<   2012年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2012年 08月 30日
2010/08/30
日記:

   夏の疲れが出て何にも手につきません。ちょっと風景画の続きを・・。
  少しミスした様です。

  
MuPADで遊んでみました。何でしょう! 結構好きなドーナッツです。


plot
(
plot::Cylindrical
(
[
1.5+1*cos(alpha),
phi,
1*sin(alpha)
],
phi=0..2*PI,alpha=0..2*PI,
Footer="Donut",
Color = [float(255/255), float(202/255), float(136/255)],FillColorType = Flat,
ULinesVisible = FALSE,VLinesVisible = FALSE
),
plot::Cylindrical
(
[
1.5+1*cos(alpha),
phi,
1.02*sin(alpha)
],
phi=0..2*PI,alpha=1/8*PI..7/8*PI,
Color = [float(251/255), float(138/255), float(0/255)],FillColorType = Flat,
ULinesVisible = FALSE,VLinesVisible = FALSE
),
plot::Cylindrical
(
[
1.5+1*cos(alpha),
phi,
1.02*sin(alpha)
],
phi=0..2*PI,alpha=9/8*PI..15/8*PI,
Color = [float(248/255), float(135/255), float(2/255)],FillColorType = Flat,
ULinesVisible = FALSE,VLinesVisible = FALSE
)
)

 
今夜の一曲。

   Beethoven - Piano sonata nº27 in E minor op.90 (Pogorelich).

   
[PR]

by artist-mi | 2012-08-30 20:18 | Comments(0)
2012年 08月 26日
2012/08/26
  日記:

     展覧会の作品を搬入して来ました。

  小生の絵は紙なので、かなり脆弱で表面をすると傷が付いてしまいます。
  業者に搬入を依頼する事が出来ないので、自分で持ち込む事になります。
  まぁ~、30年以上続けていますので慣れてはいますが、それなりに大変です。
  何が起こるか分かりませんので、前日は近場のホテルに泊まる事にしました。

  新装なった上野都美術館、まだペンキの匂いがします。駐車場が少し狭くなりましたが
  警備の整理が良く安心です。搬入受付はB3の一番奥になりました。エレベーターの扉が
  事故防止の為、変わったSWになっています。ボタンを押し続けないとシャッターが
  閉まらない様になっています。しかも動きがゆっくりです。上がり専用のエレベーターが
  新設されました。

  内部は前より清潔で明るくなっていました。照明は少し赤っぽい蛍光灯なので、審査など
  何かあれぱ気を付けないとなりません。スペースは以前とだいたい同じでしょうか。

  早めに着いたので、まだ大方の搬入品が到着しておりませんでした。仲間と少し歓談
  だいぶ皆、歳を重ねた様で若い人も手伝いに来ています。

  当日中に帰宅の予定なので昼に館を出発、途中花火大会などあり渋滞しきり、やっと
  深夜に帰ってきました。小生には長丁場なので休みやすみです。

   案内状と出品作品を上げておきます。
  上野のお近くにお越しの節は、新しい美術館を観がてら、当展覧会にもお立ち寄り下さい。
  今回は久々の上野なので、会の皆も頑張って来ると思います。Dynaさんも気張って出品の
  予定だそうです。今回は案内状をお出しする方が多く、十分にお届けできなくなりました。
  非礼をお許し下さい。

    
f0080162_112519100.jpg
 


   作品はこれです。「崩壊-2」 F100号です。

    3.11の事を忘れない様、作っておきました。
    決して、気持ちの良い絵ではありませんが、いろいろ考えて作る事にしました。
    攻撃的で、人間的ではなしです。感情を差し挟まない力にたいへんな脅威を感じました、
    それを表現しょうとしています。これも自然のミーメーシスなのだと思います。
    展覧会と云う特別な場でしか展示することは適わない絵かも知れません。
    手法的には三次元フラクタルによる計算作画です。


    
f0080162_11324267.jpg

[PR]

by artist-mi | 2012-08-26 11:32 | Comments(12)
2012年 08月 20日
2012/08/20
 日記:

  高温注意報が発令されるなか、これ幸いといろいろなモノを高圧洗浄でお掃除しています。

    車、網戸、換気扇、台所のカーペット、窓ガラス、コンクリートのたたき・・・。

    高圧で洗剤洗浄し、水を放射して仕上げます。この天気で直ぐに乾燥してしまいます。

  真夏にしか出来ないお掃除が終わり、家内とも気分爽快、手首がくたびれました。
  夜は母をお風呂に入れました。入るまでが一騒ぎ、でも入ってくれて一安心。


      久々の今日のデジタルタブローの練習です。計算方法を途中で変えています。

f0080162_21163669.jpg



      今夜の二曲。 多芸なお嬢さんですね。(お母さんだそうです)。

       Julia Fischer - Grieg Piano Concerto

       

        Mendelssohn Violin Concerto in E Minor
          このヴァイオリンの製作者はガダニーニだそうです。

        
[PR]

by artist-mi | 2012-08-20 21:18 | Comments(4)
2012年 08月 19日
2012/08/18
 日記:

  昼より雷盛ん。夕方雷雨もの凄く心配な位、幸い半時間で上がり一安心しました。
 雄猿来宅、芝生に座り込みしばらく眼をつぶっていたが、気配に西に逃走。

 最近の雷雨は凄い雨量で驚きます。これで夏も終わりかも!

  夏バテで意欲減退気味、これでは遺憾とデコアンプを作り進めていました。一応音が
 出る所まで辿り着ました。

  音の最終結論はまだ出ていませんが、やはりちと出力が少ないですね。最大で0.26W
 4%歪みを許せば0.35W程度です。これでは使えないかと言うと、これがなかなかの音。
 小生が作ったアンプでは最小の出力ですが。
 データーでは判らないモノですね。音の印象は清潔で癖が無く、分離が自然、帯域のバランスも
 とても良くまとまっていました。かなり大人びた音がし、立派な鳴りっぷりです。

   電圧値を上げておきます。
    AC102.5V時 R9 51KΩ R5 81Ω R4 406Ω R7 500Ω に変更。
            C2 3200pF に調整。C11000μFに。 Rは大体実測値。
              左右チャンネルはおおむね同値でした。

    ヒーター電圧は直流点火で6.21V
    +B  308.4V

     出力段 プレート電圧(対E) 305.6V
          カソード電圧値   64.2V
          プレート損失値   2.77W

     初段  プレート電圧(対E) 57.9V
          カソード電圧値   1.22V

     雑音値 入力ショート 8Ω負荷 補正なし 約0.11mV
     NF量  3.5dB 

   製作中の配線、CRの取り付け状況を上げておきます。ミスってLEDを壊して
   しまい豆球に変更しています。

f0080162_18342027.jpg
  


   大体完成しています。抵抗器は東京光音電のRD型を多用、出力段のカソード抵抗は
   デールのNS-2Bを使用。クリックで少し大きくなります。  
f0080162_18344261.jpg


   0.1W時の方形波の再生状況 8Ω 10KHz 

f0080162_19284447.jpg


   その入力波形で、負荷に0.2μFの容量を並列に負荷した時。

f0080162_1930170.jpg
 

   0.1W時、8Ω 100Hzの方形波再生状況

f0080162_1931385.jpg
 

   アンプの全景

f0080162_1935061.jpg



   試聴に使用したソース。暇になったらゆっくり測定をするのが楽しみです。

f0080162_19322863.jpg



   追記:19日 6NS7GT S アンプ の音質評価

    通電運転を7時間ばかりしておりました。だいぶ調子が出てきて真ともな音質に
    なってきました。
    出力の小ささは以外と通常の音量では気になりません。左右のセパレーションは
    とても良好で楽器配置が細かく聴けます。歪みは少なくないと思いますが、かなり
    繊細感があり、音が高音から低音まで、また小さい音から大きい音までの変化に
    一定の均一感があり素直です。雑音はスピーカーからは聞き取れませんでした。
    楽器の音色の変化や響き、ハーモニーが良く出て来ます。途中曇りを感じたのですが
    プリアンプのセレクターSWの接点が汚れていたためでした。早速クリーニングを実施。
    低音は厚くはありませんが、十分な音量があり、かなり低い音も綺麗に再生されました。
    再生帯域はシングルアンプとしては広いと思います。高音は癖が無くヴァイオリンの
    E線のハィポジションでも音色の変化が良く再生されています。この辺は良い抵抗を
    使った効果が大きいと経験的に思います。サブの聞き流しシステムとして極めて
    上質な機械となりました。もう少し出力が欲しいかな!
    
    アンプからの発熱は少ない方で消費電力も少ないのです。これは夏には佳いですね。





 
[PR]

by artist-mi | 2012-08-19 20:19 | アール・デコなAmp  | Comments(2)
2012年 08月 09日
2012/08/09
  日記:

   家内が外出したので、一日気晴らしの風景画を描いていました。
  お昼に前のお百姓さんよりスイカの差し入れあり。


  さて、気晴らしなので、かなりいい加減に下塗りを塗っています。
  空は、左側がジンクホワイトの固練りにセルリアンブルーを、右側は
  チタニュームホワイトにセルリアンブルーを使いました。セルリアンブルーには
  その顔料を追加して彩度を上げています。ハーレム・シッカチフを数滴いれて
  ナイフで良く混ぜてから使いました。
  草原や草の所は、ジンクにクロムグリーン、オキサイド・オブ・クロミウムを混色、
  クロームグリンのためこれにもハーレム・シッカチフを数滴いれました。
  家の部分は、ジンクに、ライトレッド、ローズ・ドレを混色しています。
  これにも、数滴いれます。

  溶剤はテレピン90%、フラマンシッカチフ5%、スタンドオイル3%、20年晒した
  リンシード・オイル2%程度のさらさらな溶き油としました。空以外はかなりの
  薄塗りです。暫く乾燥を待ちます。

  明るく、柔らかい色彩に仕上げたいのですが、上手くゆくか? 写真を上げて
  おきます。

   
f0080162_1743242.jpg


      
      今夜の一曲。

       Egon Petri plays Beethoven Sonata No. 27 in E minor Op. 90

       








    
[PR]

by artist-mi | 2012-08-09 17:52 | Comments(4)
2012年 08月 06日
2012/08/06
  日記:

    朝から久しぶりの雨、かなり降りましたが地温が暖まっているせいか、
   雨が上がると直ぐに地面が乾いてしまいます。
   午後は蒸してきましたが、それでも昨日よりは増しです。

   過ごし易くなったのでデコなアンプの製作を進める事にしました。
   真夏にハンダ鏝を使うのは暑すぎて・・・・。

   電源の平滑回路とヒーターの直流点火回路をシャーシーの中に組み入れました。
   狭いと言えは狭く、広いと云えば広々で何とも・・・・。少し収まりよくするため
   部品の取り付けを修正して組み入れています。 シャーシーの内部塗装に
   剥がれる所が出てしまいました。もっとしっかり塗装すべきでしたが・・・・。
   先ずは組み込み状態の写真を御覧下さい。

f0080162_1821982.jpg



     今夜の一曲。

       Mendelssohn Violin Concerto, Janine Jansen 1-4

         オケと指揮はかなりどうもですが、Jansen さんがとても佳いです。
         特に117小節(2:57秒位から) restez から本来の調子を取り戻し
         126小節 tranquillo からは誠に美しいです。182小節はとても
         チャーミング。

        





 
[PR]

by artist-mi | 2012-08-06 18:25 | アール・デコなAmp  | Comments(8)
2012年 08月 05日
2012/08/05
 日記:

   夜になって、北風が吹いてきた。真夏は通り過ぎた予感をかんじさせます。
  遠くで打ち上げ花火の音、山に響いてこだまの様。

  午前は生け垣を整形、ヘッジトリマーを使って仕上げました。真昼は100号の
  気晴らし風景画の習作に手をいれてみました。
  左の手前に木立を書き入れています。何かかなり平凡な構図、能がないですね。

  ブログのスキンを変えてみます。白いと眼にきついので黒にもどします。
  明日からは少し涼しくなるでしょうか。


    今夜の一曲。とても佳い演奏です。

     Isaac Stern plays Mendelssohn: Violin Concerto- Allegro (clip)

      
[PR]

by artist-mi | 2012-08-05 20:01 | Comments(0)
2012年 08月 01日
2012/08/01
  日記:

   快晴、風もあり気持ちの良い夏日でした。一日中、絵を描いておりました。

  風景画です。風景画とは、自然の肖像みたいなモノでしょうか。私達の環境を
  人間の感覚でおさらいし、親しみ慈しむのが、その主な効用かも知れません。

  風景画が一番描かれたのは印象派のそれでしょうが、それは光、色彩を元に自然を
  再構築した行為と言えると思います。しかし現代の物理科学ではその考えはかなり
  怪しいトンデモなのではと・・・・・。 むしろの目を通しての自然の構造を
  意識したいと云う方が人間的な行為と思えるのですが・・・。

   そんな訳で、小生は風景画では構図を非常に重要と考えています。特にその絵の
  水平線と地平線を描くのはとても手こずるのです。建物などはクラシックな遠近法で
  どうにかなるのですが、画面の水平線を何処にするかは、はなはだ自信がありません。

   今回は昔のデッサン帳や他人の絵などを元に、らしい風景を作りだしています。
  100号の画面を32分割し大体の目あすとして、デッサンを写しています。
  描きたいのは広々とした空間と昔の牧場屋を改造したペンションで、少し高い所からの
  見晴らしです。

   バーント・シェンナーをテレピンと少しのフラマン・シッカチーフでおつゆにして
  下書きを細筆で描いています。フラマンを使うと云う事は、この線が残る事を意識して
  いるわけで、薄塗りに仕上げる所があると云う事です。
  暫く筆を持たなかったので上手く描けていません。
  持ち手が振るえてしまいます。地平線は少し右上がりなのですが、かなり苦労しました、
  書き直しをしています。建物も狂いが出ていますし。此処が一番難しい所です。

   この構図の下書きが上手くできれば、60%は出来上がりと云う所ですが・・・?
  一応、午前中と午後の終わりの状態を上げておきます。下手で御免なさい。

f0080162_17564140.jpg
 


f0080162_1757126.jpg



    今夜の一曲。

       Elly Ney plays Beethoven Sonata No. 27 in E minor Op. 90

        
[PR]

by artist-mi | 2012-08-01 17:57 | Comments(4)