人気ブログランキング |
2020年 02月 27日
2020/02/27
 日記:

   新型コロナウィルスの脅威ばかりTVでは放送しております。

  厚労省の対策はことごとく後手に回っています。何とか先手を取れないものか、彼等の責任は非常に重いモノです。
  安倍政権のこの疾病にたいする危機感の無さ、本当に拙いですね。特にこのままだと日本は大打撃をこうむってしまいます。
  経済的にも落ち込みは予想され、もしかしたら以前の水準には戻れない可能性が出てきました。そもそもGDPが-6.3%
  それにモロ落ち込みが被るわけです。動けない安倍内閣はもう駄目でしょうね。

  今の時点でウィルスの陰性か陽性かの検査が殆んど出来ていないのは、何とも不思議・・・・・、これはもしかしたら
  日本に検査の試薬が殆んど無いのではと・・・・、普通のインフルエンザの試薬と違い遺伝子増幅技術で調べるとか、
  試薬キットはロッシィのライセンスで日本ではTaKaRa RNA PCRtm Kit (AMV) ver/3.0です。この試薬キットが
  全く足りていないのではないでしょうか。そもそも普通に使うモノではないし、大変高価なので手持ちが少ないと・・。
  また、遺伝子増幅のこの検査では、病気が治っていても、死んだウイルスで陽性と出てくるそうです。

  此処ここに至っては、陰性陽性の判定よりも普通の肺炎で無い場合は直ぐに治療薬の投入をした方が良い様に思います。
  早く治療薬の治験が終わって保険で服用できる様にして頂きたい。識者の方々頑張って下さい。


   母の入っている特老の施設がこのウィルスの対策のため、面会謝絶、外部の者の入所禁止となった。
  会えないとなると、いろいろ心配も増えます。ヘルパーさんがしっかり面倒をみてくれているはずなのだが・・・・。
  面会謝絶の期間はかなり長くなりそう。ケアマネに電話を入れていろいろ様子を教えてもらっています。
  午後は晴れたので、母の部屋を掃除しました。



  


# by Artist-mi | 2020-02-27 21:29 | Comments(0)
2020年 02月 10日
2020/02/10

 日記: マスクを作りました。

   どうも、巷では「マスク」が無くなっている様で、困った事です。
  マスク自体ほとんど中国製の様で、日本には回って来ないみたいですね。
  
  無いなら作ってみましょう。ウィルスを通さない性能は自分で作れないので
  しょうが、人に飛沫を浴びせない様なモノなら作れそうです。
  昔はガーゼのマスクが売られていたのですから、そんなモノなら作れるはずです。

    先ずは、大まかな作図を・・・・・。        

2020/02/10_f0080162_16112327.jpg




      材料は市販のガーゼです。それを大きさに合わせ折り込み、アイロンでプレス。

2020/02/10_f0080162_16133226.jpg

                      


        横の両側をプレス、アイロンは消毒にもなります。

                        

2020/02/10_f0080162_16150067.jpg


       ミシンで端縫いをします。 手縫いでもいい。

                       


2020/02/10_f0080162_16162836.jpg

ゴムは市販のモノです。各自の耳に合わせて下さい。6コールを使いました。


                          

2020/02/10_f0080162_16191971.jpg



   口元には四つ折りガーゼを当てガーゼにしました。普段は此れを交換。
 使ったら、簡単に鍋などで煮沸消毒をし乾燥すれば、また使えます。
    
  ガーゼ四重*2では薄いかも知れませんが、苦しくはないです。乾燥を
    防ぐにはかなり快適です。この性能だと人込みには行かない方が良いかも。

                 
参考になりそうなモノは。
 ガーゼは非力とは言えない性能もあります。
http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20040205_2g.pdf
罹らないための方策
https://www.youtube.com/watch?v=nPBmPRz22x8
免疫を上げるには。
https://www.youtube.com/watch?v=2pQtYyyTXTE
罹ったらどんなふうに治療がすすむか。
https://www.youtube.com/watch?v=Z35__qpMJfM


2/14 追記
容態の実際で判ってきた所。
https://www.youtube.com/watch?v=19cPZb8JoDc

2/21 追記
https://www.youtube.com/watch?v=B9gdL9hpirI















# by Artist-mi | 2020-02-10 16:22 | Comments(0)
2020年 01月 29日
2020/01/29

 日記:

  デジタル接続コードのお話。

   ことの始めは、ピアノの高い方の鍵盤をフォルテで打鍵する演奏のCDを再生した時
  不自然な響きがつきまとう事に気付いた事でした。トレモロやアルぺジォなども
  同じ様な音が付いて来る・・・・・。周波数的には4K位から上の方にも聴こえる。
  何なんだろう ! 

   ソースを変えたり、どの機器なのか取り替え引き換えして機器の特定をしていました。
  でも、中々犯人が判らないのですね。
   ソースはフィリップス系のアナログ録音が特にいけなく、目立つのです。ロンドンは
  それ程でもないのです。アナログ盤とCDが同じ録音ソースからの物で聴き比べると
  明らかにCD盤の方なのでした。

   CDプレヤー関係が濃厚です。このCDプレヤーを他で接続した時はこんな響きは
  無かった記憶が有りますのでプレヤー自身では無さそうです。ただその時はアナログ
  接続つまり、ピンコードでアンプと接続していました。現状は光用のグラスフィバーで
  CDからD/Aコンバーターに接続されています。デジタルの同軸ケーブルの端子も付いて
  いるので此方の接続も試してみたところ、ピタッとこの不自然な響きが無くなって
  います。どうも光ケーブルか、その接続端子関係が怪しいようです。

   使用していた光ケーブルはオーディオ用のデジタル接続用の一般的なモノです。
  光はLAN用のモノなどいろいろあるはずですが、手持ちはこれしかありません。
  衝撃や曲げには弱いと云う事があるようですが・・・赤い光は出ている様です。
  グラスファイバーの中で乱反射など有るのかも知れません。ジェッターなどが
  此れなのかも。
  同軸のデジタルケーブルは手持ちのインピーダンスが75オームの同軸を試してみました。
  オーディオ用のデジタルケーブルは持っていないので、アナログの映像用の75オームの
  PCOCCのモノと、普通の5C2Vの測定に使っているモノを一応比較してみました。差は感じ  
  られますが、そう異なった音では無いようなので、黄色のケーブルで代用させています。

   同軸と光の比較では今回は同軸の方に軍配があがりました。変な響きが無いのと
  音場がよく澄んで見通しが良様に感じています。あまりこの事には感心が無かったので
  機会をみて先輩友人達にお話を聞いてみようと思っています。光は良と思っていたので
  すが、どっこいそうは行きませんでした。


     今夜の一曲。

       Charles Richard-Hamelin – Piano Concerto in F minor Op. 21
                  (final stage of the Chopin Comp. 2015)
                         この指揮者は如何なんだろう ?

            


   



# by Artist-mi | 2020-01-29 14:18 | PCとステレオの話し | Comments(0)
2020年 01月 14日
2020/01/14

日記:

   
  この冬は暖かい様です。まだ氷点下五度を超す事も無く、当地では希な暖冬かもと
 思ってしまいます。二月になればマイナス10度にもなるのが本当なので油断はできませんが。


  例年は庭にある三本の薔薇の木に藁やプチパチシートで根の周りに覆いを付けているの
 ですが、暖かいのを幸いとして木の周囲を20cm程の深さに掘って元肥えを多く入れてやる
 ことにしました。覆いがある時は元肥えを多く入れるのは無理なのです。ここ四年は
 十分な元肥えをやっていなかったので、花の数や花径が小さくなっていました。この春は
 かなり改善出来るのではと楽しみにしております。
  掘ってみると土はかなり湿り気がありました。例年はけっこう乾燥気味なのです。
 やはり暖冬のせいなのでしょうかね。


  元肥えは腐葉土が15リットル、溶性燐肥が10kg、野菜の土が15リットル、油粕が1kgを
 買ってきました。油粕が少ないのはこの二三年、黒点病に罹病しやすくなったためです。
 あとは春先に化成肥料をばら撒けば良かなと思っています。野菜の土にはチッソ分もかなり
 入っているようです。

  溶性燐肥と腐葉土は水仙の畑にも軽く施しました。あとは剪定を少し深めにしようと
 思っています。


  剪定: 最近は弱剪定ばかり数年していたので、新鮮な強い枝の更新が少なくなって
 しまっていました。これでは株自体老化してしまいます。古く太い根元からの枝を
 ノコギリで切ってしまわねばなりません。春から新しい芽が出てシュートが伸びることを
 期待し、どんどん切っています。

  あと、黒点病の罹患も問題です。露地植えなので雨に打たれるのはしょうがないのですが、
 株元の地面を何かでマルチングしてみようと思っています。何が良いのか・・・ ?

  これらが出来たら冬の消毒を軽くして行こうと・・・、 雪、降らないと良いのですが。


    今日の一曲。

   Ernst "Last Rose of Summer" & Traditional/Ricci "Romance de Amor" - Ruggiero Ricci

   




# by Artist-mi | 2020-01-14 16:18 | Comments(2)
2020年 01月 06日
2020/01/06

 日記:

  お正月も終わり、やっと本番モードが戻ってきました。例年、今年はどんな
 一年になるか予想などしておりますが、世界中第三次世界大戦かとのニュースに
 面倒な一年と成りそうな予感がします。イランがイラク化してしまうと大変な
 混乱が起こりそうで弱った事です。オリンピックも中止になるかも知れません。
 TVはお正月のお笑い番組とスポーツ番組ばかりで、知りたいニュースはちっとも
 ないのには呆れました。

  それにしてもトランプさんはとんでもない間違いをしたモノです。国防省も
 さぞ慌てている様子で、戦闘する兵士は堪ったモノでは無いでしょう。
 また、難民も増えるでしょうし、戦闘による死者も増える訳でトランプの周りで
 攻撃を示唆した者は誰なのでしょう。トランプさんの精神は危ないなー。
 平和にはちっとも近ずいてはいない。これが大統領とは、しかももう一期やるとは。
 アメリカ国民も愚か者が増えたようです。この幼児化した社会性は危険ですね。
 トランプの要求には取り合わない方が良いでしょう。

  もう一つ心配事は、情報、とくに個人情報の集約化です。この情報を持っている
 企業や行政、国家、外国が悪用して個人の行動を制御しだす可能性が高くなって
 います。例えば中国の様にです。共産党幹部が専制君主の様になっている国、
 幹部が会社を持ち、途方もない利益を上げるために情報を使うとなると搾取される
 一般人はたまったモノではありません。日本でも行政機構は情報を集約化して
 いるので、トラブル、例えば横浜市のように情報の漏えいが危惧されますし、
 悪い人物に悪用される危険性は増えています。しかもこの情報の集約化に
 歯止めを掛ける意思が一般人にはあまり無いのでとても危ない状態です。
 歯止めを即急に構築しなければなりません。言う事を入力しなければアカウントを
 停止すると云う事はかなり危ないのです。生活が出来ない事に成りかねないです。

   
   今日の一曲。

   Tarkovsky quartet: "Le temps scellé: Mychkine"

      





# by Artist-mi | 2020-01-06 12:05 | Comments(0)
2020年 01月 01日
2020/01/01

 迎春

   呉竹の一夜に春の立つ霞、
  今朝しも(女房達は)待ち出で顔に花を折り、
  匂ひを争ひてなみ居たれば、我も人なみなみに
  さし出でたり。

                 ーとはずがたりー

    
     

2020/01/01_f0080162_12294738.jpg
                                       基本の設定式 Z=Fn1(Z); Z=Z^5 + Fn2(C)

       本年も宜しくお願いいたします。


      
                                     



# by Artist-mi | 2020-01-01 12:32 | Comments(6)