2018年 03月 29日
2018/03/29

 日記:

   MonoのEL34 D ppに手を加えました。抵抗の交換ですね。
  出力管のスクリーングリッドはプレートと結ばれ、三極管結合になっています。この球は感度が高いので
  普通、局部発振防止用に抵抗を介して結ばれるのですが、この抵抗は音質に少し影響します。今までは
  タクマンのREY型1Wのモノを使っていましたが、もう少しスッキリした音にしたかったのです。少しカマボコ
  的な周波数特性でしたし、大きい音の時の透明度も少し落ちていました。今回は東京光音電波のRN65Eを
  探して来ました。こっちの方がかなり上質な音がします。残響がちゃんと出ますし、歪感もかなり少なく
  大変良い音質に感じます。音が崩れてこないのですね。スクリーングリッドの抵抗など、それ程音に
  影響しないと思っていましたがかなり自然な音になってきました。タクマンの1Wは良い音の抵抗なのですが
  小さい1/4Wの方が音色に影響が少ない様に感じています。抵抗のキャップの材質関係なのかも知れません。
  1Wの方が音が太く余力をかんじますが、1/4Wの方自然にも聴こえます。RN65Eはキャップの形状が違って
  いる様に見えますし、各物理特性も上まわります。
     参考  http://www.takman-e.co.jp/pdf/rey.pdf


         http://www.ko-on.co.jp/products/resistor/pdf/rn-j.pdf


  こんな事なのでEL34 D ppのステレオアンプの方も交換する事になりそうです。RN65Eを四本手に入れは
  なかなか大変で・・・・。

  RE65Nの画像とソケット周りの画像を上げておきます。RN65Eの外装は黒色とチョコレート色があるそうです。

   
   
   f0080162_18285141.jpg



   










f0080162_18291308.jpg



[PR]

# by Artist-mi | 2018-03-29 18:32 | モノラル再生EL34monoなど | Comments(0)
2018年 03月 18日
2018/03/18

 日記:

  介護生活でなかなか自由な時間が持てなくなっています。つい最近、近くのスーパーが閉店したので
 買い物も遠くになり家事への負担がまた増えてしまいました。週に二回、二時間半は見ておかないとなりません。
 お茶や缶詰その他はネットも利用していますが、やはり観て買い物をしなければならないモノも多くあります。
 
 時間を切り詰めるため、諸々の家事をかなり工夫しました。掃除はロボット掃除機を多用、炊事のレンジは
 自動化したモノに交換、人の訪問が多いので、録画ができるインターホン、タイマーの付いている機器は
 かなり設定を変えて多用しています。今までは手動で使っていたモノを使うには時間割りを立てて動かすので
 それなりの工夫が必要ですが、やって見ると少しずつ時間の余裕が増えて来ました。

 あゝしたい、こうしたいと数日話した末、最後に庭木を切らないと生らない事が判明。だけれども今は
 到底無理です。一人で全部の垣根を整枝するは・・・・・・・・・・もぅ大変だ。

 結局、植木屋さんを入れるしかないかな !  此れはちょっと物入りです。 この時期としては・・・!


 
  庭木 つばき 透かし剪定のコツ

    



[PR]

# by Artist-mi | 2018-03-18 17:50 | Comments(2)
2018年 02月 18日
2018/02/18

 日記:

   母の介護生活も随分長くなって来ました。寝たきりになってからも三年程、思ったより
  慣れて来た事と、突然のトラブルにアタフタしてしまうなど毎日が気を休める事ができません。
  家内の支援と介護事業者の方々の支援でどうにか切り抜けている訳です。
 
  母は認知症の方も徐々に進行している様で、日中も寝ている事が多くなってきました。実際には
  体は病気ではなく、かなり老化が進んでいる状態と云う事です。ただ精神状態はトンチンカンながら
  安定を保っているので、ありがたい限りです。

  寝たきりなので、結局食べて出して寝るのが仕事みたいなモノなのですが、出すのが大変な作業で
  安定したリズムで行えないので結局下剤に頼る事になってしまいます。上手く出るかは「天のみぞ・・」
  まぁ、世話をする方は大変です。爆発的になってしまうと衣類を鋏で切って処理しなければなりません。
  直ぐに入浴するわけにも行かず、大変な事になります。おまけに、この寒さでも部屋の排気をせねば
  なりませんし、夜などは本当に困ってしまいます。人間、歩けないとなると結構大変です。
  あと、水分の補給がなかなか難しい事になりました。本人はそもそも喉が渇くと云う自覚が薄れて
  自発的に水を要求してこなくなりました。適正な水分量の把握がかなり困難になっています。

  小生の方は気軽にやっている心算ですが、眠気が来ることが多くなりましたし、家内もかなりの
  心労を被っていて少し体調を悪くしています。ヘルプをしてくれる方への対応も結構忙しく・・・。
  気晴らしが必要ですね。

  30分位時間の余裕が取れればCDを聴いています。むしろかなり真剣に聴く様になりました。


    今夜の一曲。

    Great Pianists Play Beethoven Opus 111 - Clara Haskil  二楽章が特に素晴らしい。


     



 


[PR]

# by Artist-mi | 2018-02-18 16:15 | Comments(0)
2018年 01月 30日
2018/01/30

 日記:

   知り合いの方から、「レコードから変な音がする?」診てくれないかしらと!・・・・・。

  其方からのお呼びは、チト面倒なのですが・・・・・。しょうがないので時間を開けて行きました。
  最近は小生の老眼も進み、自信も揺らいでおりますが・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


  音は出ますが、ガタガタと雑音もし、針飛びで隣の溝に飛んだりしています。
  針圧が懸かっていない様なので、アームを診ると・・・、後ろ側のバランスを取る丸い錘が後ろに
  下がっている様にみえました。
  針圧を掛けるウェイトをゼロに設定、後ろの錘を移動させて。アームの前後のバランスを取り直し
  ました。これでバランスするはずです。カートリッジはオーディオテクニカのVMタイプ、針圧は
  2グラムにしました。

  針の傍の指掛けを持って、いざレコードへと思うと、どうもカートリッジの位置が斜めっぽいのです。
  よくよく見ると、針先の位置もアームの元の方に引っ込んでいます。再度カートリッジを止めている
  ビスを緩めて位置決めをしました。針先の位置はターンテーブルのセンターピンから概ね15mmの
  所に合わせます。この辺は普通あまり知られていないかも知れません。

  再度、バランスを取り針圧を与えてレコードを掛けると、これで再生されると思っていたら・・・・、
  何と、最初の時と同じ状態の音がしています?????????・・・・・・?

  しばらく考えてしまいました。
  何か針先に変なゴミでも付いているのか?・・・、
  ルーペで視ると、カンチレバー(針が付いているアルミ製の細いパイプ)が胴体側に曲がっているのです。

  何かレコードを掛けた状態でカートリッジが付いたシェルを上から力を掛けて曲げてしまった様です。

  真っ先に判る場所なのですが、老眼のためか見逃してしまいました。
  これは針先を交換しないと治りません。相手は早速注文を出していらっしゃいました。
  しかし、それでは音が聴こえないので、小生がピンセットでパイプの曲がりを少しずつ修正、どうにか
  本来の位置らしき所まで、伸ばしてみました。こんな事をしても本来の特性には戻らないとは思いますが
  ともかく、当座はこれで再生できます。針先はルーペで診たところでは大丈夫のようです。

  
   最近はまたレコードが盛り返したようですが、どうもレコードをCD並に手荒く扱かわれる方が多く
  小生はヒャヒャものです。

  溝があるレコード面には手を直接触れないで下さい。盤面のゴミは布のクリーナーで綺麗に拭いてから
  針を落として下さい。レコードはなるべく中袋に直ぐに入れて下さい。変なスプレー式のクリーナーは
  使わないで下さい。硬いモノで盤を傷つけないで下さい。暑い所に置くと盤が歪みますので、ご注意。
  曲がった盤はほゞ治りません。針圧は適正に掛けて下さい。重くても、軽くても痛みます。ターンテーブルも
  レコードを置くので綺麗に清掃します。針先はゴミがつくのは避けられないので、専用のブラシでそっと
  払ってから使って下さい。

   こんな事をお話して取り敢えず帰宅しました。大丈夫かな・・・・!


  今夜の一曲。


 Mozart - Violin Concerto No.3. David Oistrakh (Violin,conductor) 8 december 1968 Stockholm
  





[PR]

# by Artist-mi | 2018-01-30 20:46 | Comments(2)
2018年 01月 16日
2018/01/16

 日記:

  昼になり、そろそろ介護ヘルパーさんが来る時間、何となく窓の外をみると・・・・。

 隣の畑のそばの栗の木をお兄さんが剪定しだした。なにも切る必要もないのだが・・・・。
 おそらく枝の影が少し畑に来るのを嫌ったのだろう。でもかなりバランスが悪くなりそうだ。
 農民は植木の様な切り方は決してしないもの、少し残念だ。

 ヘルパーさんが帰り、やれやれとまた窓の外をみると・・・・! !
 さっきまで梯子に上っていたお兄さんが地面でうずくまっている、何かおかしい様な。
 早速、そばまで行って声を掛けると、「上から落ちた、骨を折ったらしい」と豪く痛がって
 うずくまっている。3m位は落ちただろうか。

 その辺のしっかりした枝を探し、杖がわりに彼に与え、彼の家人に連絡をし助けを呼ぶ事にした。
 あまり酷かったら救急車だ。

 家までは200m、駆けるのは突っ掛けでは無理なので長靴に履き替え、速足で彼の母に連絡、
 私の家からタオルを二本と携帯を持って直ぐにかれのもとへ折り返した。畑なので足元がふら付く。

 左手をえらく打った様子、すぐに肩から吊ってみたが・・・・、どうも脇腹を痛めた様子だ。

 彼を軽四トラックの助手席に乗せ彼の家まで運ぶ、彼自身では運転出来ない。
 直ぐに病院へ連絡、幸い整形外科の先生がまだ居るので直ぐに来いとの事、彼の母が
 運転して急行した。

 あわてて居ると、もう母のリハビリの先生が来宅する時間となった。心配だが此処までと
 した。夕方、彼の母親から連絡の電話が入る。肋骨を6本骨折し、即入院となったらしい。

 そう言えば彼の父も樹を伐採する時に落ちている。完全に治るのは五月の田植えまでは掛かりそうだ。

 農民は結構力仕事だし、ちょっと気を緩めると危険な事がある。困っているだろうなぁ。
 息を吸うのも痛くて大変だろう。




[PR]

# by Artist-mi | 2018-01-16 21:01 | Comments(2)