2019年 01月 22日
2019/01/22

  日記:

    晴れでしたが寒く北風が強い一日でした。夜は月明りで富士山がよく見えています。

    
    各ラグ板の製作を進めました。先ずはヒーターの電源部です。ブリッジダイオードは手持ちの
   関係でえらく大きいモノを使っていますが、2Aもあれば今後の流用にも問題ないので、小さいのを
   使ってOKです。セメント抵抗の値は実装してから調整しなおします。実装した基盤の高さは35mm、
   シャーシーの深さをかんがえると、いっぱいいっぱいと云う所です。実体図と全く同じ配線には
   なっていませんが回路図的には同じです。組み立てているといろいろ実際的なアイデアが湧いて
   その都度いろいろ試みています。

f0080162_21215686.jpg


    次は定電圧電源部です。整流ダイオードにシリコンカーバイドのショットキーバリアダイオードを
   奢りました。このダイオードは極めて低雑音で音質もシックで気に入っていますが、少し高価では
   あります。放熱板の所は通電しますので、感電にご注意。凝らなければ、普通のファーストリカバリー
   ダイオードでかまいません。1000V耐圧 1AあればOKです。シリコンカーバイドの方は650V耐圧なので
   ブリッジだとギリギリ気味、電流値がDCで数ミリなのでOKとしています。MOS-FETは東芝のK3A60を
   使いました。DAが2から3A程度、PDが30Wのモノなら良いでしょう。K3067とかK3767とかです。
   こんなに大きくなくても良いのですが、今後の流用のためにも大き目のモノを付けています。
   放熱板はシャーシーのPT穴を開けた時の切り落としから自作しました。このSPプリの場合だけでしたら
   板を付ける必要は無いのですが、今後のためにも後付けは面倒なので付けています。電圧値は67Kを実装してから
   調整してみます。ドレインにぶら下がっているダイオードはIN4007のテープィング品がいっぱい
   あったのでこれを使いましたが、耐圧が400VもあればOKです。
   アース側の配線は基盤の裏側を通しています。

f0080162_21225106.jpg


f0080162_21232192.jpg



    三枚目はCRイコライザー部です。27Kを30Kオームに変更しています。グリーンの小さい抵抗は
   4.7Mオームで、周波数特性の切り替えSWの切り替え時のクリックノイズの防止につけましたが
   効果の程は・・・、やってみないと。CはASCのX363と日通工のデップマイカを使っています。
   後の抵抗の数値はバラックでの試作を踏襲しています。
   次はこれらの基盤をシャーシーに組み入れます。球回りはそれから配線して行きます。シャーシーの
   奥行きが40mmと浅めなので、少し工夫が要りそうです。では・・・・・。

f0080162_21242104.jpg




     今夜の一曲。

    Tchaikovsky: Fantasy-Overture 'Romeo and Juliet' (Yannick Nézet-Séguin, Proms 2013)
        
         






# by Artist-mi | 2019-01-22 21:26 | SPレコード用プリの製作 | Comments(0)
2019年 01月 18日
2019/01/18

 日記:


  低温で強風でしたが、塗装を強行しました。外気は五度C、風はダンボール箱を被せて防ぎました。
 乾燥は30分程度、なかなか思ったより調子が良いようです。ただ風で細かい埃が表面に付いてしまい
 仕上げの研磨をする羽目になりました。夏だったら楽なのですが・・・。お湯でスプレー缶を温めました。

  使用した塗料は、
           アサヒペン ラッカースプレー  シルバーグレー。
                 クリェイティブカラースプレー ライトカーキー サテン調。

  コンパウンドは、
           ソフト99  液体コンパウンド  リキッド 超鏡面仕上げ。

   
  手持ちのインスタントレタリングの白を使用し、文字をいれました。
  球のシールドケースは昔、秋葉原デパートの太平洋で入手したモノで、アルミ製のアチャラモノです。
  これは視覚的に付けてみました。全体のデザインが単調なのでメインアンプのデザインを邪魔しない様
  いろいろと関連付ける様な工夫をしてみましたが、やはり単調気味ですね。

  写真を上げておきます。 次は内部の配線をします。各ラグ板の製作から・・・・。


f0080162_18213834.jpg
f0080162_18221422.jpg



    今夜の一曲。

       STABAT MATER de Giovanni Battista Pergolesi (2006-07)

         






# by Artist-mi | 2019-01-18 18:24 | SPレコード用プリの製作 | Comments(2)
2019年 01月 14日
2019/01/14

 日記:

   
   少し暇が出来たので、シャーシーの穴あけを完了させました。

  このアルミシャーシーは倉庫から出たての様で表面の保護に貼ってある青いビニールの
  カバーが柔軟で、糊がしっかり残っていて、ドリルの刃程度でも剥がれずたいへん工作が
  し安く助かりました。店頭の些か古い商品だと、どうしても刃の動きで剥がれてしまい
  切り屑がピカピカのアルミの表面を傷つけて、たいへん見苦しくなってしまいます。

  ピカピカのアルミシャーシーは其れなりに綺麗ですね。一円玉が新品はピカピカで綺麗
  なのと同じです。残念ながら白く酸化して行くのですが。このピカピカに透明のラッカーを
  吹いて保護したのですが、地がアルミなので直ぐに剥がれてしまいます。地塗り調整剤を
  使ってもあまり上手く行かないようです。たしか昔、野毛のジャズ喫茶のちぐさのアンプも
  アルミの地肌が綺麗な6GA4ppでした。もう一つこのシャーシーが残っているので何時か
  地肌のままのアンプを作ってみたいと思っています。

  穴あけが完了したシャーシーを点検すると、ドランスの角穴が少し歪になっていました。
  でも、こんな感じでも大丈夫です。4mmの穴の位置が狂っていなければ、OKです。
  ミゼットのヒューズホルダーの位置が少し端過ぎたようです。何とか出来そうですが。

  全体のデザインですが、どうもいただけなぃ。 プリとなると雑音などの影響が受ける
  事を逃げねばならず、距離を多くとったりして都合が悪い事だらけです・・、反省。

  次は塗装ですが、どうも気温が低すぎで困っています。低温時は塗装した事がないのです。  


   写真を上げて置きます。

  

f0080162_21150545.jpg

 
                   

f0080162_21154813.jpg


           今夜の一曲。

      Szomorú vasárnap/Gloomy Sunday - Elisabeth Kulman - Hungaro Tune no. 1/4
    
          






# by Artist-mi | 2019-01-14 21:23 | SPレコード用プリの製作 | Comments(0)
2019年 01月 10日
2019/01/10


  日記:

    前日の夜半より気温が急激に低下、マイナス10度から11度となりました。肩口が
   寒くなかなか寝付けませんでした。部屋は暖房しているのですが、寒いです。

    母の具合が心配になってホームにお見舞いに行ってきました。かなり元気で
   一安心。部屋は暖房が良く効いていて快適でした。家ではやはり寒いのです。
   顔を会わせば安心する様で穏やかな心地が伝わります。洗濯物を回収する。

   夜になり星空になりましたが、風が強く山からのこぼれ雪が舞っています。
   そんな夜空を作ってみました。

     使った基本の設定式は・・・・・・。

       Z=Fn1(Z); Z=Z-(P1*(Z*Z*Z-1)/(3*Z*Z))+C

        
    


f0080162_20290555.jpg

     今夜の一曲。

 Ashkenazy: Sibelius - Valse triste, Op. 44

 






# by Artist-mi | 2019-01-10 20:34 | Comments(2)
2019年 01月 06日
2019/01/06

  日記:

    実体図が出来上がったので、その四枚を部分的にカットして並べてみました。
   大体組みあがりそうです。シャーシー自体が大き目なので大変楽です。一応・・・、
   パワートランスの長手方向と真空管ソケットの位置関係は守って下さい。
   この方向が磁束によるハムノイズが少なくなります。

    

f0080162_15450545.jpg



    内側へと組み入れる、ACインレット、ミュゼット型の小型ヒュースホルダー、
   入、出力端子、ボディーへのアース端子、SWなどを実体図と共に並べて当たりの
   具合をみます。

  

f0080162_15462905.jpg


   

f0080162_15471325.jpg




    問題が無いようですので、シャーシーのビス穴に油性マーカーで目印をつけ、ポンチを打って
   ドリルの刃先が滑らない様にします。打った位置が曲がったらポンチを斜め打ちして修正して
   おきます。いよいよ穴あけに移ります。


  

f0080162_15481841.jpg



         今夜の一曲。

           Typewriter - Brandenburger Symphoniker
    
             







# by Artist-mi | 2019-01-06 15:52 | SPレコード用プリの製作 | Comments(0)