<   2012年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2012年 12月 31日
2012/12/31
 日記:

   大晦日、大掃除で忙しいです。
  年が変わっても我が家は別段何もないのですが、一応格好はそれらしく付けるわけで・・。

  毎年、新年には身の回りの何かを新しいモノに変える事にしています。今年は・・・・!

  家族で考え、長年使っている普段のティー・カップを新しくすることにしました。
  今までのはだいぶ遣れていて、ひびや小さい欠けが出ていますし、割っていて数が
  不揃いになってしまっていたのです。

  こんな田舎では瀬戸物屋さんもデパートも有りませんので、アマゾンで選ぶしかないのです。
  説明や写真、カスタマーズ・レビューを参考しましたが、本当の所は分からないですね。
  家族の意見は揃いませんが、まぁ~こんな物でと云うのが少しありましたので、最後は
  家内が選びました。 こんなのです。

  それでは、良いお年をお迎え下さい。 

f0080162_16543816.jpg



    今年、最後の一曲。

     Chopin: Deux Nocturnes (Maria João Pires)

      
[PR]

by artist-mi | 2012-12-31 16:55 | Comments(2)
2012年 12月 29日
2012/12/29
 日記:

  夜来の雪、12cmは積もったでしょうか。
 朝から雪かきです。思ったより重い雪に面食らいながら門までと、洗濯の干場、仕事場、
 そして車を出せる様に、ざっと除雪します。これで午前中は終わってしまいました。
 正月前にこんなに積もるとは、先が思いやられます。
 午後は気温が7度まで上がり大助かりですが、夜になりぐんと冷えてきて、もう零下です。

   
  EL34ppアンプはだいぶ仕上がってきましたが・・・・・・・!
 オーケストラのヴァイオリンのfffなどに、ちょっときつい音がすることがあります。
 気に掛かると気になるモノで、いろいろ探ってみました。試作の6BQ5ppではその音が
 ないので、本機には何かあるのでしょう。
  両チャンネルの再生周波数特性をとって見ましたが、別段変な所はありません。
 今回はプロット点ではなく、面倒ですが試験波を可変させて丁寧にみてみましたが、
 何も出てきませんでした。むしろかなり二段としては優秀でした。方形波も再確認、
 負荷をオープンにしての0.22μパラレルでもかなりの安定度を示しています。

 ここまでして考えが進まず困ってしまったのですが、一晩寝ながらいろいろ思案して
 行く内に、信号が通る所にぶら下がっている部品が何か影響しているはずと考えるに
 いたり、試作機と違う部品を見てみた所、出力とパラレルになるベゼル・ネットワークに
 違いがあると思いいたり、15ΩのタクマンのRXY金皮1WをカーボンRD14A2Hに交換し、
 試聴すると・・・・・・・、きつい音が消えているのですね。

  目出度し、めでたし・・なのですが、この辺の理屈は分けが判りません?
 再生特性と方形波の画像を一応上げておきます。

f0080162_19563167.jpg
 

f0080162_19565047.jpg


f0080162_19571271.jpg


f0080162_2175625.jpg


  
   今夜の一曲。

    Madredeus "O Pastor" (Live)

     



 
[PR]

by artist-mi | 2012-12-29 20:05 | EL-34pp差動アンプでも。 | Comments(4)
2012年 12月 28日
2012/12/28
  日記:

   夕方、雪の予報が出ているので正月用品の買い出しに下におりて行きました。

  家内の足の具合が少し悪くなり静脈の硬化療法を受けに先日上京、まだ上手く歩けないので
  小生が運転と荷運びを引き受けたわけです。めったにない二人でのドライブと買い物で
  ちょっと楽しい気分でもあります。下肢静脈瘤の治療を二年前にしたのですが、逆流する
  所が出来てしまい、その部位の静脈を塞ぐ療法なのです。直ぐに正常に戻るそうですが
  やはり少し心配ではあります。

  車の中とは言え外界は1度、夜はマイナス10度が続く毎日でとても寒いです。
  年末にこんな低温が続くのは記憶にありません。室内も勿論暖房していますが寒さが
  迫ってきます。なかなか寝付けない夜が続いています。
  夕方から雪だそうで、少しは寒さも弛むでしょう。

  下のスーパーは買い物客でいっぱい。台所での長い立ち仕事は無理なので簡単な正月用品を
  買ってきました。これで大雪になっても安心です。

  お正月はゆっくり過ごしたいですね~~。

   皆様も良いお年をお迎え下さい。


   今夜の一曲。

    Joshua Bell - Renée Fleming - Morgen - R. Strauss - 2010 .

    
[PR]

by artist-mi | 2012-12-28 17:28 | Comments(2)
2012年 12月 24日
2012/12/24
 日記:

  クリスマスのケーキを頂きました。昼飯はケーキです。

 チョコのかかったバゥムクーヘンをクリスマス風にアレンジした大きなケーキです。
 私にはちょっと甘すぎなんですね。鳥の唐揚げと柿のサラダ、軽る目の紅茶と一緒に
 簡単にすませました。  ありがとう、御馳走さま。

 バゥムクーヘンは作り手により随分違うのですね、横に薄く削ってお皿に載せるのが
 本当なのかも、各層毎にお砂糖が溶かして入れてあるのが私の好みなのですが、なかなか
 遭遇出来ません。


 
  EL-34ppのこの頃。

 少しノイズが気になって来ました。まだちゃんと測定してないのですが、スピーカーから
 明らかにシュワシュワと雑音が出てきます。このアンプのために作った試作の6BQ5pp差動や
 12BH7App前段のみ差動のアンプと比べて少し雑音レベルが大きく聞こえます。回路的にはそう
 差がないのですがEL34ppには、ACインレット・ソケット型のノイズ・フィルターを入れている
 のが大きな違いです。このフィルターは極高い方の雑音低減用なのですが、何か故障か
 へんな共振的な振る舞いが起こっているのかもと、フィルターなしのソケットに交換しました。
 結果的には正解のようで、他のアンプと同じレベルになっています。でもこのフィルターは?

 もう一つ入力の負荷抵抗も100Kオームから47Kオームに変更しました。これはインピーダンスを
 下げる事が良い方に働くと思われますし、ジョンソン・ノイズの低減の意味もあります。
 材質はカーボン系(RD14A2H)から金属箔系(Z201)への交換となりました。この変更も効くと
 思われます。

 とても静かなアンプなのですが、時にインバーター・エアコンからの雑音が出る事があります。
 とても小さいノイズなのですが、聞こえはしますので・・・・・・・・。これを取り除くのは
 かなりコストがかさむので、これで我慢するしか・・・・・・。


 今夜の一曲。

Cziffra - Ravel - Jeux d'eau.


[PR]

by artist-mi | 2012-12-24 15:14 | EL-34pp差動アンプでも。 | Comments(2)
2012年 12月 17日
2012/12/17
  日記:

   騒がしかった衆議院選挙も終わりましたが、慌ただしさはまだまだ続いている師走です。
  随分逆に振れたモノですが、期待出来そうには行きません。きな臭いにおいも漂って来て
  不安な気分にもなります。本当に大丈夫なのだろうか? 政治家は当選するためなら
  何とでも言いますしね。大きな声で国民を脅かして、駄目なときはさっさと逃げてしまう
  者も見かけられます。感情的な言葉に迷わないでしっかり見ておかないと・・・。

   最高裁判事の国民審査の投票には何時も困ってしまいます。人数がけっこう多いですし
  履歴書のような文章の広報を眺めても、人柄などトンと判断できません。皆同じ様な
  文章ですね。趣味など人柄を開示するモノを書いていたのは一人だけでした。
  もう少し自分をアピールする文章を提示できないかな~。 

   
   
   抵抗の話し。
    EL34アンプの抵抗をいろいろ交換して聴いています。抵抗器は材質、形状、大きさ
   使用場所、その条件などにより違った音がするモノですね。
    EL34ppの出力管のグリッドの抵抗は、局部寄生発振を抑制するために付けられて
   います。このアンプにはVishayのVSR型をそれに使用しましたが、大変無色透明で
   静かな音が気に入りました。

    EL34は感度が高いので、この場所に抵抗を入れるのは正解なのですが、入れる抵抗の
   影響は少し出るのだろうと思います。いっそ外してしまえば良いのですが、かなり危険な
   ことでもあります。もし感度が低かったら思うのですが・・・・。

    手持ちで外せる低いモノは12BH7Appなので、早速そこに入れているカーボンの1/4W
   のオーディオ用抵抗を単線にしてみました。配線も短めに修正。かなりクリアーでいて
   エネルギシュな音に変わり、へんな音色もありません。
   これは良いぞと喜んだのですが、発振しているかもしれませんね。
   人間の耳などかなり頼りないモノと証明されていますから、こんな時は何はともかく
   オッシロで確かめるしかありません。私自身も局発の波形は見た事がないので、武末さんの
   解説本にある局発波形を参考にして、いろいろ波形やレベルを変えて観察。負荷もいろいろ
   増減したりCをパラにしたりして時間をかけ観察してみました。幸い大丈夫な様です。
   嬉しいですね~~!
    12BH7Aの音はだいぶEL34に近づいてきました。抵抗器って馬鹿に出来ませんが、
   どうなっているのかはかなり難しいです。物性の専門家なら少しは解っているのかも
   知れませんね。


       今日の一曲。

       SAINT-SAËNS, Danse Bacchanale


        
[PR]

by artist-mi | 2012-12-17 21:10 | 12BH7Appアンプ | Comments(2)
2012年 12月 11日
2012/12/11
  日記:

   寒さに負けて体調を崩してしまいました。微熱もあり古傷や腰がやけに痛みました。
  熱が上がると古傷が痛むのは? なぜでしょうね。今年は寒い冬になる予報ですが
  もう朝方はマイナス6度前後となってきました。2月が思いやられます。 

  まだ冬の準備が終わっていませんし、年賀状などやらなければ為らない事ばかり貯まって
  しまいました。


  EL34ppのその後。
     
    大変気分良く鳴っていますが、少しピアノのアタックが響き過ぎる様に聴こえて
   います。この辺の再生はかなり難しい所かも知れません。人によっては良い響きにも
   感じられる所なのですが・・・!

    思い切って、初段下側入力の100ΩとNF抵抗の2KΩをカーボン(東京光音電波の
   RD14A2H)から金属箔抵抗( VishayのZ201)に交換しました。
   結果、ちゃんとしたピアノの音がしています。全体に歪み感の低下と見晴らしの向上
   雑音感の低下が私には聴く事が出来ました。
   帯域的バランスは良好、ハィ上がりでも、ロー下がりでもありません。あまりハィ、
   ローを意識させる事はなく自然で眼前での実演ぽぃ雰囲気があります。まだアィドリング
   が足りないかも知れませんので、次第に変化するかもしれませんね。アンプの音作りを
   考えるのが馬鹿馬鹿しくなって来ました。
    古いアナログ録音を聴いても、ちゃんと録音されているのがわかりました。

    内部の全景写真を上げておきます。

f0080162_1665128.jpg







        
   
[PR]

by artist-mi | 2012-12-11 15:51 | EL-34pp差動アンプでも。 | Comments(4)
2012年 12月 01日
2012/12/01
  日記:

   寒さが少し弛み、昼間は寒さも和らぎましたので、母にお風呂に入ってもらいました。

  それはそれで何やかやと忙しいのですが、本人はいたって楽しいご様子で、まぁ~良いっか!
  夕方は北風の弛んできました。

    EL34ppの方はオッシロを用いて、再生波形を見てみました。やはり実際の波形を観察
   出来るのは安心です。PK-PKで6V位の所を見てみます。方形波を入れていろいろ・・。

      
     両チャンネルの10KHzの方形波の再生波形。
     2CHの10KHZに0.22μFを並列に入れて負帰還の安定度を見た波形。
     1CHの20KHZ・40KHz・50KHzの方形波の再生波形。
     1CHの100Hz・40Hzの方形波の再生波形。

      1CHの方が少しだけ荒れ気味なので上の方を見てみました。高い方もまあまあ
     伸びていますし、低い方も満足出来る再生波形とみました。0.1μパラではまったく
     変化を認めませんでした。まぁ~NFも少ないですしね。波形画像を上げておきます。

f0080162_1820203.jpg


f0080162_18203432.jpg


f0080162_1820454.jpg


f0080162_1820562.jpg


f0080162_1821949.jpg


f0080162_18212099.jpg


f0080162_18213280.jpg


f0080162_18214270.jpg



   今夜の一曲。

    ALFREDO CAMPOLI Mendelssohn and more .wmv

     
[PR]

by artist-mi | 2012-12-01 18:23 | EL-34pp差動アンプでも。 | Comments(4)