<   2008年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧

2008年 09月 28日
707.2008/09/28
 日記:

 肌寒い日となりました。朝は10度を切っており庭の木の葉も
心なしか少し色が褪せて来ました。岩の上でオニヤンマがジッと
停まり暖をとっています。

少し暖かくなれる様なアニメを、展示作品から作ってみました。



         アニメーシヨンはとても難しいですね。
           もう一度御覧になる時は更新して下さい。
f0080162_15463744.jpg

[PR]

by artist-mi | 2008-09-28 15:35 | Comments(4)
2008年 09月 25日
706.2008/09/25
  日記:
  
  
   23日の午後、東京展を観に行ってきました。
   
  都美術館は人出がとても多いのですが、今回は同時開催の「フェルメール展」を
  観に行かれる方も多い様です。
  フェルメールは私も大好きなので観たいのですが、今回は体力的にきついので
  諦めざるを得ません。ただこれはお薦めです。
  
  自作の状態や照明の具合、展示場所などを確かめる事も兼ね、先ずは会場に
  入って行きました、第一室は、見慣れたモチーフの常連も多いのですが、新た
  な作品も展示されていて緊張感がありました、S氏のうっとりする様な柔らかな
  甘みのある新作は特に気に入りました。H氏の菱形の新作も今的な感覚を目指し
  ている所が好きですね、本来私はストライプは好みではないのですが。構成の
  見事なS氏のつるの作品も圧巻です。
   
  さて次はと思ったら、私の作品が掛けてあります。
  少し気が動転してしまいました。照明の具合も良好、ギズもありません。
  色も意図した色が出ていて安心しました。 よかった・よかった!!
  一応、写真を撮ってみました。
  今回は、自分の仕事場で観た感じと、会場での相違が殆どなかった様に見えま
  した。これは私の経験では珍しい事にあたります。
  
  自分のモノを観ると何やら照れてしまいます。気が少しおかしくなりながら
  次の部屋へと進んで行きました。
  
  今展もレベルが年々高くなり、御覧になられる皆さんにも満足頂ける事が
  多いのではと思っております。特に奨励賞を受けられた皆さんの作品には
  刺激を受けるモノがとてもありました。
  イラストのI氏の龍の作品、S氏の象の作品、絵本の角笛を吹く天使の作品
  など部屋に置いて見たい気にさせられます。こう云う作品は私好きなんだな~。
  
  古くからの友人のM氏が東京展賞を受けられましたが、縦のストライプの所に
  グラデーションを用いたのは、私も同感でした。彼らしい良い作品に思えます。
  
  いちおう、自作を写真に撮りました、クリックすると大きくなります。
f0080162_21513118.jpg

  会期は3日の金曜までです、お気が向かれたらお出かけ下さい。
  
  夕方より、懇親会が行われ久しぶりに出席しました。たいへん盛会で楽しい
  時間をすごせました。出席者に若い方が昔より多いのは嬉しいですね。
  何やら元気が出て来ます。シンポジウムのパネラーの方々も出席されました。
  田舎者の私には、沢山の人に会って少し疲れてしまいましたが、良い刺激が
  ありました。
[PR]

by artist-mi | 2008-09-25 21:57 | Comments(12)
2008年 09月 24日
705.2008/09/24
  日記:
  
   三日ばかり自分の絵を観に行って、今帰宅したところです。
  
   車ですので、まだ体が揺れています。これから食事にします。

   
   展示場所は地下一階の入り口、第一室の奥でした、一室とは
   かなり緊張させられます。私としてはかなり苦手な部屋ですね。
   お客さんが、この展覧会を観る最初の部屋と云う所はいろいろ
   な事が重ねて起こっている部屋でもあります。
   今回は展覧会用の作画と云うよりは、かなりプライベートなモノ
   ですので申し訳ない気もします。現に、この部屋では私の作品が
   最も小さいモノでした。
   照明の具合も良く、次の部屋への通り道でありがたい場所でも
   ありました。
   
   当日のお話は、明日にします。
[PR]

by artist-mi | 2008-09-24 21:01 | Comments(2)
2008年 09月 21日
704.2008/09/21
 日記:

    午前中はやっと雨が上がったので、久しぶりに車の手入れをしていました。
   寒くなって下がったタイヤ圧を修正、ウィンドーの撥水加工の手入れ、水の
   補充、エンジンオイルの補充、ガスペダルのリターンスブリングにグリスをやり、
   バッテリー液の点検、切れていたテールランプの交換、ダッシュボードや
   ハンドル周りの掃除、フロアーマッドの掃除・・・・・・・・などなどです。

      今日のデジタルタブローの練習は↓です、設定式をかなり工夫しています。
f0080162_16381580.gif

[PR]

by artist-mi | 2008-09-21 16:41 | Comments(4)
2008年 09月 19日
703.2008/09/19
  日記: 
   Intenet Explorer 8 のベーター版を試してみました。
   まだ、細かい所は不明ですが、7より軽そうです。此処にあります。
   かなり不具合が残っている様ですので、あくまで試用です。
   コピペしたら、スクロールしてしまいました。
  
  XP 用 
  http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=33fb40fd-2ee2-476a-a152-ed03734691b3&DisplayLang=ja

  Vista 用  
  http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=6ef71415-646f-4279-8b6b-193435ab2d80&DisplayLang=ja
 
f0080162_20131749.jpg
  
[PR]

by artist-mi | 2008-09-19 20:16 | PCとステレオの話し | Comments(4)
2008年 09月 17日
702.2008/09/17
  日記:

   何だか気が滅入ってしまって、脱力感に苛まれている様です。

  この空白の時間は、何時も作品が手を放れた時に到来するので
  すが、こんな時間も必要なのかも知れないな~とも・・・・・!!!

  L.Bの倒産や総裁選もまたまた滅入るばかり。人間の強欲は
  本当に限りがないのですね。欲に振り回されるのは世の常とは
  思えますが、分かっていても欲は芽を出してきますな~。
  「分かっちゃいるけど、止められない」とは良く言ったモノ、
  宇宙人から見れば人間はどんな生物に見えるのでしょう。

      滅入っていても仕方がないので、今日も練習します。
f0080162_2025952.jpg

[PR]

by artist-mi | 2008-09-17 20:26 | Comments(10)
2008年 09月 15日
701.2008/09/15
 「MELUSINE」
 
   今回の絵の題は「メルジーネ」1・2 と付けました。
 
    メルジーネとは、四精霊(四大)のうち水を司る精霊と同じ様に
  思えます。フランス語だとOndine(オンディーヌ)となるのでしょう。
  ギリシア神話や、北欧伝説(エッダ)の中にその原型を見ることが
  できるそうで、主にドイツやチェコの民話にも現れています。
 
  民話はいろいろあり、ある話しでは、水の精。また、人魚姫と騎士の恋、
  賢者、全知全能の女神だったりします。それらのお話はただ皆、葛藤が
  テーマになっているのが殆どです。
 
  音楽では、メンデルスゾーンの「美しきメルジーナ」が有名で、とても
  美しい名曲です。この曲もある種の葛藤がテーマになっていて、演奏は
  その辺を上手く現さないと纏まりません。こんなエレガントな曲と云うのも
  なかなかありませんね。この曲はバレーの曲としても使われて、「真夏の
  夜の夢」と組み合わせて演じられる事もあります。
 
  さて、絵の方に話しを移しますが、「メルジーネ・1」は80号で展覧会
  用としては少し小さくなっています。メルジーナ伝説の葛藤の部分を
  テーマとして現そうとし、生な対比的な感情を抽象表現することを
  目指して作りました。内面的なので大きいモノは、そぐわないかとも
  思っています。これは個人の部屋にも置いておくのも可能で、うるさい
  感じはしないと思えます。
 
  「メルジーネ・2」は全知全能の水の精霊の方に振ったモノを現そうと
  しています。特に深い森の泉の様なモノと水の流れや透明感を目標にし、
  女神のオシャレなエレガントさも感じさせたいな~と、作ってみました。
  この絵はあくまで展覧会用として作っていまして、プライベートの部屋に
  置くのにはかなり抵抗があるかも知れません。
 
  そして、この二点は勿論マンデルブロー・フラクタルを使って描画させて
  います。
 
 
  さて、上手く皆さんにメッセージが伝られるでしょうか・・・・・・・?
 勿論、どう観るかは鑑賞者のまったくの自由です。


         今日のデジタルタブローの練習は↓です。
f0080162_20531218.jpg

 
[PR]

by artist-mi | 2008-09-15 21:09 | Comments(0)
2008年 09月 14日
700.2008/09/14
 日記:

   搬入も終わり、少し気分が沈んでいます。疲れが出ている様です。
  気分が滅入ると体調も下がり気味、体の節々が少し痛むみたいです。

  ボ~っとしていても、世の中は大変な事になっている様であまり
  休みの気分にもなれません。

  こう云う時は、久しぶりにアンプに火を入れて好きな音楽でも
  聴いて元気を出しましょう。

  音楽には、人の心を救う何かがありますね。絵も勿論あります。
  そんな絵を描きたいモノです。

       今日のデジタルタブローの練習は↓です。
f0080162_17592572.jpg

[PR]

by artist-mi | 2008-09-14 18:00 | Comments(4)
2008年 09月 11日
699.2008/09/11
  日記:

    秋らしい爽やかな夜、こんな曲を聴いています。
   モーツァルトの若々しい時のピークを成す曲の一つで
   天国的な爽やかさを持つ素晴らしい曲想が創造されています。

   こう云う曲は結局、モーツァルトだけしか書けませんでした。


 

   三楽章のcadenzaはご愛敬。


[PR]

by artist-mi | 2008-09-11 20:02 | Comments(8)
2008年 09月 10日
698.2008/09/10
  日記:搬入
  
   搬入時、手スキな時はいろいろなお話をします。
  其処での話しでは、私の作品をCGだと思っている方が
  ほとんどだと判りました、CGではないのですね。
  
  フラクタルを全く知らない方もとても多いのにはガッカリ!
  今回使用したマンデルブローの基本設定式は、『フラクタル幾何学』
  マンデルブロ著、1982年 翻訳は1985年に基づいたモノです。
  26年も前なのです。単純な描画ソフトはフリーでもかなりあります。
  
  フラクタルの考えは統計物理学、宇宙論、気象学、水文学、地形学、
  解剖学、分類学、神経学、言語学、情報技術などに応用されていて
  絵画の分野にも盛んに使われている一般的なモノです。一時はブーム
  の様でしたので、知っている方は多いはずです。
  絵描きは絵画史の延長で自分の絵を考えがち、しかし人間界にはいろ
  いろな事が考え出されている様です。探せばまだまだ面白い事が
  見つかりそうですね。
  
  今回作品に使った基本の設定式で少し拡大した範囲を描画させて
  みましょう。基本はこんな感じになります。
f0080162_2010380.jpg

  作品の一部のカラーパターンをいろいろ換えてみましょう。
  (グラデーション・マップを作るという事になります。)
f0080162_2011429.jpg

  こんなのも出来ます、かなり表現の幅が広がります。
f0080162_20122723.jpg

[PR]

by artist-mi | 2008-09-10 20:14 | Comments(2)