<   2011年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

2011年 06月 30日
2011/06/30
  日記:

    リフォーム、大工工事続行中です。

     大工といっても、昨今の部屋の改造はほとんど石膏ボード工作です。部屋中石膏の粉だらけ
    何か異常感がありますね。材木を使うことが殆どありません。
    この粉、人間には大丈夫なのでしょうか? 石膏ボード自体は健康には無害と思いますが
    掃除機をつかうと直ぐに目詰まりしてしまうし、雑巾で拭いても少し白く残ってきて面倒なんです。
    燃え難いし、遮音性、断熱性も良いのですが、もう少し「木」の素材使えないものでしょうか。

       今夜の一曲。

        Glenn Gould - Bach Concerto in D minor

         
[PR]

by artist-mi | 2011-06-30 21:45 | Comments(6)
2011年 06月 26日
2011/06/26
 日記:

   試作アンプをやっと仕上げました。

  今、運転中です。音は色づけがなく良くアンプに入って来ると思われる信号を
  そのまま大きくしていると感じさせる音です。
  とてもライブな音の感じで、独特の音作りは感じませんでした。
  室内楽など聴くとその演奏の様子が実に良く伝わってきます。SP盤レコードも
  とても自然でリアルなのには驚きました。オケを実際やっている友達もこの音には
  納得するのではと思います。きっと演奏技術が向上するでしょう。
  試作なので、手持ちの安価な部品で作ったのですが非常にハィエンドな音になって
  います。

   アンプは6BQ5Tppの差動二段回路のオーソドックスなモノです。ぺるけさんに
  差動の部品を分けて貰ったので楽でした。此方では入手が難しいので助かります。
  アース母線は太めの単線を多用してみましたが、どうだったか?? 一応、ハム音は
  皆無です。トランスの配置もこれで良かった様子で試作の効用がはたせたと実感しました。
  シャーシー上に出力管カソードのテストポイントを付けたので、球を交換してもバランスが
  取り安くなっています。

   製作中に発熱が多い事が良く判ったので、上面の通風口を幾つか追加し、裏板の
  取り付けビスの所に4mmのナットを挟んで通風口の足しにしました。
  接触型の温度計で昼間に一時間運転経過後のアンプの温度を測定してみました。

    室温 30.4度

    パワートランス 締め込みビス上  38度
    6BQ5前ソケット取り付けビス R側 41度
    6BQ5後ソケット取り付けビス PT側 42度
    LM-317 シャーシー取り付け面   38度
    12AX7 Rソケット取り付けビス   42度
    OPT取り付けビス          42度
    6BQ5 ガラス上面         61度
    6BQ5 ガラス側面         114度

  
   明日から大工が入るので細かい測定はしていませんがデジタルオッシロでおおよその増幅を確認して
  おきました。

    100mV入力で、Lchは1.031V Rchは1.025V 最大出力は 8オーム負荷 1KHz サイン波で
    Lchは3.02W Rchは3.03W 程度でした。

   各周波数の方形波の再生波形を確認しました。20KHzや40Hzの再生状態はかなり良いと思い
  ました。容量負荷の追加状態もとても良好でした。


    全体のスタイルと実測の電圧値入り回路図、内部配線の模様、各再生波形の写真を上げて
   おきます。(クリックすると少し大きくなる画像もあります)。

 
f0080162_21162978.jpg
  

f0080162_2117195.jpg


f0080162_21174218.jpg


f0080162_2118686.jpg


   10KHz 1W 8Ω

f0080162_21193059.jpg


   20KHz 1W 8Ω

f0080162_21202811.jpg


   100Hz 1W 8Ω

f0080162_21212975.jpg


   40Hz 1W 8Ω

f0080162_2122362.jpg


   少し使うときっと音が熟れるはず、結果が楽しみです。この試作機の具合を本作のEL34に
  生かしたいと思案しています。
[PR]

by artist-mi | 2011-06-26 21:08 | 6BQ5pp差動アンプ | Comments(2)
2011年 06月 25日
2011/06/25
  日記:

    曇天、暑い一日となりました。通り雨あり。

   試作アンプの製作を続行中。

   寄生発振が発生しています。差動のMT五極管の三結はかなり難しい配線の様です。
   発振周波数は129KHz位、オッシロを見ながら場所を特定する訳です。

   六時間程かけて収めましたが、ハッキリした場所はよく分かりませんでした。

   明日は完成の予定。


   
[PR]

by artist-mi | 2011-06-25 22:47 | 6BQ5pp差動アンプ | Comments(0)
2011年 06月 23日
2011/06/23
 日記:

   工事が雨と、資材搬入の遅れで止まっています。困った !

   手持ち無沙汰なので、バラの消毒をしました。夕方からアンプの製作を続けています。
   慣れた作業なのですが、この頃はだんだん時間が掛かってしまいます。この配線で良いか
   いろいろ考える時間が増えてきているのですね。

   今回はアース母線を1.2mmの錫びき単線を多用してみました。見た目が直線で綺麗なのと
   細いバラ線の処理なく楽でした。この回路は電源のレギュレーションが少し悪くても動作に
   影響しない長所があります。
    でも、使いすぎたかな~~。

   出力段まで完成しましたので、通電して動作を調べると予定の定電流値が出ていません。
   暫し点検するとマイナス電源の電圧が低いのです。 原因はダイオードの向きが一つ逆に
   接続しておりました。注意したのですが・・・・・! 動作を示すパイロットLEDの発光が強いので
   暗めに抵抗を設定しなおしました。
   訂正してOKとなりました。次は初段の配線へ進みます。もう少しです。
[PR]

by artist-mi | 2011-06-23 22:52 | 6BQ5pp差動アンプ | Comments(0)
2011年 06月 19日
2011/06/19
 日記:

  曇り、時々薄日。 リフォーム工事が停滞していてイライラ気味。

   家内が芝刈りを始めたので、お手伝いです。刈り込みバサミが切れないので
  早速砥石で刃を付けました。際はやはりハサミが活躍します。目土を少し施しておきました。

   午後は試作アンプの製作を続行。簡単にシャシーを余った白のスプレーで塗装しました。
  試作品なので、エナメルでなくラッカーですませています。内部は塗装しませんが、アースする所は
  簡単なマスキングはしておきました。
   部品を取り付け、配線を少し始めています。A電源までは完了、点火を確認しました。
  ワィヤーはAWG20、150v、125度耐熱、ポリエチレン被覆の細めのモノを使いました。
  今回はワィヤーの選択に結構気を使ってしまいます。
  6BQ5の換わりに7189Aを使います。この球のヒーターは思っていたより明るいです。
  シャーシーデザインは予定よりバランスが悪いので、気落ちしています。OPTが
  小さいのも原因なのでしょうが少し本番は考えないと・・・・・!

    内部と全体の写真を上げておきます。

f0080162_2012592.jpg


f0080162_2017496.jpg

[PR]

by artist-mi | 2011-06-19 20:17 | 6BQ5pp差動アンプ | Comments(8)
2011年 06月 17日
2011/06/17
  日記:

   曇天、時々小雨。

     庭の芝刈り、車のオイル交換、リフォーム行程の打ち合わせなど忙しいこと!
    夕方、シャーシーの穴開けを。
    通気口を一直線に揃えて開けるつもりが・・・・、なかなか・なかなか ?
    夜は出品作を見ておりました。 

       この頃は音楽を聴くこともままならず残念しごく。練習もしておりません。

       今夜の一曲。 少しこれで気晴らしをしています、ちょっと固いかな~。
       もう少し「ワクワク感」がほしいのは欲張りかな~。

         Semiramide: Overture (James Conlon)

          
[PR]

by artist-mi | 2011-06-17 22:05 | Comments(0)
2011年 06月 16日
2011/06/16
  日記:

    上京したとき秋葉原まで足を伸ばして通販では手に入りにくい部品を調達してきました。
   
   EL34ppを組むうえで、内部の配線、配置の具合などを試行しておく必要があると思えたので
   手持ちの部品を活用し、試行モデルを作る事にしました。
   
   部品の細かい配置や、配線を何とか合理的でスマートにするには、やはり先行モデルを作るしか
   ありません。とくにシャーシー内の部品の上下の位置関係や排熱などは試したいのです。
   
   奥澤で30×20×4cmのシャーシーを、春日でKmb100F2電源トランスを購入してきました。
   MT管用ソケットはQQQ製のプラですが、こんなモノでもお店により価格が随分違っていました。
   デテントVRなども価格差が大きかったです。アルミのシールドケースはサンエイで250円×2です。
   球は手持ちの6BQ5と7189Aがあるのでこれを使い、殆どEL34ppと同じ回路、部品配置です。
   後々のためボリュームを付ける事にしました。OPTは12BH7Appの交換用に買って置いたKA-8-54pを
   流用、55~60mA位流します。抵抗、コンデンサーは手持ちを使い、不足の抵抗などは通販を利用します。

   今日、シャーシーの穴開けを開始した所です。可愛いアンプが出来そうです。

        買った部品を並べた写真。

f0080162_20473286.jpg
   
[PR]

by artist-mi | 2011-06-16 20:49 | 6BQ5pp差動アンプ | Comments(2)
2011年 06月 15日
2011/06/15
  日記:

    今夜、皆既月食あります。16日午前3時22分頃からです。
    雲がでないと良いですね。

      寝不足気味です。
[PR]

by artist-mi | 2011-06-15 22:16 | Comments(4)
2011年 06月 12日
2011/06/12
  日記:

    来週から中断していた改造工事を再スタートします。
   断熱材や設備機器がやっと揃いました。監督さんから連絡入ると、その電話が
   終わらない内に、水道屋さんとペンキ屋さんが来宅、午後は忙しくなりました。
   水道屋さんは便座の交換、今度は自動で蓋が開き、内がグリーンに照明されます。ふぅ~~ん!!
   腰の悪い母には便利このうえないモノです。
   ペンキの方は電力メーターカバーの塗装、細かい仕事です。
   明日からはいよいよ大工仕事が始まります、 はたして・・・・・・・。  どうなるか?


   最近みた板で・・・・。
    
    薪とか落ち葉を加熱して、高周波誘導加熱炉で水素ガスまで分解して、燃料電池で発電する。
    温度差で熱電発電して低温まで落ちてきたらスターリングエンジンで発電して、それらの
    発電を全部合わせたら、高周波誘導加熱炉で使うエネルギーより大きくなって、発電機
    として成立して、自動車が走る… 生ゴミで走る究極のエコカー。

   ??本当かいな??

      久しぶりのデジタルタブローの練習、色抜きシリーズです。使わなかったのは赤、紫は少し使ってます。

f0080162_2013672.jpg



       今夜の一曲。

        Ahmet Koç - Mission Impossible (Görevimiz Tehlike)

          
[PR]

by artist-mi | 2011-06-12 20:16 | Comments(0)
2011年 06月 11日
2011/06/11
  日記:

    上京中、叔父が急逝し急遽葬儀がとりおこなわれました。
   滞在を延ばし参列する事になりました。葬儀はキリスト教により行われたのですが・・・。

   式の始めに牧師がこんな事を言いました。
    叔父は牧師の教会の教会員ではないが、叔母や従妹が教会員なので特別に私が
   この式を行うと言うのです。従妹もその事を有りがたく思っている様です。
   小生には葬儀の始めに牧師がこんな事を言う事は理解し難いのです。お坊さんだったら
   言うとは思えません。キリスト教の神と牧師、死者との関係でこんな事を言うのか?
   私には、世の中で理解出来ない事はとても多いのですが・・・・うぅ~ん。

    喪主である従妹が叔父の生前の出来事や経歴を話す場面で・・・・・。
   私の知っている叔父の事とは、かなり相違がありました。公の場面でも公表して
   まったく不自然は無いと思われる事も出てきません。従妹が知らないのか、思い間違いなのか・・。
   かなり違った人生を送っているみたいで???

    喪主である従妹は叔父の生前の友人や関係者を呼びませんでした。勿論それは喪主が
   決めて良い事ですが、叔父の友達はさぞカッカリするだろう事は私には想像できて・・・・・・・。

    参列者にはかなり違った叔父の人格が残っていくのでしょう。彼の実人生は消えてしまうのかと
   思われ寂しさが増すばかり・・・・・、これも人の死の一面なんでしょうが、何か心残りがあります。
[PR]

by artist-mi | 2011-06-11 20:11 | Comments(0)