<   2011年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧

2011年 12月 30日
2011/12/30
  日記:

    朝の外気は0度付近、久しぶりに暖かい朝を迎えました。

   暖かいので、急遽風呂を沸かし、母を入浴させました。本人も気持ちが
   良かったとみえて機嫌が良いこと・・・・♪ ♪~~♪ 。

   今年最後の買い出しをしに下へおりて行ってきました。人出はほどほど、妙にうら寂しい
   師走風景を味わいました。田舎ですからね!

 
    夕方、デコ風アンプの球ガードのハンダ付けをしてみました。
   位置決めをし、100Wのハンダ鏝で一気に付けてしまいます。はみ出したハンダは
   小さいキサゲで削ってから、研磨しています。

   取り外しが出来ないと、球の交換がし難いので差込む様に作っています。
   射した足が周りに触れない様、(なにせ300Vが傍に来ていますから)。
   0.5ミリの真鍮板から切り出して鞘状の受けを作っておきました。
   自重で自然にガードが垂直に納まる様な仕組みになっています。
   アンプを逆さにしても、直ぐには外れない様にもなっています。(燐青銅線を利用)。

     ハンダ付けの位置決めの様子、アンプの全体、カードの様子、鞘の取り付け様子を上げておきます。
     クリックすると画像が大きくなります。

f0080162_1752993.jpg


f0080162_17524572.jpg


f0080162_17531760.jpg


f0080162_17534865.jpg


         今夜の一曲。

          Händel: Orgelkonzert Opus 4 (Part 2)

          
[PR]

by artist-mi | 2011-12-30 17:54 | アール・デコなAmp  | Comments(6)
2011年 12月 28日
2011/12/28
  日記:

    夜半から、ドンドン冷えてマイナス8度となり、寒いです。
   地表温も下がっており、ひがし風も強く・・・・、暖房を少し効かせていますが!

    昼間は快晴ですが、2度。 いよいよ冬本番です。

     
    年末の大掃除を手伝い、浄水器の替えカートリッジを準備しました。まだいろいろ
   大変です。石油タンクも空にちかく、配達を頼みました。この冬二回目です。

    夕方、デコ風アンプの続きを・・・、真空管のカバーを作っています。1.2mm真鍮板から
   切り出しています。デザインの線は糸鋸の歯が滑ってなかなか思う様に切れず、つい太く
   なってしまいました。パターンを切り抜くのはかなり大変な作業でした。ピカピカに仕上げて
   ありますが塗るかも・・・・・・・。アルミ部品の方はこれに合わせて太く修正しないと・・・・・・。

   3mmのマイナス頭のビス、旧JIS規格のモノを探してみました。何処かに有ったはずです。
   プラス頭ではやはり拙いので・・・・・・・・・・。

       今日のデジタルタブローの練習は↓です。

f0080162_21263472.jpg
 


        今夜の一曲。


          Rubinstein Brahms capriccio h moll op76 no2 1973

              
[PR]

by artist-mi | 2011-12-28 21:28 | Comments(0)
2011年 12月 26日
2011/12/26
  日記:

    北国は大雪のたよりですが、私の所は雪は降りませんでした。朝方もマイナス3度ほどで
   暖かい方でした。
    でも、昼間でも2度ですから雪も近いのでしょう。東風が強く、外に長く居られません。

    そんななか、やっと年賀状をだしました。喪が明けて直ぐです。
   今年はいろいろな事が公私にあり大変な一年となりました。震災、原発事故、助ける政府、政治家の無策。
   官僚の無能、マスコミの追随、原発村の私欲、義援金の遅れなど、まったくこの国はどうなっているのか?

   来年はどっこい、こっちもしっかり行いを見させてもらいますぞ! そう遣られてばかりでは国民はたまらんです。

        今日のデシタルタブローの練習は↓です。 はっきりとコントラストを効かせました。

f0080162_2143175.jpg



          今夜の一曲。

           Elizabeth Bailey sings "O luce di quest'anima"
                      from Linda di Chamonix by G.Donizetti

             
[PR]

by artist-mi | 2011-12-26 21:44 | Comments(0)
2011年 12月 23日
2011/12/23
 日記:

   前回のブログで、デコ様式がいくらか幼稚とか、田舎っぽいとか云う感想をしましたが
  その内容を少し考えてみました。
  おそらくその様式が一般的のモノにおいて成熟するまでの時間が足りなかった様に思えて
  きました。
   1920年代後半以降の大恐慌による世界的経済の沈滞状態が建築部門の発達を
  押さえてしまい、その後の大戦により、デコの革新としての力は止まり、戦後はインターナショナル・
  スタイルの建築の全盛期と進んだ事により、デコは保守的な大量生産物の普通のデザインに
  なってしまいました。そしてその機械や家具が使われ、機能が消耗されて捨てられてしまうと
  消えて行く運命になってしまったのではないでしょうか。
    大恐慌が起こらなかったら、さらに新しい発展がきっと有ったと思えるのです。まぁ~、大恐慌が
  なかったら、抽象表現主義も今の様に発展はしなかったので、これもまた・・・・・・!

       シャーシーの模様を作っていました。寒く、風も強いので塗装は来春になりそうです。
      写真を上げておきます。この後、真空管のカードをデザインする予定です。

f0080162_2038119.jpg
 

f0080162_20382586.jpg
 

f0080162_20385031.jpg



        今日のデジタルタブローの練習は↓です。

f0080162_2040572.jpg



          今夜の一曲。

           Johan Svendsen Romance for Violin and Orchestra Op. 26

            
[PR]

by artist-mi | 2011-12-23 20:42 | アール・デコなAmp  | Comments(2)
2011年 12月 21日
2011/12/21
  日記:

    デコ風アンプの塗装色で迷っています。

     市販のラッカースプレーを使うと云う制約がもともとあるのですが、それでも少しでもデコの色が
    感じる様にしたいので・・・・・。当時はメタリック・パールなどの塗装は無いでしょうし。

     デコの色?

      第一次大戦と第二次大戦の間のデザインで機械的なモチープを発展させた要素を感じます。
     大戦前のアール・ヌーボーの花模様の曲線と随分違っています。
     今から見ると、少し幼稚でチープな感じのモノも当時は最新だったのでしょう。

      色的にはシックにつきます。シックとは上品でシャレた感じ、けしてエレガントで優雅とは違って
     いる様に思えます。理知的な感じも受けますね。 ダル、グレーシーなトーンの色彩で結構
     穏やかな印象でしょうか。黒系の色も使われて締まったコントラストを好んでいると感じました。
     黒を入れないと、結構曇った色調になりそうで、難しいですね。ベージュがベースに流れて
     いると見ました。現代的な感覚より少し田舎っぽいかな~~。

         今日のデジタルタブローの練習は↓です。

f0080162_20435812.jpg



         今夜の一曲。

            Monti Csardas

               
[PR]

by artist-mi | 2011-12-21 20:46 | アール・デコなAmp  | Comments(5)
2011年 12月 20日
2011/12/20
 日記:

   午後、暇が出来たので早速シャーシーなどの塗装を・・・・・。

  とは云え、寒冷地でのスプレー塗装は困難を極め・・・・。外気温は4度、晴天ですが風があります。

  やはり、いろいろ工夫ですね。

  塗装作業の場所は日当たりが良く、風当たりの少ない所を選びました。作業台の上に
  厚みの薄いバンボール箱(額の輸送に使ったモノ)を乗せ、中に「ホカロン」を二つ入れてテープで
  密閉しておきます。風対策に重しの石ころなども乗せておきました。

  塗装対象を中央に置き、お湯で暖めておいたラッカースプレー缶を用意しておきます。

  次に、対象物より二周りほど大きいダンボール箱を用意し、カバーとしました。風やゴミが
  入らない様に脇をこれもテープで塞いでいます。

  風の弱まった時を狙い、手早くラッカーを吹いて直ぐにカバーを被せてしまいます。
  風でカバーが動かない様、石ころを乗せておきました。日光のおかげでカバーの内も暖められます。

  乾燥時間はしっかり乾燥させるには一時間以上は見て置いた方がいいでしょう。焦りは禁物で・・・・。

  直ぐに夕暮れになるので、本日の成果はこんな所です!!

f0080162_2058857.jpg
 


       今日のデジタルタブローの練習は↓です。

f0080162_210353.jpg



        今夜の一曲。

         Händel-Violin Sonata in D Major Op. 1 No. 4

          






  
  
[PR]

by artist-mi | 2011-12-20 21:00 | アール・デコなAmp  | Comments(0)
2011年 12月 17日
2011/12/17
  日記:

    外はマイナス4度、寒いです。そろそろ地中温も低下してくるので、仕事場の水道を落としました。
   こうしないと水道管が破裂してしまいます。

    電気の検針がありました。昨年よりほんの少し少ない使用量にビックリです。なにせ家族が一人増え
   暖房や照明がなどでかなりの増加を覚悟していたからです。 春に施行した断熱工事が効いている
   のでしょう。 それとも今冬が暖かいのかも・・・・・・。

    断熱工事は天井へのグラスウール100mmの追加と北側の窓の二重サッシ化、換気口の改善など、
   そのわりにはエコポイントもあり低予算ですみました。
   グラスウールはかなり効いているようで(150mm~200mm)深夜の室温低下がとても少なくなりました。
     なるほど・・・・!!

            今日のデジタルタブローの練習は↓です。

f0080162_21171281.jpg



             今夜の一曲。

               Heifetz plays Korngold Violin Concerto in D, Op. 35

                
[PR]

by artist-mi | 2011-12-17 21:19 | Comments(5)
2011年 12月 16日
2011/12/16
  日記:

    落ち葉を焼却していました。 栃ノ木の葉っぱばかり。 灰は深く穴を掘って埋めています。
   ちょっと心配なんですが、余りに大量なので・・・・・・・、どうなんでしょうね。

    午後は個展の準備。
   来て頂いた方へのプレゼントを造っていました。 フレゼントは全部違うモノで各二点ずつです。
   100点は準備するつもりでしたが、今日の所は70点までしか作っていません。
   折角おいで頂くのですから、何か佳いモノをと思うのですが、この三日はたいへんでした。

    
     今日のデジタルタブローの練習は↓です。

f0080162_21372976.jpg


     今夜の一曲。

        Astor Piazzolla. „Libertango"

           



     
[PR]

by artist-mi | 2011-12-16 21:40 | Comments(0)
2011年 12月 13日
2011/12/13
  日記:

    午後、良く晴れ風も静かになったので、作業場の雨樋の掃除をしました。
   落ち葉が溜まり、縦樋も詰まってしまっています。 屋根に登り落ち葉を落として
   ゆきます。トタン屋根なので足下が滑ってかなり危険です。年寄りにはかなり
   無理な様です。
   泥も目地にたまり、錆びもチラホラ、そろそろ限界です。来年には塗装しないと・・・・・・。


    アール・デコ風アンプの続き。

   部品の配置バランスを試行してみました。ちょっとの移動でバランスが変になります。 
   ついでにトランスカバーに装飾を工作してみました。 シャーシーの方はまだまだ。

   装飾はカンディンスキーの「点・線・面」から発想しています。
   アルミのハンダ付けは私には無理なので、フォルムはいじっていません。
   丸い点は4mm径、線は0.4mm幅で0.3の糸鋸を使っています。軽くヤスリをかけて仕上げて
   いますが、真っ直ぐにはとても切れていません、下手ですね。もう少し工夫してみます。

    写真を上げておきます。 デコってるでしょうか??

f0080162_18253877.jpg


f0080162_1826080.jpg


f0080162_1826254.jpg




         今日のデジタルタブローの練習は↓です。

f0080162_18271854.jpg



          今夜の一曲。

            Britten Violin Concerto (1) Janine Jansen

             





   
[PR]

by artist-mi | 2011-12-13 18:29 | アール・デコなAmp  | Comments(0)
2011年 12月 12日
2011/12/12
  日記:

    午前中は母の通院を手助けしていました。幸い変化は無い様です。
   左膝の水を抜き、ヒアルロン酸の注射をしました。この注射はかなり痛いそうで
   顔を歪めていまます。
     血圧も方は少しずつ時間をかけて押さえるよう、薬を処方されました。140台を
   脱出させたいのです。

    
     午後、年賀状の準備をしながら、アンプの部品を整理しておりました。
    そこで気に入った部品をみつけましたので、バチリ!

f0080162_20345482.jpg


     スイッチ、ツマミ、パイロットランプのヘッドなどなど・・・・・。こんなモノでも一応、アール・デコ
    様式にかなっています。
      デコの建物と言えばコレ

     アール・デコ風のアンプでも何時か造ってみたいものです。 
    でも、この頃は真空管のアンプは製品として存在したとは思えません。電蓄や蓄音機の
    デザインにはありましたが・・・・・。

     お正月にでも少し考えてみましょう。


        今日のデジタルタブローの練習は↓です。月食から~~~~~!!

f0080162_20451673.jpg
 


          今夜の一曲。

             Dora Schwarzberg Астор Пьяццола. Либертанго

                




   
[PR]

by artist-mi | 2011-12-12 20:46 | アール・デコなAmp  | Comments(2)