<   2011年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2011年 07月 13日
2011/07/13
  日記:

    ちょっとお知らせ!

     私の所属する東京展の37回目の展覧会が開催されます。場所は「ギャラリーくぼた」で
    今年も仮住まい展となっています。来年は本来の上野都美に戻りますが・・・。暑いさなかの
    開催で本当に申しわけありませんが、お立ち寄りいただければ幸いです。また、付近のギャラリーに
    分散しての展示も御座います。

     自作は「集まれ、固まれ」と題した30号の縦の作品です。チャリティー展にもデッサンを出しますので
    見てやって下さい。宜しくお願いします。

     今回はDynaさんも写真の作品を出されるので、それも楽しみにしています。来てね!!

       案内状の写真を上げておきます。

f0080162_21121679.jpg



       搬入でしばらく更新出来ません、宜しくお願いします。
[PR]

by artist-mi | 2011-07-13 21:14 | Comments(13)
2011年 07月 13日
2011/07/13
 日記:

  夜、少し時間がとれたので、新作の差動6BQ5(三極管結合)ppアンプをゆっくり聴いてみました。

 このアンプの音は格別でした。他のアンプより色づけが少なく、中低音の再生能力が抜群です。
 高い音域も変な歪みが非常に少なく聴こえるのです。左右のセパレーションも抜群。

 球の6BQ5は感度が高いのでNFも多めにかけてもゲインが実用的な範囲に収まる長所があり、
 また安価でロシア製もあり使いやすいモノです。発熱が多い回路なのでヒーターが0.75A位なのも
 有り難いですね。最大出力を3Wに押さえたのもそれを踏まえてなのですが、3Wでも十分鑑賞に
 耐えると感じました。室温が上がるのが難点ですが球のアンプは昔からこんなモノでしょう。

 この回路のアンプの市販品はまったく存在しないので、消費者は手に入れる事ができず自作するしか
 方法がないのは非常に残念な気がします。球のマッキンもマランツも要らないなと思いました。
 ある程度自作経験のある方は作ってみても損は無いように思えます。

 音楽を聴く時このアンプはどんな経験をさせてくれるかと云うと・・・・・、

   中低音域が真ともに再生されると、アンサンブルが実演の様に厚みと動きが手に取るように判ります。
   その結果、曲の内容や奏者達の意図が明確に判り、実に楽しい事になります。
   室内楽などは特に顕著にその効果が現れてきます。今まで歪みっぽい音を出していたCDなど
   簡単にきれいに再生されてくるのにはビックリしました。オーケストラも弦のパートのバランスがかなり
   実演に近くなっています。ヴァイオリンパートやチェロの倍音が柔らかくファーっと表れて来るのには
   驚きました。

 あまりに調子が良いので、本作のEL34ppを作るのが楽しみになりましたが、6BQ5ppを越せるか
 少し不安にもなりました。


      
f0080162_2047406.jpg


      今夜の一曲。

       Pugnani-Kreisler Violin:Guido Rimonda (Italy)

        




 
[PR]

by artist-mi | 2011-07-13 20:50 | 6BQ5pp差動アンプ | Comments(2)
2011年 07月 11日
2011/07/11
 日記:

    友人の村岡千穐さんの個展の案内を頂きました。

    場所は「ギャラリー福山」 ギャラリーくぼたの近くです。(銀座1-23-4 明松ビル303)
    期間は7月18日から23日で、東京展の前半とかさなります。

    彼はづっと中国、上海を題材に版画系の技法で制作なさっていらっしゃいます。私が
    始めてお会いしたのも最初に上海から帰られ、シリーズの制作を始められた頃でした。
    
    私のお薦めの個展です。 招待状の写真を上げておきます。今夜の一曲はそんな彼が
    魅了されたであろう、中国の一曲です。

f0080162_2164993.jpg



        神曲(原名:忐忑=タンテ)空耳日本語版

         
[PR]

by artist-mi | 2011-07-11 21:14 | Comments(0)
2011年 07月 08日
2011/07/08
 日記:

   痛たたたた!!

     工事が完成に近づき、やっと一段落付ける様になりました。
    早起きが癖になって、5時50分には目が覚めてしまいます、ヤレヤレ。
    昼間は野暮用が山積みなので、「この際起きてしまえ!」と、額装を進めました。

    このデッサンを入れる額は、ステンレス製、ガラス前面です。
    先ずはガラスの洗浄を・・・・、ここで指先を少し切ってしまいました。
    指先はちょっとした小さいキズでも、やっぱり痛いです。おまけに洗剤が浸みて・・・。

    縁はステンレスですが、木の様に似せてあり、なかなか見た目では金属とは思えません。
    ステンは角が鋭利なので好きではないのですが、今回は木に合うモノが見つかりません。
    各部をしっかり締めてから、クリーニングしておきました。サイズは25cm角です。

    マットは溝を切り込んであり、少し装飾的になっています。題と名前のカードを貼り付け
    裏板をラッカーで少しでも湿気に強くなるように塗っておきました。箱も透明ラッカーをかけて
    少しでも汚れない様に・・・・・。 最後に題名とチャリティーのために作ったことを判る様に
    カードにして貼っておきました。
       その写真を上げておきます。

f0080162_22275288.jpg



         今夜の一曲。

           Montserrat Caballe as Norma "Casta diva" at Bolshoi

            
[PR]

by artist-mi | 2011-07-08 22:29 | Comments(2)
2011年 07月 04日
2011/07/04

  買ってくださ~い !!

    今年も東京展が開催されます。 7月18日~30日まで、場所は京橋 2-7-11 ギャラリーくぼた です。
    今回は東日本大震災のチャリティー展とその作品の販売が開催され、義援金として被災地に送る予定だ
    そうです。会場はくぼたの6階です。出品サイズや価格の指定がありました。平面は2号以内、2点まで、
    2万円以内にしてくれとの事です。額装、箱入り、紙袋付きでその場で購入者に渡すそうです。

      私も鉛筆デッサンを一つ出す事にしました。今、額を選んでいるところで、マットも工夫したモノを考えて
     います。手放すのはちょっと惜しいのですが決心しました。価格は御協力を寄せて頂けるよう少し
     高めにしますが、是非気に入ったら御購入いただければと、お願いします。額とマットは良いモノにして
     おきますので!

        お願いする作品はこれです。(12.5cm×13cm)  額は25cm角 白っぽい色の額です。

f0080162_20482680.jpg


        今夜の一曲。

         MAGDA TAGLIAFERRO playing Fauré Nocturne n.6 op 63

           
[PR]

by artist-mi | 2011-07-04 20:54 | Comments(8)