<   2010年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

2010年 11月 30日
2010/11/30
  日記:

   12BH7A 直接結合メインアンプの細かい電圧値を上げておきます。

   ぺるけ氏がご自分のサイトにこの球データーを掲載されたので、少し電圧値などを精査してみました。
  まず、ミスったのはパワートランスの選択でした。東栄のPT-35を使用したのですが、容量がすこし足りません。
  トランス表記では230Vが出るのですが、実際は210.8~6V程度がやっとでした。ACで35mA取れるので
  DCではブリッジ整流にすると取れるのは27mA位でギリギリです。一次側の90V端子に100Vを入れると
  二次側は234.5V取り出せるのですが、容量が足りなくなります。試しに一時、ヒーター電圧を補正して
  使ってみました。今の季節ではそれ程熱くなりませんが、やはり元に戻しました。
   緑色の電圧値が210Vの時、紫色の表記が234.5Vです。各電圧値は少し揺れていました。DMMを使用。
   緑の時のスペック
    ゲイン 3.82倍 
    出力  0.4W程度
    DF   2.3

   紫の時の出力は 0.49Wでした。

  試聴的には緑時と紫時の差は感じられませんでした。
  アンプの音色はあまり感じませんが、全体に音像の位置が少し引っ込んでいる様に聴こえました。
  これは、何でなのか ? ちょっと判りません。
  雑音は全く感じませんし、セパレーションも大変良好です。

   決定した回路図を上げておきます。ぺるけ氏と違う所はR2を削除した所、R4の値を680Ωに、
   C2をオッシロで確認して57pFに、(この補正は無い時と2200pの時、57pの時の差がとても少ないです。
   決定はいろいろな値のCをパラって安定度を見たのですが、最後は好きな聴感になってしまいました)。
   あと、電源の2SK3067を2662に変更したところです。あとは氏の解説本が出てから・・・・。

   クリックすると大きくなります。

f0080162_2234729.gif

[PR]

by artist-mi | 2010-11-30 22:07 | 友人と小アンプを!(12BH7A S) | Comments(0)
2010年 11月 28日
2010/11/28
  日記:

    世の中騒がしいのですが、当方は生け垣の刈り込みをしておりました。
   雪が積もる前に刈り終わらないと、雪の重さで樹型が崩れて面倒な事になってしまうので
   手早く作業しなければならないのですが、刈る場所が結構高い所なのでたいへんです。

   カイズカイブキの垣根は、カットすると葉っぱい香りが漂って気分爽快。
   あと一週間は作業することになりそうで、体が続くか・・・・。

   夕方、スノータイヤを出し空気圧を点検。いよいよ冬がきます。

      今日のデジタルタブローの練習は↓です。

f0080162_18303444.jpg



       今夜の一曲。


         David Oistrakh - Beethoven Romance in G Major

          
[PR]

by artist-mi | 2010-11-28 18:34 | Comments(0)
2010年 11月 26日
2010/11/26
 日記:

   額装を続けています。

  マットに作品を取り付け、額に入れて封印をしました。
  ネームプレートなどを貼り、吊り紐を付けて包装して箱にいれます。

  吊り紐は、兎に角しっかり縛ります。 
  一応、一本の紐を用いますが、左右にそれぞれ付けて、計二本用いる方法もあります。
  万が一の時は二本の方が安全なのですが、しっかりした紐を使えば一本でも良いでしょう。

    今回用いた、紐の縛り方を上げておきます。

  白いビニロン製の8号(8mm)の丸を使いました。
  額裏の鉄製の吊り下げ金具(加重10Kg程度)に紐を通し、たわまない様に張って、下紐を
  通した固結びを先ずはします。 結び目は端の方によせます。

f0080162_19575592.jpg



   次に蝶結びをします。

f0080162_19585263.jpg



   一方の紐を引き抜きます。 必要なら余って長い方を合わせる位にカットします。

f0080162_2003846.jpg



    さて、次作の額はこれです。
     三角縁の木地仕上げのものです。 幅は30mm 昔からある定番商品です。
     どことなく大らかなのが私の好みです。
     角の所に補強材(所謂、ビスケットジョイナー)を使った高級なモノです。
     (補強無しのモノでも結構強いので、普通はこっちのモノでも良いでしょう)。

f0080162_2061251.jpg



     今夜の一曲。

       Chamber Orchestra Kremlin / Mendelssohn Octet, 1st mov.

           
[PR]

by artist-mi | 2010-11-26 20:24 | 額装など、 | Comments(4)
2010年 11月 24日
2010/11/24
 日記:

   額装をしておりました。

  マットにほんの少し汚れがあり、どうするか?  躊躇っていたのですが仕事を進めないと・・・・!

  汚れは手紋の様でもあり、あまり目立たないのですがこんな具合です。

f0080162_181278.jpg


  消しゴムで試みてみます、決して擦ってはいけませんぞ! テリが残りますし。  用具は取りあえずこれ。

f0080162_1825761.jpg


  下ろし金の細かい方で消しゴムを粉にします。

f0080162_1853728.jpg


  汚れの箇所に多めに振りまき、柔らかい筆でそっと擦ります。いろいろな方向から。

f0080162_1874138.jpg


  少し消しゴムの粉が汚れて来ました。完全には落ちませんが少しはましかな~。

f0080162_1895061.jpg


  消しゴムのカスを良く取り、額に入れてみました。可愛い額でしょ~。 樹脂製です。

f0080162_18113913.jpg


  
    もし、お持ちの額の内部が汚れたりした時は、この方法をお試し下さい。
    明日も天気が良いようで仕事が進みそう。 春季展用です。
[PR]

by artist-mi | 2010-11-24 18:15 | 額装など、 | Comments(2)
2010年 11月 22日
2010/11/22
 日記:

   インフルエンザのワクチン接種のため、二人で下りて行きました。

  雨で寒いなか、注射とは・・・・!!
  腕に打つのですが、先生は射すのを見せない様、後ろの方に打ちたがるのです。
  小生としては、見れる場所に打ってもらいたいのですが・・・・、見えないとかえって痛い様な!

  随分多くの方が接種にいらしています、今年は流行が早めだそうです。


      今日のデジタルタブローの練習は↓です。

f0080162_19323358.jpg



       今夜の一曲。

            Jacqueline du Pre - The Trout by Schubert

             
[PR]

by artist-mi | 2010-11-22 19:33 | Comments(2)
2010年 11月 21日
2010/11/21
 日記:

   12BH7Appの回路図と測定結果を資料としてまとめております。

  回路図を眺めていると、「あれっ~!!」 間違いがありました。「シマッタ!」。

  -C電位を作り出す、ダイオード列の位置が間違っていますね~。 これでは出力段信号の流れが
  上手く流れて行きません。47μFのコンデンサーに行っていますね、150μFを通過しなければ為らないの
  です。ハンダ鏝を暖めて、早速改修しました。

f0080162_17474970.gif


  何で間違えたのだろう!!
  始めは全段差動を考えていたので、自己バイアスに変更したのに電源はそのままにしてしまったのですね。
  自己バイアスの場合はコンデンサーに信号が流れて行きます、差動動作は流れないのです。
  ちょっと低音が薄い感じがしていたのですが、このOPトランスの特性のレポートがレスポンスの低下を表して
  いたので、それに引っ張られて判断してしまいました。

  修正後は低域も良く出てとてもバランスが良くなりました、ベールが一枚剥がれた感じてクリアーな音になって
  います。
  オッシロで80Hzのサイン波を見ましたが低下は出ていません。NFRとCを再度調整、10kHzの方形波で
  再確認しておきました。

  このアンプの音質はかなり高いレベルにあると思いました、特に中音から低音域の解像度は抜群で前段の
  差動動作の影響はたいしたモノです。 OPTの性能がもう少しあると良いのですが・・・・。
  まぁ~、お安く出来て、出力も小さいのですが、パフォーマンスは高いと・・・・・!
  
  いろいろ追加の修正をしたので、改めて全回路図を上げておきます。
                                   (なお、電圧値はさして変化がありませんでした)。

    クリックすると少し大きくなります。

f0080162_17551258.gif





  
  
[PR]

by artist-mi | 2010-11-21 17:58 | 12BH7Appアンプ | Comments(0)
2010年 11月 18日
2010/11/18
  日記:

    頼んでおいた額が到着、裏板や箱などを塗装していました。
   でも・・・・、 外気は8度、なかなか上手く乾燥してくれません。ゆっくりの作業となりました。

   マットに僅かな汚れがあり、どうするか!! かなり辛いものがあります。

     今日のデジタルタブローの練習は↓です。

f0080162_20405030.jpg
 


     今夜の一曲。

           Gitlis plays Bach 1/3

            
[PR]

by artist-mi | 2010-11-18 20:52 | Comments(2)
2010年 11月 16日
2010/11/16
 日記:

   落ち葉焚き、二日目。
  三日目もありそうで、少し憂鬱。 冬の準備で忙しいです。朝はついに零下になりました。

  家内の足もだいぶ調子が出てきた様子、午後は大事をとって寝ています。一ヶ月もたてば
  元にもどる事でしょう。

      今日のデジタルタブローの練習は↓です。

f0080162_20581281.jpg
 


         今夜の一曲。

             Léo Ferré et Ivry Gitlis - Les étrangers (1975)

              
[PR]

by artist-mi | 2010-11-16 20:59 | Comments(0)
2010年 11月 15日
2010/11/15
 日記:

    昨夜の夢は、林のある大きな宇宙船に一人乗って、永遠に時を旅する夢でした、とても淋しい。
   早朝、間違い電話で起こされて・・・、夢は途中で・・・・。
    
   午後から雨との予報、でも暖かいのです。日も出ていますし・・・・。

   久しぶりに洗車しました。洗剤をフォームで吹きかけ高圧シャワーで洗います。流石に綺麗。
   これで今年の洗車は終わりです。

   午後遅く手がすいたので、庭の落ち葉を掃き集め焚き火をしました。
   乾燥した落ち葉だけの焚き火はとても好い香りがします。(ビニール、紙などか゜入ると刺激臭になりますね)。

   風が無く、煙が真っ直ぐ立ち上って行きます。

   夕方、雨が少しパラパラ、こうもりが一匹、北の林の中に飛んで行きました。


       今日のデジタルタブローの練習は ↓↓ です。

f0080162_2132978.jpg



f0080162_2134996.gif



       今夜の一曲。

        Sviatoslav Richter plays Liszt

          Liszt, Transcendental Etude No. 11 in D-flat, "Harmonies du Soir"
                                             (Evening harmonies)
                                             Live recording, 1950s

           
[PR]

by artist-mi | 2010-11-15 21:18 | Comments(0)
2010年 11月 13日
2010/11/13
 日記:

   家内の足の具合は良好の様です。
  昨夜は弾性ストッキングは使わないで寝て良いとの指示で、早速実行して寝たのですが
  体が温まり、足の血行が良くなると、内出血の所が少し痛み、気が騒いで寝付けない様子、
  弾性ストッキングを履いて就寝したようです。
  まだまだ、代替の静脈が上手く働いていないようです。まだ術後五日目なので回復しない
  様子です。
  日常生活は普通ですが、足が疲れると訴えてきます。

  本日は買い物日、小生は「アッシー君」をしておりました。普段以外の買い物は「甲府鳥モツ煮」です。

      今日のデジタルタブローの練習は↓です。

f0080162_19585674.jpg


      
      今夜の一曲。

         Beethoven Leonora Overture Hans Knappertsbusch
                     私は素晴らしく正確で微妙なリズム感に特に魅力を感じます。

             
[PR]

by artist-mi | 2010-11-13 20:01 | Comments(2)