分、パーツの代わりが無くて、全体がぽしゃるのは、まったく哀しいことです。☆ゑ
Commented by artist-mi at 2012-09-27 09:16
akiiiba-echo さん、おはよう御座います。

 このアンプの運用はかなり頻繁にあったので、電解やオイルCは定期的に交換していたのが
 寿命を延ばした様です。分解清掃時、絶縁と容量を測定していますが、電解Cは交換したい
 ですね。なかなか新品の大型Cは手に入らなくなって来ています。国産の500V球級は全滅かな?
450V耐圧はまだ生産されていますね。TrやFETも生産中止品が増えていますし、昔のTr銘記の
 大型電解Cも全滅ですね。
Commented by CLAD at 2012-09-27 18:33 x
こんばんは。OPTが山水のSW30ですね。これの8kのものを
EL34の差動アンプに使いました。音はいいのですが、低域の
歪がやや多かったのが意外でした。6CA10はとてもよさそうですが、
球の代替がないのがまさに「タマに瑕」ですね。
Commented by artist-mi at 2012-09-29 09:02
CLADさん、おはよう御座います。秋らしくなりました。朝は10度程度に気温が低下
てしきました。

 OPTの選択は難しいものなんですね、当時はラックスやタムラのOPTがありましたが
 山水のはラックスよりパンチがあり明るい感じがありました。タムラは高価でしたし
 音に何か癖がありました。6CA10の最適負荷は5K程度なのですが、6.6Kを採用したのは
 歪みの低減の意味があります。
  この前、秋葉原のアムトランスで6CA10を見たのですが、かなり高価でした。
 ロシアあたりで再生産して貰いたい球です。


<< 2012/10/01      2012/09/20 >>