<   2014年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2014年 08月 26日
2014/08/26
 日記:

  久しぶりにボーっとCDを聴いていました。プリアンプのレストアを5月はじめにしてから
 やっとアイドリング状態から抜け出たようで、音質がいたって真ともになってきた様です。
 全電解Cの交換や無鉛ハンダによる再ハンダ付けがありましたので時間が随分掛かりました。
 私の使った無鉛銀入りハンダは随分音の変化があり、時間もとても掛かりましたが普通の
 鉛入りより音質は上でした。

 CDではとても良好なのですが、SACDではすこし高音域に山がある感じがしますので、暇な
 秋にでも測定し細かく特性を確かめたいと思います。それでもCDではとても静かで見晴しの
 良い音になっています。歪もとても少ないのです。以前、手持ちのCDのなかには歪っぽい
 音を出すモノがありました。録音のせいと思っておりましたが違っていたのですね。感激
 モノです。セパレーションもとても良くなっていますし、fffでも伸びやかな音。
 まだ、改良の方策が浮かぶので秋が楽しみ。


  今夜の一曲。

    Maria Joao Pires - Riccardo Chailly - J.S.Bach  この曲を作っている最中バッハは
                            この美しさを造った事に涙したと
                            思ってしまいます。

    



 
[PR]

by artist-mi | 2014-08-26 21:21 | PCとステレオの話し | Comments(2)
2014年 08月 25日
2014/08/25
 日記:

  日曜日、作品の搬入してきました。朝八時出発、上野の都美術館に到着したのは昼の一時半頃。
 手続きとお喋りに三十分、帰宅したのは夜の八時半となりました。無事搬入出来て一安心です。
 招待状も出してしまって展示出来ないとなったら大変なので、良かったよかった。

  受付では、小生の様な変わった手法の作品は珍しいので知り合いの係りの人が集まって来て
 質問攻めです。変わったモノに興味を持つのは人情、色が美しい、張り合わせが・・・?
 CGとは違うのか?など大変ですが、数式による作画の意味やその効果に関心を持たれるかたは
 あまり居ないですね。もともと絵描きは数式嫌いでしょうし。何故抽象を数式でやっているか
 少し考えて貰いたいのが本音なんですが・・・。数的処理による作画は本当に美しいのですが
 私としてはこの辺を理解される事はかなり諦めています。絵描きって人の仕事には割合無関心な
 人が多いのですね、これを乗り越えるのも勉強なのですが・・・。

  日曜日朝の上りなので渋滞にも巻き込まれず良かったのですが、長時間の運転はやはり
 くたびれました。アクセルを踏む右足がちょっと攣り気味。眼も霞みます。距離的には350Km程度
 なのですが、もう歳で疲労困憊気味。家内にも交代を頼みました。因みに燃費はリッター16.7Km
 程度でした。巡航スピードは90K。次の車にはクルーズ・コントロールを付けよう。 

  こう云う時はサービススティションで休みやすみ、いろいろ食べたべですね。でも何処の店も
 味が濃いのには閉口します。ドライブでは胃腸があまり動かないので油モノは避け日本食系に
 つい箸が向きますが、皆さんは如何しているのでしょう。
 帰りに釈迦堂で桃のソフトクリームをいただきましたが美味でした。わりと嫌味の無いところが
 美味しいのです。もう少し経つと巨峰のぶどうアイスがあるのですが、これも美味です。

  高速で運転しているといろいろお喋りします。以前二人の会話を録音して、自宅で再生して
 みたのですが気晴らしの会話ばかり、かなり酷い内容に苦笑。自身の人間性をお互い反省して
 おります。家庭内でも日常を録音してみるのも面白いかも知れませんね。 

  途中、首都高でフェラーリとランボルギーニ2台に追い越されましたが、「バッサ」と言う
 空気を切り裂く音に驚愕、こちらは110K位、相手は250Kオーバー、無茶し過ぎですね。
 やりたければ何でもやってしまうお金持ち、困った人達です。其れなりの車は誰でもが
 早く走れる様になっているだけなのですが・・・。

  帰りの中央道の上りは随分長い渋滞でした。渋滞対策は諦め対策と国土交通省は思っている
 様ですが、入り口の限定的な時間制限や通行料の一部返還など考えても良いのでは。
 バス停などにも小さいトイレを増設出来ないでしょうかね。路肩に止まってドアーを開いている
 観光バスがあまりにも多いのは考えて貰いたいです。中央線の増発や普通列車の走行スピードの
 改善など、トータルな政策が必要なのは眼に見えていると思います。第一ガソリンの無駄てすし、
 リニアに夢を託すのは愚策で無理なんですが・・・。



  今日のデジタルタブローの練習は↓です。

f0080162_1434350.jpg



  今夜の一曲。

   Lili Kraus plays Mozart Sonata K 332 in F major


     
[PR]

by artist-mi | 2014-08-25 14:36 | Comments(4)
2014年 08月 14日
2014/08/14
 宣伝です。

    小生の所属する展覧会の開催のお知らせ。

   順調に搬入出来れば、出品を予定しています。上野です、お近くにお越しの機会が
   御座いましたらお寄り下さい。申し訳ありませんが今回は有料展示となります。

    特別に企画展示が二つ、今村 圭 さんと 山田 實 さんの作品の展示です。
   今村さんの抽象は感動的ですね。春のお花畑の様に華やいだ気分が味わう事が
   できます。特に構成と配色の爽やかが素晴らしいです。空間やタッチのバランス感は
   たいへん美しく人の手業の凄さを感じます。さっと描いてしまうのだから凄い才能ですね。
   山田さんの作品は始めて拝見した35年前からあまり変化していない様に観えます。
   不思議なアイロニーを感じさせる独特の世界です。近年は細かい描写が増えている
   様に思えます。ユーモラスな所が良いですね。

    もう一つはCGによるコミックイラストの人気作家14人の作品展示です。実物を
   ゆっくり拝見できるチャンスでもあります。これらの作品は現代日本の文化の
   一翼を担っている訳で海外の若者に人気があるのはご存知の通りです。

    案内状とパンフレットの一部を上げておきます。宜しくお願いします。


f0080162_19512893.jpg



f0080162_19514930.jpg



f0080162_1952447.jpg



   
     今夜の一曲。

         
       Anu Komsi sings Villa-Lobos' Aria-Cantilena

      
[PR]

by artist-mi | 2014-08-14 19:52 | Comments(8)
2014年 08月 09日
2014/08/09
  日記:


    仮額を付けて具合をみています。
   100Fの大きさなので、会場では小さいのですが、絵は大きく描いています。
   はたして目論見の様になっているでしょうか ?

   仕上げ用にどのニスを塗るか思案している所です、台風が来るので塗るのは
   天気が回復してからとなります。

   しばらく眺めて、その具合によっては修正が入るかも知れません。おそらくは
   バックの色調あたり・・・・・!


    画室に収まったタブローの写真を上げてみます。


f0080162_20533474.jpg




     今夜の一曲。 


         Max RAABE / Singin' in the rain


       
[PR]

by artist-mi | 2014-08-09 20:54 | Comments(12)
2014年 08月 08日
2014/08/08
  日記:

    前日の続きです。


   試行錯誤、数十回。 完成プランはこんな具合になりました。私には
   少し荷が重かったです。脳味噌が熱い。要らないモノは削げ落としました。

f0080162_20132374.jpg


   完成の一つ前はこんな感じ、ライティングに差があります。うるさい感じがします。 

f0080162_20135345.jpg


   視点を下に移し、見上げる様にすると、これになります。

f0080162_2014244.jpg


   同じく上に移すと、こんな感じ。

f0080162_20145026.jpg


   ちなみに計算の精度を一桁上げて細かくするとコレ、グロですね。

f0080162_20152888.jpg



   明日は仮額を付けたのを上げます。


       今夜の一曲。 

    Liszt - Dinu Lipatti (1947) Sonetto 104 del Petrarca Années de Pélérinage


     
[PR]

by artist-mi | 2014-08-08 20:18 | Comments(2)
2014年 08月 07日
2014/08/07
 日記:


  展覧会用の作品がどうにか完成、一安心です。後は無事搬入するだけです。

  
   今回の作品のテーマは「笑い」「にっこり」「こんにちは」です。
  連日、戦争や紛争、事件で心が荒んでしまい慌ててしまいますが、人との
  関係は先ずは親近感を結ぶ事で始まるのでしょう。赤ん坊がニコニコ笑い
  人々が微笑んで答えるのがすべての始まりと思えます。怒りや恐怖では
  人間の社会は壊れてしまいます。「笑い」を思いだしましょう。

   デジタルタブローは数的操作によって画像を造っています。今回は3Dに
  していますが、それで「笑い」を表すのはとても難しい事でした。幸い
  数値の変化で微妙な形を追えるので、細かい表情がきっちり再現出来ると云う
  利点があります。試作を多く繰り返せば何とかなる様です。一応抽象画なので
  顔を描いても、眼、口、鼻の形の実際を写実的に描く必要はないわけで
  かえって笑うという表情を表すには好都合でした。線事体もギザギザにして
  いろいろ表情を付けてみました。上手く行っているかはたして・・・・?
  立体なので、光の投影法も数か所から照らす様にして不思議感を演出して
  みました。結果、前に飛びでる様に観えています。ただ普通の一点からの
  照明法に慣れている場合、違和感を覚えるかも知れません。現実には夜の
  都会などでは多方向からライトが当たる事はよくある事ではありますが。
  配色については、はじめから割と一発で決まってしまった感じですが、
  一応いろいろ試してはいますが、結果これで行く事になりました。

   かなり以前(2012年?)の下書きから、作り込みの過程の図を上げておきます。
  途中なのでまだ笑う所まで行っていませんが・・・・。  次回は完成作を上げますので。



f0080162_19574377.jpg


f0080162_1958546.jpg


f0080162_19583497.jpg


f0080162_19584633.jpg


f0080162_19585942.jpg


f0080162_19591492.jpg


f0080162_19593338.jpg


 
   構成のバランスが上手くいっていませんし、眼も??。笑いも足りないですね。
  色も使い過ぎでしょうか ! 




     今夜の一曲。

       Chi Mai


[PR]

by artist-mi | 2014-08-07 20:00 | Comments(2)
2014年 08月 02日
2014/08/02
 日記:

   EL34ppD.アンプが不調になりました。症状は右チャンのゲインが時々徐々に低下、
  不安定になるのです。右のRCAピンコードに触れると回復するので、コードが
  いけないようです。早速コードを交換、でも又ぞろ同じ症状があらわれます。

  RCAの入力ジャックのハンダ付けが悪いのかも・・・・。 裏蓋を開けて
  目視確認、手で触れてみましたが悪そうでもありません。 ????
  一応、各部の電圧をチェック、異常はないですね・・・・。
  右チャンの増幅段の全部のハンダ付けをピンセットで揺すりながらチェック
  していくと・・・・。 出力段の定電流回路のLM317のOUT端子に付けた15オーム
  の抵抗器のリード線のハンダ付けが揺すった途端、抵抗もなく取れてしまいました。
  ここは発熱の多い所でもありクラックが入っていました。
  このICは配線を上手くしないと発振しやすいので、最短結線をしていたのですが
  端子を短くしてハンダ付けをしたのが、裏目に出た様です。からげハンダにして
  おけば問題はないのですが・・・・・!!! 痛し痒しと云った所です。

   修理後電圧を再チェック、OKとなりました。ここは球のバイアス値を決める
  所なので、球を痛めない程度で気付いて良かった、よかった・・・。



    
     今夜の一曲。

     Madredeus - O Mar

    
[PR]

by artist-mi | 2014-08-02 20:43 | EL-34pp差動アンプでも。 | Comments(4)