<   2011年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2011年 10月 26日
2011/10/26
  日記:

    額装をしておりました。天気も良く、少し寒くなりましたが糊の乾燥には最適の気候です。

   仕事が遅れ気味ですが、乾燥時間にEL34アンプ用トランスの塗装もやっておりました。
   エナメル塗装なので乾燥時間がとても長く、埃が付きやすいのでカバーを作って被せております。

   仕上がった塗装の具合を上げておきます。OPTはライトグレー、PTカバーはチャコルグレー、
   シャーシーはホワイトですが、少しアイボリーぽぃのが残念。

  
f0080162_1943218.jpg



   エナメルは皮膜が強く、光沢もたいへんあり美しい仕上がりになりました。

       
        本日のデジタルタブローの練習は↓です。(猫が窓から飛び込んで・・・・)。


f0080162_19474954.jpg




        今夜の一曲は。

          Haydn piano concerto no.11 Michelangeli /Kubelik

           
[PR]

by artist-mi | 2011-10-26 19:51 | EL-34pp差動アンプでも。 | Comments(10)
2011年 10月 24日
2011/10/24
日記:

   いゃに蒸し暑い一日でした。
   額装の続きを一日していました。

     夜、これを読んでいました。

     http://100-gute-gruende.de/pdf/g100rs_jp.pdf
[PR]

by artist-mi | 2011-10-24 22:01 | Comments(0)
2011年 10月 23日
2011/10/23
  日記:

     暖かい夕方、窓のそとがピンク色に染まり、曇空の明るい夕焼けとなりました。

    急いで外に出ると、直ぐ終わりです。 明日の夕焼けが楽しみ!

    この数日、湿気が多いので朝霧がでるると母が言っております。


      今日のデジタルタブローの練習は↓です。

f0080162_18261683.jpg



        今夜の一曲。

         Samuel Barber - Violin Concerto Op.14 - Shaham, Previn, LSO

           
[PR]

by artist-mi | 2011-10-23 18:27 | Comments(2)
2011年 10月 20日
2011/10/20
 日記:

   去年の八月に作った12BH7A S ミニワッターアンプ、使い続けていますが。その感想を・・・・。

    1. もう少し出力があったらな~と思う事が時々あります。聞き流しには省エネアンプで
      とても良いのですが、偶に音の崩れが気になるのですね。これはしょうがないかも!!
      音の安定感みたいなモノが不足していると聴こえてしまうのです。
      プレート損失は8割り程度に納めてあり、それはこの使い方としては妥当とも
      思えますし。

    2. 音が何となく濁った感じがあります。0.1Wの1KHzの歪み率を計ったのですが、
      1.6%位で、素本の試作機より良いのですが?(NFが多めになってます)。
      クロストーク特性の問題なのか? 雑音も出ていないし!
      これは何でだろう?

        気になるのは初段の信号ループが、電源のインピーダンスがかなり低いとはいえ
        普通の回路より遠回りしていると云う事です。この辺、上手い手はないだろうか!
        抵抗の質を受けているのではないかな~。 酸化金属皮膜抵抗は少し音が曇る
        様に聞こえる経験があるのですが。部品なのかな~。

    とは云え、このアンプは手軽さと帯域バランスの良さで捨てがたい所もあります。
    暇な時にでも、いろいろ探ってみましょう。   



        今夜の一曲。

          Philippe Jaroussky:Si dolce è ' l tormento  

           


    
[PR]

by artist-mi | 2011-10-20 20:51 | Comments(2)
2011年 10月 16日
2011/10/16
   日記:

     ドン・ドン・・・・・・・ドン

       朝、7時に花火があがった。
     
        昨夜は雨、だいぶ風も強かったよう、朝は曇。 何の花火かと思ったら、またまた五連発で。
        かなり近くであがった様で凄い響きです。
        驚く間もなく、今度は遠くの方でまたまた「ドン」と五連発。一息する間もなく此方もまたドン・・・・・。
        かなり遠くでもトン・・・・!

       山々に共鳴しています。その共鳴がとても長く続くのです。
       
       これ、運動会の開催を告げる花火の様です。いろいろな学校で同時期に行うのでしょう。
       10日ではなく今日だったのですね。もう少し寝ていたかったのに・・・・・・・・!!


         今日のデジタルタブローの練習は↓です。

f0080162_21323837.jpg



          今夜の一曲は、

            Squirell Nutkin and other Squirells

               
[PR]

by artist-mi | 2011-10-16 21:35 | Comments(0)
2011年 10月 11日
2011/10/11
  日記:

    庭に昔、メタセコイヤの木があったのですが、大きくなりすぎ根本からカットして
   切り株になっておりました。この二三年、蟻が入り巣くってしまい朽ちてきたので
   掘り起こす決心を固め。朝から作業しておりました。

   穴堀です。なかなか起こせないのですが、どうにか抜く事に成功。 シンドイです。

   かなり大穴が空きました、これどうしましょう。


        今日のデジタルタブローの練習は↓です。

f0080162_20333196.jpg



         今夜の一曲。

          Arturo Benedetti Michelangeli plays Schumann Concerto

           
[PR]

by artist-mi | 2011-10-11 20:34 | Comments(6)
2011年 10月 06日
2011/10/06
  日記:

    車検です。ディラーまで下りて行きました。
   
     毎回、代車を借りています、今回は新型の方のフィットでした。毎回違う車に乗れるのは
    結構面白いですね。

     このフイットは一万9千キロほど走っていますが、まだヤレた感じはしません。デザインが私的には
    好きなの方なので興味が湧きます。
    ボンネットからAピラーあたりの線とブォリューム感がとくに気に入っています。
    今、売れ筋の人気モノらしいです。

     乗り込む時、頭と膝をぶつけてしまいました。開口部がかなり狭いようです。シートはバケットタイプで
    横からの押さえは痩せた私にもきつい様ですが、座って沈み込む感じはしませんでした。
    シート面はかなりの幅で上下に調整できます。ランバーサポートはありません。
    フロントウインドーはかなり傾斜していて狭い感じがします。おまけに窓の上部がブルーのスモークなので
    穴蔵感が助長されています。ハンドルはちょっと太め、各ペダルの位置に違和感はありませんでした。
    おまけにチルトハンドルでしたが、私には浅めです。しかし肘はぶつかる様な事はありません。
    広めのフットレストが左足用に付けてあります。足下は広めで膝がハンドルの下面に付くことはありません。
    操作系のSWなどは一般的、ナビも付いていて、バックの景色も出ます。ただダッシュボードの
    デザインは派手な感じで若向きです。これは好きではありません。

     店から国道に出て運転してみると、操作にあまり違和感はありませんでしたが、視界はかなり
    狭い感じです。ハンドルはクイックで軽め、アクセルの反応も機敏ですが、どうもブレーキのストロークが
    かなり短い様で、直ぐにロック点まで行ってしまいます。効きそのものは普通でしょうか。

     帰りは雨でしたが、助手席のワイパーはあまり拭く面積が多くなく、前が見にくいぐらいでした。
    車重が軽いためか、乗り心地は少し跳ね気味、しかしふんばり感はあります。
    代車なので、タイヤ圧が高めにしてあるかも知れません。室内のロードノイズ自体は
    大きくはありません。エンジン音も気になりませんでした、急加速時も五月蠅くはありません。
    それに踏んでみるとそれなりの加速をします。エアコンの効きは良好。
    トランクはそれなりの大きさ、スペアタイヤは搭載していません。後席は思ったより広いですね。

     車を降りるときに、また天井に頭をぶつけてしまいました。 腰の悪い人はきついかな~。
    乗ってみると、割りと大人しい感じがします。大男には向かないでしょうが、女性には向くと
    感じました。

        
f0080162_2195061.jpg




 
[PR]

by artist-mi | 2011-10-06 21:12 | Comments(2)
2011年 10月 02日
2010/10/02
  日記:

    半日、台所の掃除と芝刈りをし、午後3時頃からは額の修正をしておりました。
   まだ、腰が痛みます。


    夜はやっとCDを聴ける時間がとれました。

       ワルター指揮、NBC交響楽団(Symphony of The Air) 
        トスカニーニの追悼演奏会のライブです。
        曲はベートーベンの「エロイカ」 

        たいへん高貴な内容の指揮と演奏です。この楽団は実に素晴らしいです。
        終楽章が特に見事で、まったく感覚的にだれてこない演奏は特記にあたいすると
        思っています。

        エロイカはベートーベンのシンホニーでは一番素晴らしいですが
        いろいろな解釈の演奏が或る曲の方に入る様で、その時々でかなり表現に
        幅があると私には思えます。そこがとても面白いところですね。 

       今日のデジタルタブローの練習は↓です。

f0080162_21474862.gif



        今夜の一曲。

        Fingerstyle Jazz Guitar Improv - Jody Fisher

         
[PR]

by Artist-mi | 2011-10-02 21:54 | Comments(0)