<   2012年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2012年 09月 24日
2012/09/24
 日記:

   この頃は小さいアンプばかり聴いていたので、久しぶりに大きい出力のアンプを
  メイン・ラインに戻し聴いてみました。
  流石、スパッーと大きい音でも何のわだかまりも無く出てきて、実に気持ちが良い鳴り方です。
  このメインは1970年の4月に製作した6CA10ppのメインアンプです。
  当時の流行と同じでムラード型の位相反転回路を使っています。長年いろいろ手を入れて
  自分好みの音に仕上がっているのですが、内部はたびたびの改造でグチャグチャ状態なのが
  気になっています。
   音は差動アンプの様な安定感は無いものの、かなり快い鳴り方をします。
  華やいだ、若々しい感じで、女学生の様です。聴いている此方も若返る気分になれる
  不思議なアンプなのです。
   雑音も無く、オッシロの再生波形も問題ないのですが、一点、クロスオーバー付近に
  スイッチング・トランジェントの様な極小さい波形が出る時があります。20Wを越した
  あたりからなので、バイアスを再度調整する必要があるかな~?
   内部を開けて点検すると、ヒーター配線の内部が腐食しており、緑青を噴いている箇所が
  ありました。また、初段ソケットの接触もいけません。ヒーター配線を仕直すのはかなり
  面倒なので、この際、グチャグチャ配線をスッキリ配線に作り変える事にしました。
  ついでに、通気口の増設もし、剥げた塗装も仕直しする事とします。PTも分解し
  内部を清掃、絶縁の確認をしました。綿ぼこりが結構入っていました。
  まったくの新品にすると、この音質が消えてしまいそうなので、部品などは点検、測定をし
  清掃、磨き上げ、不備な所だけを交換することにしました。B電源電圧を下げて
  出力を少し下げる予定です。
   まずは、シャーシーの穴開けと塗装までは終わらせました。暫し乾燥させます。
  全体の写真、グチャグチャな内部、バラした状態の写真を上げておきます。


f0080162_18141525.jpg


f0080162_1814345.jpg


f0080162_18145656.jpg



     今夜の一曲。

      Gitlis Frtiz Kreisler Praeludium and Allegro

       
[PR]

by artist-mi | 2012-09-24 18:15 | PCとステレオの話し | Comments(4)
2012年 09月 20日
2012/09/20
 日記:


   日常生活にもどりました。
  絵を仕事場に戻し清掃、額の小キズを修正してから梱包。この絵は来年の
  高校のOB美術展に展示の予定です。
  車に乗せている絵の自作キャリャーを降ろし、固定バンドなどを仕舞いました。
  これで元通りとなります。

  こんどは、貯まっていた修理事に手を付けます。
  始めはトイレの水タンクのゴムフロートの交換です。
  ハンドルを回しても水が落ちて来ないのです。ゴムの通し穴が切れてしまって
  鎖で引き上げられません。
  型番を元に交換品を検索、この番号をもってホームセンターで探してみました。
  汎用品で良いかったので65mmのモノを購入、あとは組み込み終了です。
  次ぎは、室内ドアーのハンドルのガタ付きの修正です。細かく間隔を観て
  最適な遊びに追い込みました。ガタ付かないと気分が良いですね。
  最後はTVのカラー調整です。ホッポッテいたのを好みに合わせ直すわけです。
  ついでに音質も調整、それにしても薄型TVの音は良くないですね。こんな
  音なんでしょうか!せめてアナの音声ぐらい真ともに聴きたいのですが。


   今日のデジタルタブローの練習は↓です。

f0080162_2154977.jpg



    今夜の一曲。

      Sarah Brightman & Andrea Bocelli
       Time to Say Goodbye 1997 Video stereo widescreen

        
[PR]

by artist-mi | 2012-09-20 21:06 | Comments(0)
2012年 09月 18日
2012/09/18
 日記

   夕方帰宅しました。 今回はだいぶ「くたびれた」です。
  予定では搬出当日に帰宅する予定でしたが、野暮用が発生、取り合えず
  安ポテルで休みました。

  今回の展覧会の小生の作品は、どうも「しっくり」こなかったかな~、と思って
  います。その原因の第一は展覧会用には作っていない事につきます。
  でも、やはり作らざるを得なかったと云う心境なのですね。この絵を観られた方は
  あまり良い気持ちはしないでしょうね~。申し訳ありません。

   さて、搬出の時にTさんとお話した直交のサインカーブ風のバリェーションの絵を
  少し上げておきます。かなり旧作で申し訳ありません。

f0080162_20331546.jpg


f0080162_20333715.jpg


f0080162_20335829.jpg


f0080162_20342575.gif


f0080162_20345360.jpg


f0080162_20351744.jpg


f0080162_20354484.jpg


f0080162_2036893.jpg


f0080162_20364296.gif

[PR]

by artist-mi | 2012-09-18 20:38 | Comments(4)
2012年 09月 11日
2010/09/11
 日記:

  日曜、月曜と上野の東京展へ行って来ました。

 体調は不安でしたが、どうしても自分の絵を確認して置きたかったのです。
 新しくなった展覧会の様子やDynaさんの作品も観たいし、懇親会にも出てみました。
 二日目にもう一度観てから、院展をじっくり観てきました。

 さて、展示の方はどうしても少なくなったのは致し方ない所がありますね。ベテランが欠けて
 しまったのは痛いです。私としてはこれはと云う作品がとても少ないな~と感じてしまい
 ました。深い表現のバライティーが少なく傾向が類似している様に感じました。これを
 感じて制作している様な感じはあまり無いですね。下の院展など観てみると同じ様で
 違った表現をいっぱい観ることができるのです。もっと行き着く先を見据えて制作しないと
 何処に行くのかが伝わらないのは自明の理でしょう。
 これから先、会がどうなるかかなり心配になりますが、時の流れは気ままなので誰にも
 解らないと云う所です。会期が短くなったのも効いている様です。対策を取る点が
 おいおい見えて来ることでしょう。踏ん張り所なんでしょうね。

 会場の様子ですが、かなり綺麗に改装されていました。壁の穴の数も少なくなり、少し
 明るくなっていました。照明は自然光より私には赤が少し強調気味に見えました。
 まさか、私の眼球にヘモグロビンが漏れているとは思いませんが、バィアスピリンを
 服用しているので~~~・・・、どうでしょう。



   今日のデジタルタブローの練習は↓です。

f0080162_1815184.jpg



    今夜の一曲。

     Cucurrucucu paloma... Pedro Infante

      
[PR]

by artist-mi | 2012-09-11 18:16 | Comments(8)
2012年 09月 08日
2012/09/08
 日記:

  暑い日が続き、少し風邪気味。夜中に不整脈が出て医者に行ってきました。
 原因など地元の医者には判らないのですが、一応心電図を撮り状況を把握しようと
 しましたが、収まっているので結局解らないままです。薬を貰いましたが、これが
 効くかはかなり疑問。田舎はこんなモノなんです。看護婦がつまらん事を言うので
 お灸をすえてしまった。未熟者め!
 風邪、作業の疲れ、暑さに歳、展覧会のストレスなどキリがありませんね。
 

  明日から待望の上野での展覧会が始まります。改装なった会場では始めてですが、
 私の絵は仕事をちゃんとしているでしょうか? 照明の具合がやけに気に掛かります。
 会期は9日より一週間、かなり短いです。3.11の自然の圧倒的な力と無慈悲さを
 表そうと試みました、忘れないために。


   今日のデジタルタブローの練習は↓です。設定が複雑になりました。

f0080162_16104436.jpg



     今夜の一曲、残暑に。

      Anu Komsi sings Villa-Lobos' Aria-Cantilena

       
[PR]

by artist-mi | 2012-09-08 16:14 | Comments(2)
2012年 09月 05日
2010/09/05
 日記:

   佳いニュースです、興奮してます。  

  ブログ友の takashayaさん、二科に出品されましたが、見事「特選」受賞されました。
  凄い、絶対賞は取れると思っていましたが・・・・。

  
  takashayaさんの実力が高いのは直ぐに判っていましたが、特選とはね。

  皆さん、観に行きましょう。
   takashayaさんのブログはココです。

  嬉しい!とても。
[PR]

by artist-mi | 2012-09-05 20:48 | Comments(2)
2012年 09月 05日
2012/09/05
 日記:

   このブログのレポートをみると、やけに12BH7App記事の閲覧が多いのです。
  それも検索サイトからなのです。
  試しにグーグルで12BH7Appを見ると、このブログが随分多く出てくるのですね。
  そんな内容はないのですが? カテゴリの分類に12BH7Aが設けてあるのが原因の
  ようです。このブログも長いのでそれなりに引っ掛かるのでしょうが、あまりに能が
  ないようですね、些かお気楽な仕事すぎませんかね。カテゴリを止めるのも困りますし!
  本気で調べている方には実にお気の毒です。12BH7Aと云う球は人気があるのでしょう。


    今日のデジタルタブローの練習は↓です。

f0080162_18155521.jpg
 


     今夜の一曲。

      Dinu Lipatti - Franz Liszt "La Leggierezza", (Rare!)

       
[PR]

by artist-mi | 2012-09-05 18:16 | 12BH7Appアンプ | Comments(0)
2012年 09月 01日
2012/09/01
 日記:

   芝生の刈り込みを二人でしました。途中切れ味が悪く、刃を油研石で研磨し
  どうにか作業終了。良く日の当たる所は20mm、日陰は30mmにしました。
  芝生を美しくしておくには、芝刈りを頻繁にしなければなりませんが、なかなか!!
  この暑さで生育が落ちてきたので、肥料を撒いておきました。午後、かなりの通り雨あり。
  まことに間が良いです、ありがたや!!

   夜はJANINE JANSENのメンデルスゾーンのヴァイオリン・コンチェルトを聴いていました。
  やっとCDを手にいれた次第、2006年の盤で最新の録音です。ちょっとオケがうるさいかな!
  指揮はシャイー、オケはゲバントハウスです。シャイーの指揮は上手とは言えませんですね。
  独奏者の意図を理解しかねています。それとは反対に彼女の演奏は素晴らしいモノです。
  とてもナイーブな感性でヴァイオリンを唱わせています。彼女の音はどうも、小さいとは
  言えないですが、決して大きくはありません。音色の変化も広くは無いのですが、P、mPの
  音量の変化はとても広く説得力があります。それが音楽を美しく唱わせることになっています。
  ボーイングは実に見事、生き生きとして響いています。曲の全体の構成の解釈にはまだ
  煮詰まっていない所もみられます。特に二楽章、三楽章にその傾向がありますが、それには
  歳月ときっかけが必要なのでしょう。作曲者が何を表現したいのかをもっと明確に出す事が
  必要と思えました。少し唱う方に流れている様に感じます。ただ唱うのが悪いと言っている
  のではありません。
  そのうちまたこの曲を録音する時は近いと思いますので、とても楽しみです。

   デ・ヴィトーがサージェントと入れた同曲の事を思いだしました。その演奏も凄かったですが
  彼女の演奏もひけを取らない名演です。


      
     今日のデジタルタブローの練習は↓です。



f0080162_21233682.jpg




   Janine Jansen - Trailer 'Janine'

    











   



  
  
[PR]

by artist-mi | 2012-09-01 21:17 | Comments(2)