<   2015年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2015年 10月 31日
2015/10/31
 日記: Monoアンプの製作で・・・・2。

  
  前回は大まかな設計、回路図を上げる所まで来ましたが、実際に作るとなると何をどんなふうに作るか
 大まかな所を決めて置かねばなりません。いわゆる実体配線図なるモノを描かいておくのが早道と思います。
 
 先ず、部屋の何処に置くかなども決めて置かないと思わぬ機器間の配線混乱などを招いてしまいます。それに
 よってアンプの電源の位置や、入出端子の位置、SWの位置なども決まってきます。ラックに収めるか、棚に
 置くか、見て楽しいまな板上に組み上げるか、いろいろ出来るわけです。今回は毎度使用し慣れたアルミの
 シャーシー(300*170*50 1.5m厚 1850円 ラジオデパート地下の奥澤で購入)を使います。穴あけが大変
 ですが楽しい工作でもあります。厚めの木の板(まな板 ブレットボード)の上に端子を付けて空中配線で組む
 のも昔は盛んにおこなわれていましたので、楽しいと思います。買ってきたシャーシーの上にトランスや球、
 SW、ヒューズホルダー、各端子を並べて考えるのもまた楽しい・・!(裏板とトランスケースも付けます)。


 配列には幾らかのポイントがありそうです。

      
  * まず、球、電源トランスなどはかなり発熱しますので、お互いをあまり近ずけない様にしなければ・・・。
   球の周りは通気口を開ける必要があります。今回は球を灯すだけでも20W位の電力が使われます。

  * トランス、特に電源トランスなどは磁力作用により機能していますが、トランスの周りにもいろいろ
   磁力の影響を振り撒きます、漏れ磁束と言います。今回使う伏せ型のEI型コアー(鉄の板の積み重ねの所)
   は長い方向の方が漏れが少ない構造になっていますから、増幅回路はその方向に置くのが好ましいのです。
   勿論、距離を取れば減少して行きます。出力トランスがかなりその影響を受けますので位置は大切です。
   今回は整流にチョークトランスも使用しますので、大変です。

  * 球を使い増幅回路を組みますが、上手く動くように回路を組み上げねばなりません。球を動かす直流電圧の
   分配とは別に、信号を増幅する流れの信号ループの道が重要でなるべく短く配線しなければなりません。
   信号ループとはEL34の所で言えば、上のEL34のプレートから出力トランス一次側のP赤から入りB黒を
   通り、P灰を出て下のEL34のプレートに入りカソードから上のEL34のカソードに戻る、一回りを言い
   ます。
   この回路は両カソードからアースに落ちる所に定電流回路が入れてあるので、一定の電流値で総てが動く
   ことになり、普通のプッシャブル回路の様に、電源回路に信号が流れて行きません。上に多く流れれば、
   その分下の球の電流が減る仕組みになっています。電源回路に信号が流れないと言うことは、アース線や
   電源のコンデンサーに信号が行きませんので、その部品の影響を受けない事になるわけです。(12AX7の
   場合も同様です)。短く配線するには都合が大変宜しいのです。B1からB黒の配線、カソードの100オーム
   からLM317Tの回路の配線、全体のアースの配線などはかなり長く引っ張り廻してもかまわないわけで
   電源なども大掛かりにしなくても良いのです。
    
    ただ、EL34などの発熱を配慮してシャーシーの両隅に一本ずつ離して配置などすると信号ループが長く
   なり、超広域の発振や動作不安定の要因を増やしてしまいますし、それを恐れて二本のEL34を近くに付けて
   配置すると熱により球の寿命を縮めたり、内部構造物の変形を招いたりしてしまいます。その兼ね合いが
   考え所なわけですね。今回は前作のEL34ステレオアンプのその配置より少し離してみる事にしたので
   なおさら難しいです。


  * アンプは電気で動きます。この場合は100Vの電灯線、つまり家庭のコンセントから導き入れるわけです。
   電灯線は交流で一秒間に50回か60回、プラス、マイナスが入れ替わっているモノです。よく電気製品から
   ブゥーンと唸る音を聴くとおもいますが大半はこの為です。電気が流れれば磁場が必ず生じます。その
   力を消す必要があります。一番簡単なのは二本の線を右まわりに捻ると、その力が相殺されます。アンプの
   中の交流が通る配線は総て捻じり合わせる必要があります。球を灯すヒーター電源なども良く捻ります。
   入力信号線、スピーカー端子などへの配線、負帰還の配線、場合によっては球のプレートからトランスの
   端子への配線、電源トランスへの配線などを指しています。ただ市販のモノではそうしていないモノもあります。
   トータルで考えているのでしょう。微小な信号が通る所はシールド線の使用も行われます。

  * 信号は球のグリッドという端子に入ります。それは大変雑音の影響を受けやすい、インピーダンスの高い
   所と生っています。その端子につながる部品はなるべく短く付けて、影響を少なくすべきです。12AX7の
   グリッドに付く56K、負帰還の量を決める2K、EL34のグリッドに付く超高域に生じやすい局部発振を止める
   1.5K、330K、0.22マイクロのコンデンサーの片側などは短めに付けたい所です。(LM317T周りなども・・)。


 まだまだ、気を付ける所もいろいろ有りそうです。球のヒーターの灯も前面が良く見えるような位置にしたいし、
 SWを押す時に、シャーシーが動かない配慮も必要、持ち上げる時に重量バランスが悪いと困ります。
 それにデザイン・・・・・!!! 観て楽しいく落ち着いた感じがする様な・・・。
 はたしてどんな実体図になりますか・・・???


    
        今日の一曲。


    Renaud Capuçon & Khatia Buniatishvili: Grieg, Sonata for Violin and Piano No.3

     


    
  
[PR]

by Artist-mi | 2015-10-31 16:38 | モノラル再生EL34monoなど | Comments(2)
2015年 10月 30日
2015/10/30
  日記:

   上の方(高度1450m)へモミジの紅葉を観にドライブ・・・・、
  もう少しで真っ盛りと言う所です。
  空の青さと赤い葉のコントラストが素晴らしい。

  
   月初めに作ったデジタルタブローの練習を元に手を入れたみました。

   
f0080162_1959163.jpg
 


      今夜の一曲。
        
        Philippe Jaroussky - Vedro con mio diletto - Vivaldi

         
[PR]

by Artist-mi | 2015-10-30 20:00 | Comments(0)
2015年 10月 24日
2015/10/24
  日記: Monoアンプの製作で・・・・1.


  Mono用アンプの続きです。EL34の三極管結合プッシュブル、差動動作で一応回路図を書いてみました。
 と言っても、前に作ったアンプと大筋変わりません。KT88などよりEL34の方が名球でありますが
 見てくれで使う人がいっぱい居ますね。

    回路図はコレです。クリックすると少し大きくなります。

    
f0080162_13435121.jpg


   B1の電圧値は310V前後、EL34のカソード電圧は19.5V位、一本あたり42mA流します。プレート損失は
  12W程度、片側が何かでダウンしてももう一方は助かる様にしています。出力は理想出力としては7W
  実際は6.2W位、LM317Tの損失は1.48Wかなり熱くなります。負帰還4dB程度、100を120Ωにすると
  4.8dB位にふえます。この変化は耳でかなり分かります。DF値の変化が低域に効いてきます。
  ゲインは裸で12倍程度、NFが4dBだと8倍弱。


  電源は6BQ5ppの流用でトランスは春日のKmb100F2です。Monoなのでこれで十分です。
  
  今、実体図を書いている所で、この過程がとても楽しいわけです。発熱が多い事が分かっていますので
  二本の出力管の間隔を前より広げますが、取り回しが難しいので楽しみも倍増です。
  DCバランスは検出用の抵抗を使わない事にしました。無い方が音質的には有利なのです。
  また、局部発振防止用の抵抗は付けています。ココは無くする自信がありません。

    今更ですが、定電流差動動作のアンプはプッシュブルのアンプとはだいぶ違った動作になり、ココで使う
  様なかなり安手の小型トランスでも十分使えます。

  出力平衡信号は、後続の2つの出力管が一体となった平衡増幅回路によって増幅されて、出力トランスで
  インピーダンス変換されます。差動プッシュプル回路における出力トランスは、インピーダンス変換機能しか
  持たないので逆相の信号の合成機能は無いのです。
  信号の分割・合成が行わないわけですから、プッシュプル回路での問題は、以下のように変化します。


  位相反転出力(この場合平衡出力)は、同じ信号電圧、周波数特性、位相特性、直線性、出力インピーダンス、
  過渡特性・・でなければならないという事の意味がなくなっています。
  出力管は、同じEp-IP特性(μ・gm・内部抵抗)、入力・出力容量・・でなくとも構わないのです。
  出力トランス1次巻き線は上、下で、同じ巻き数、浮遊容量、インダクタンス・・でなければならない必要は
  無くなってしまいます。

  実際聴いてみると、音の安定感、低域の安定感、音がスッパっと出て来る所が俄然優れていますよ。



     今夜の一曲。

   Bregenz Fextival 2011 - Andre Chenier  デザインはダビッドの絵画「マラーの死」から取られています。

    


   
[PR]

by Artist-mi | 2015-10-24 13:44 | モノラル再生EL34monoなど | Comments(4)
2015年 10月 13日
2015/10/13
 日記: 代車のフィット・ハイブリット

  
   愛車の車検時期になり、整備をお願いしてきました。

  今回も代車をお借りするわけです。出てきた車はホンダのフイット・ハィブリット、ほゞ新車です。
  ハィブリットを運転するのは実質始めてなので・・・・ハテ ! ヤバィ !

  始めての車を運転して、直ぐに大通りに出るのも気が退ける事であります。

   シートはバケットタイプ、背中の両脇に圧力を感じます。シートの座り心地は硬め、ただ
  殆んど新車なので・・・。直ぐに天井に頭をぶつけてしまいました。慌ててシートを下降。
  ハンドルはテレコピック・タイプ、いろいろポジション調整が出来るようです。
  ハンドルの切れは敏感、遊びはゼロです。ペダルのポジションは自然、、左足はレストペダルに
  なっています。シフトレバーのPはボタンなのには面喰いました。メーター関係は特に違和感は
  ありませんが、LEDらしくかなりカラフルな表示。本来なら一番の眼玉の燃費を言うべきなの
  ですが、走行距離不足でなので・・・。

  見晴しはセダンとしては普通な感じ。ルームミラーが少し邪魔です。前方の見切りは悪いですが
  こんなモノかもしれません。

  アクセルを踏むと、バッテリー駆動時とガソリンエンジン駆動時の境目で不連続な感じをうけました。
  慣れが必要のようです。踏み込むとかなり強い加速をします。

  室内のデザインは少し若向き、狭いとも言えます。それに引き換え後席は余裕を感じました。
  室内音は割と静寂、ボディー剛性もある乗り心地でした。カーブではやゃオーバーステァです。
  段差通過もきつくはありません。タイアの走行音もそんなに気になりません。

  デザインは。セダンとしてかなり斬新とも言えるでしょうか、サイドビューを上げておきます。
  真ん中を横切るラインの終わりから後ろの所の空間が少し間が抜けていると感じました。
  そんなに上げなくても・・・・! その御かげで後ろ姿は無意味なパートが出来ていますね。
  ドァーハンドルはラインの中に入れた方がかっこ良いです。前側半分と後半分では違う主張の
  デザインになってしまっています。
                    まぁ・・・とても丸っこいデザインです。

  
f0080162_18435163.jpg

[PR]

by Artist-mi | 2015-10-13 18:44 | Comments(2)
2015年 10月 10日
2015/10/10
 日記:


   Mono再生アンプの製作は遅々として進まないので、実際、音が出ない状態が続いて
  いました。それでは視聴できないので・・・・・・。先ずは手持ちのアンプでとにかく
  聴けるようにしました。

   遊んでいる6BQ5差動ppをモノ用に・・・・・・・片chの導通を切断し、A.B.Cと入出力
  ケーブルを撤去、E系のみにしておきました。片chのみの作動なのでB電圧などが上がり
  ますので、プレート損失をチェックしました。出力は2.8W程度で12BH7Appよりは大きい
  ことになっています。使用アンプの内部を上げておきます。クロス中和は撤去しました。


f0080162_18383627.jpg



   使ってみて・・・・・・、先ずステレオ装置でモノラル音を再生視聴するより、はるかに
  スッキリした音でした。芯のしっかりした感じがあり、モノラルでもホールトーンが自然な
  感じで再生されてきました。レコードのパチパチノイズも目立たなく聴こえます。モノCDを
  聴いていると大変快適なのですが、レコードを再生させると急に問題が出てきました。
  それは、レコードのカッティング・レベルが高い所では簡単に出力をオーバーして音がサチッて
  きます。それもそのはずで、ステレオの時と同じ音量で聴くにはスピーカーが一つなので
  ヴォリュームを上げる必要に迫られるわけですね。Mono用スピーカーはステレオのそれより
  幾分高能率なのですが、3dB弱は上げる事になるわけです。倍の力がいる事になります。
  スピーカーは8オームなので2.8W弱では4.6V辺、倍では9.2Vで10W位になってしまいます。
  私の基準では、かなりの大出力アンプが必要な事になります。以前のプランは12BH7Aパラpp
  を予定していましたが、これでは力不足ですね・・・・・。少しガッカリです。
  EL34の投入を考えるべきかも知れません。出力トランスは春日のKA-8-54pを使うつもりだった
  のですが、少し小さいので低域はかなり苦しくなります。このトランスの定格では一次片側
  80mAが最大なのですが・・・・どうでしょうね ?  一次負荷は8K、10W型ではあります。
  昔のタンゴ安手のPPトランス、例えればU13-8などを見れば結構こんなモノかも知れません。
  今回は部品は流用するのが建前。ちょっと設計してみようと思っています。
  以前のEL34差動ppと同じ様な感じでしょう。

   シャーシーと裏板は手当したのですが、かなかな製作意欲が湧いて来ません、しばらくは
  6BQ5差動ppで聴きます。


    今夜の一曲。

      Forever Tango - A Evaristo Carriego

        
[PR]

by Artist-mi | 2015-10-10 18:42 | モノラル再生EL34monoなど | Comments(6)
2015年 10月 01日
2015/10/01
  日記: 曇り午後より雨。靴を磨く。

   久しぶりのデジタルタブローの練習は↓です。

 
f0080162_19512189.jpg
   

 
    今夜の一曲、秋の夜に。

      God Bless The Child -- Keith Jarrett Trio

      



 
[PR]

by Artist-mi | 2015-10-01 19:49 | Comments(0)