<   2013年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2013年 09月 30日
2013/09/30
 日記:

   秋らしくなりました。朝方は10度を切って少し寒いくらいです。
  体を慣らすため散歩をしました。3Km弱ですが疲れます。秋空が楽しいです。

  夕方は、フレスコ地の試験をしていました。大まかな乾燥まで二週間。完全乾燥は1年以上かかります。
  発色は紙と変わらないまでになってきました。収縮は果たしておさえられるか?

    今日のデジタルタブローの練習は↓です。

f0080162_2026164.jpg


      今夜の一曲。

       Halie Loren - "Sway" (Live)

          
[PR]

by artist-mi | 2013-09-30 20:26 | Comments(0)
2013年 09月 26日
2013/09/26
 日記:

    6V6ppULアンプの配線などしています。

   アウトプットトランス KA-6635PULで突っかかっています。一次インダクタンスがMAXで60Hと
   表示がありますが・・・・? 最大で60Hはだいぶ少ないのではないかな ! 最少の間違い・・?
   プレート電流値もMAX120mAと云う事ですが、これは片側らしく240mAが正解らしいです。
   一次巻線の抵抗値は片側でおおよそ35ー39オームで少ないですね。太目の線材を使いガラ捲き
   しているようです。それだとインダクタンスはそんなに多くはならない可能性もあります。
   インピーダンス・ブリッジなんて言う測定器も勿論無いですし・・・、せめてインダクタンスの
   測定条件ぐらいは記入して欲しいのですが !  5V50Hzならやっぱり少ないでしょう。

   それで低域のスタガリングを考えるのに少し面倒な事になっています。UL接続は一応三極管に準ずる
   様ですが、TL1があまり大きくすると拙い事になりますね。0.05マイクロと270Kでは12Hz位に
   なりますが、このOPTだとスタガ比が2位になってしまう可能性もあるかも知れません。その場合は
   0.02マイクロに変えるとすると30Hz位になりますが、もう少し低くまで伸ばしたい気になりますね。
   昨今の再生環境では低域をもっと伸ばす方向になっているので、またまた悩ましい事になって
   います。逆に0.22マイクロ位にして3Hz程度と言う手もありそうで・・・・比が下がるか。
   負帰還量は10dB位を見ていますし2段アンプでもあり、その点は楽なのですが・・・。

   実際に組んでみてから、測定して塩梅を見るしかありませんね。低域の発振は実際にはコーン紙を
   見るしか無いのかな。

   
    配線プランはマランツ配置でやって見ました。まだ途中ですがいろいろ手間取っています。
   反転段、アースの取り回しは再考が必要です。もう少しスマートな方法を探してみます。
   このプラン描きが実に楽しい所でもあります。

f0080162_1835710.jpg



     今夜の一曲。

           
Standards I (Keith Jarret, Gary Peacock, Jack Dejohnette)



 
[PR]

by artist-mi | 2013-09-26 18:34 | 6v6ULppアンプ | Comments(0)
2013年 09月 23日
2013/09/23
  日記:

   十日ばかり寝ていました。腰を痛めてしまいダウンです。 起き上がれない、歩けない、
  寝返りが出来ないなど最悪でしたが、ようやく復帰しました。無理を重ねると疲労して
  こんな事になってしまいます。歳ですね。

   今日は久しぶりにカセットを聴いておりました、と言うより聴ける幸せを感じております。
  曲は
     ブラームス 交響曲 第二番 OP73
           ピエール・モントゥー : ロンドン交響楽団
             1963.4.15  大阪フェスティバル・ホール  NHK-FM


    今日のデジタルタブローの練習は↓です。久しぶりで調子がでません。

f0080162_2151149.gif
   


     今夜の一曲。

      Gelido Ogni Vena - Vivaldi by Cecilia Bartoli.

         


                                        
[PR]

by artist-mi | 2013-09-23 21:05 | Comments(2)
2013年 09月 08日
2013/09/08
 日記:

    
    オリンピック東京誘致成功、 目出度くもあり、目出度くもなし。

      
     それにしても、一国の首相たる安倍さんが、福島第一原発は完全にコントロールされていますと
    世界に宣言してしまったのは、大変拙かったですね。 アレ、完全な嘘です。日本人の信用を落とす
    とても恥ずかしい行いです。政治家はどうも目的のためには嘘をつくのは平気のようですね。福島は
    大変な事にさしかかっています。250Km離れた東京が全く安全と言うのは間違いです。しかも
    2020年の未来がどうなっているか、誰にも解らない事です。こんな嘘がまかり通るのは、今の日本が
    政治、行政、技術などの危機管理システムがまったく不全状態にある証明です。そのお粗末な
    システムにのった未来を子供達に受け渡すのですか。子供達の本当の希望は福島を完全に
    解決する事でしょう。金メダルを何十個とっても彼らの心は晴れないですよ。

     世界が福島第一の事をどう思っているか、これを見てください。(面倒でしたらグーグルの翻訳で)。

       http://www.nature.com/news/nuclear-error-1.13667

       
     今日のデジタルタブローの練習は↓はこれです。


f0080162_11513136.jpg



      今夜の一曲。  アルゼンチンの文化に敬意をはらって。


LA CUMPARSITA


[PR]

by artist-mi | 2013-09-08 19:42 | Comments(4)
2013年 09月 03日
2013/09/03
  日記:

    家内のPC Dell 1510、日付が狂ってしまい・・・・・2008.01.06だそうです。起動すると
   日付をセットアップしろと言ってきます。セットして使用、再起動するとまた同じ繰り返し。
   OSのアップデートも出来ません。

   おそらく内蔵のボタン電池が消耗してしまったのでしょう。ここまでは予想が付くのですが
   交換するとなると、大変な事になるらしいのです。メーカー送りも手を入れていますし・・・。      

    あ~~、まったく面倒だな!

   Dellのサイトから分解のマニュアルを探しだしました。ラッキーです。
   でもかなり面倒、しかもリチュム電池の型番も不明、特殊だったら、もうお手上げです。
   
   電池はシステム基盤の裏側にあり、裏板を外すには総てバラバラに分解しないと辿り着けません。
   しかも、電池への配線は溶接してあるタイプです。(リチウム電池へのリード線のハンダ付は危険な
   行為なのです)・・・・・・・・・・・・・!!!

    ともかく、分解するしかありません。自信無いのですが・・・・、静電気でICを壊してしまったり
   コネクターを割ってしまったり、ネジが錆びついて取れなかったり・・・・、不安いっぱいです。

    面倒なのでマニュアル通り分解しました。液晶パネル、前面カバー、キーボード、パームレスト、
   冷却ファン、HDD、DVDドライブ、無線ランパネル・・・何しろ全部取り外します。

    その写真、


f0080162_1214699.jpg



    到達したシステムボードの写真、この裏側です。裏板だけで外れれば簡単なんですが出来ないのです。


f0080162_12145097.jpg



    リチュム電池はCR2032で一般的なモノでした。ラッキー・・・・! 電圧をチェックすると0.7V
   2008年の表示があります。3Vは必要な所です。
   細心の注意をしてハンダ付をし、逆の道筋で組み上げました。

    何はともかく、テストです。正常に組みあがったかヒャヒャです。 音も出る、BIOSも立ち上がる、
   OSに入る、画面も表示できる、キーボードも入力できる、無線ランもOKです。DVDも見られます。
   排熱のファンも回って来ました、USB端子も正常です。・・・・・・、これでOK、ラッキーです。
   エクスペリエンス・インデックスを走らせたら、前と同じ値になりましたOK、OK、OKです

    掛った修理時間は3時間、失敗しないで良かった。

            
[PR]

by artist-mi | 2013-09-03 12:15 | PCとステレオの話し | Comments(4)