<   2008年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧

2008年 08月 31日
691.2008/08/31
  日記:古い写真  (プレゼント実施中、お気軽にどうぞ)
         クリックするともう少し大きくなります。  
  
   4. 新港埠頭、海上保安庁の巡視船停泊地
     現在の停泊地の反対側(大桟橋側)になります。奥が煉瓦倉庫です。
     この岸壁はかなり大きい船も接岸出来た様です。巡視船は艦舷が
     かなり低いですね。マストが多いですが、この船の記憶がありません。
     特殊な船にも見えます。消防艇かな~。
       ライカ M4-P ズミクロン35mm F2
f0080162_17294784.jpg

   5. 新港埠頭で見かけた、かなりのボロ船
    5000t位でしょうか、形から元は日本船の様にも見えますが?
    マストの上がカットされているのも、気になります。
    船尾に小さいキャビンがあるのも古さを感じさせます。
    荷も降ろし、タグボートが来ているのでもうすぐ出港でしょうか。
      ライカCL   ロッコール40mmF2 絹目印画紙使用
f0080162_17311252.jpg

   6. 回り込んで見ると、タラップを上げている所でした。
     中東の船の様で、機関が動いている音がしました。
       ライカCL   ロッコール40mmF2 右端トリミング
f0080162_17323497.jpg

   7. 新港埠頭で見かけたインドの船。
     こちらは、新しそうな一万トンクラスの貨物船、煙突が小さいのは
     機関が新しく能率が良さそうです。イギリスあたりで造船された船の
     様です。レーダーなども新しそうですし、ハウスのデザインがあか抜け
     しています。綺麗な船ですね。
       ライカCL   ズマリット50mmF1.5
f0080162_17332987.jpg

[PR]

by artist-mi | 2008-08-31 17:40 | すこし古い写真(横浜港など) | Comments(0)
2008年 08月 30日
690.2008/08/30
  日記:古い写真  
    仕事が一段落したので、いろいろ片づけをしています。
   昔し撮った写真がいっぱい出てきて、しばらく観いってしまい
   ました。

   一番多いのは、展覧会でこれはと思った絵や彫刻のスナップで
   千枚以上あります。これらはブログには上げられないモノで
  残念です。写真の絵達は今はどうなっているのでしょう。
   素晴らしい絵もかなりありますが、残って行かない絵もあります。

   その他は、私の友人や親戚の写真、これも多いのには驚きました。

   そして、街角や風景はかなり少ないのも不思議、きっと私はこれら
   に興味が少ないのでしょう。しかしこれらの光景は今は失われて
   しまっていて、とても懐かしいモノでした。
   若い時は横浜に居ましたので港の光景が主ですが、今の横浜港とは
   随分違っています。そんな少し昔はどうだったかを楽しんで下さい。
  古いプリントをスキャナーでコピーしてみました。絹目の印画紙もあります。
  クリックすると、少し大きく観られます。

    1. 先ずは横浜赤煉瓦倉庫がある新港埠頭近辺の70~80年代です。
    まだ倉庫として現役の頃、国鉄の線路が入っています。機関車はDD13。
      ライカCL ロッコール40mm F2
f0080162_1839825.jpg

     2. 赤煉瓦倉庫の南西の運河です。艀溜まりで向かいの倉庫は
     郵船ビルの裏側となります。左手を見れると税関の塔や県警の
     ビルがある所です。艀は木造の200tクラス位、船尾に小さい居間が
     あり、ある程度生活が出来ます。上面が平らなのは、橋の下を通り
     易くしてあるためです。動力はなく、左の動力船で引っ張ります。
     今は木造はほとんど無くなりました。夕暮れ時です。
      ライカCL ロッコール40mm F2
f0080162_1842656.jpg

   3. 新港埠頭から、大桟橋(先代)を望む光景、右の貨物船は1万トン
    クラス位でしょうか、ハウス(居住区)の上は船橋部の外壁が木造
    になっているのが特徴で、欧州の造船所に多い作りです。右舷にも
    艀が接岸して荷下ろしの真っ最中、喫水が下がっているので
    だいぶ捗っている様子です。後ろの船はこれからの様子です。遠くに
    マリンタワーが見えます。大桟橋にも多く貨物船が接岸しているのは
    今は見られませんね。正面のFESCO LINEはロシアの会社です。
    このポイントは赤煉瓦倉庫の海側になります。
      ライカ M4-P ズマリット50mmF1.5
f0080162_1844082.jpg

[PR]

by artist-mi | 2008-08-30 18:56 | すこし古い写真(横浜港など) | Comments(0)
2008年 08月 26日
689.2008/08/26
 展覧会招待状、プレゼントします。 終了しました
  
  困っていたら、天の助けか招待状がヤマト便で配達されて来ました。
 どうにか間に合い、大助かりです。早速、宛先と挨拶を印刷して切手を
 貼りました。明日に発送しますのでお暇な時にでも宜しくお願いします。
f0080162_2002578.jpg

 
  東京展、(上野・東京都美術館にて)
   9月18日~10月3日まで、会期中は無休になりました。
    時間は9時~5時 (入場は4時半まで、最終日は1時までです)。

    
   23日は講堂でシンポジュウムも開かれます、題は「世界の美術の
   潮流と日本の団体展の現在」と云う、少し専門的なモノの様です。
   もう少し一般的な題の方が私には良いように思えます、観客を意識
   した話しの方が聞く人も増えるのではないかな~。例えば「団体展の
   楽しみ方」とか!
   パネラーは、朝日新聞学芸部の田中三蔵編集委員
          美術評論家 赤津侃さん
          府中美術館館長・多摩美術大学教授 本江邦夫さんです。
   
 さて、今回も出品作の一つを招待状の隅にプリントしてみました。
 この作品の制作のポイントなど一言入れています。
 
 来ていただいた方が、陳列作品の下の題名や作者名を覗きながら会場を
 回って行かれるのを見ると実に申し訳ない思いがするので、なるべく
 手間をお掛けしない様にするためです。これで他の作品もゆっくり観て
 頂けるのではないでしょうか。少しでも楽しんで頂きたいのです。
 
 プレゼント。 招待状(二人用)が少しあまっていますのでプレゼントさせて頂きます。
   絵画のほかに、写真、イラスト、絵本などの展示もありますので
   結構お楽しみ頂けるの思います。
   
  Commentsに必ず非公開コメントにチェックを入れて頂き、配達先を
  お書き下さい。こちらが確認しましたらコメントを削除いたしますので
  非公開コメントが消えましたら確認されたとお考え下さい。頂いた情報は
  招待状以外には使用しません、また用が済みましたらPCから削除します。
[PR]

by artist-mi | 2008-08-26 20:06 | Comments(8)
2008年 08月 24日
688.2008/08/24
 日記:

  祭りも終わりに近づきました。いよいよ秋になりますね。
 この間、ブログの訪問者数が減少していました。
 スポーツ観戦の興奮や、猛暑のせいでしょうか、また普通の
 生活が帰って来るのでしょうか。

 そろそろ展覧会の招待状などを発送しなければと思うのですが
 まだ会の方から私の手元に送られて来ていません。
 印刷、発送が例年より大分遅れていて困っています。
  困ったな~~。

         今日のデジタルタブローの練習は↓です。秋の気配に!
f0080162_18283616.jpg

[PR]

by artist-mi | 2008-08-24 18:28 | Comments(6)
2008年 08月 23日
687.2008/08/23
 日記:
 
  オリンピックの結果に一喜一憂している所です。
 概して、プロ化されている競技は大々的にマスコミに取り上げられている
 割りには良い成績を上げる事が出来ていませんね。
  むしろ、極個人的でお金の援助も少ないスポーツの健闘が目立つし、
 感動的でもあります。この辺にオリンピックの本質がある様に思えます。
 
 国家や企業の広告塔化した選手は概して魅力的には見えません。
 もう、大々的な開催は嫌みな時代かも知れないと思えました。
 
        今日のデジタルタブローの練習は↓です。
f0080162_18373214.jpg

[PR]

by artist-mi | 2008-08-23 18:38 | Comments(6)
2008年 08月 20日
686.2008/08/20
  日記:

   作品の修正がやっと完成しました、嬉しいですね。
  じっくり観ていますが、修正して良かった様です。
  あとは梱包すれば終わり、少し気が抜けた感じです。

  家内のノートPCのアダプターが届きました。
  スイッチング電源なので、汎用品でも十分です。もし
  ダウンしたら、ココなどが使えます。ドスパラの方が
  少しだけお安いかも!アキバに行けないのが残念。

   http://www.diatec.co.jp/index.php

        今日のデジタルタブローの練習は↓です。
f0080162_20211992.jpg

[PR]

by artist-mi | 2008-08-20 20:21 | Comments(6)
2008年 08月 17日
685.2008/08/17
  日記:

   夏雲がフワフワと飛んで気持ちの佳い日でしたが、午後
  急な通り雨があり蒸してきました。

  そんな中、制作の修正を夢中でしていました。湿度が上がり
  貼りに神経を使います、こんな時の雨は苦しい思いです。

  家内のノートPCの電源アダプターがダウンしました。
  突然切れた感じで、Cの故障ではなくヒューズが切れた感じ
  です。テスターで電圧を測ったら、15Vが出力していません。
  殻割りを試みたのですが、きつくちょっと無理の様。
  取りあえず、常用PCなので代替品を注文しました。
  お盆休みなので少し時間が掛かりそうです。

        今日のデジタルタブローの練習は↓です。
f0080162_17565162.gif

[PR]

by artist-mi | 2008-08-17 17:58 | Comments(2)
2008年 08月 15日
684.2008/08/15
  日記:

   今日は暑かった、台所のカーペットを庭に持ち出して洗濯です。
  デッキブラシでゴシゴシとやってから畳んで脱水、一日で乾きました。

  乾燥を待つ時間、じっくり自作を鑑賞、気に食わない所があり、明日
  から、その部分を作り直します、かなりの決心が必要でした。

          今日のデジタルタブローの練習は↓です。
f0080162_21404555.gif

[PR]

by artist-mi | 2008-08-15 21:52 | Comments(4)
2008年 08月 14日
683.2008/08/14
  日記:
  
   毎日、自分の出品作を眺めているのですが、少し飽きてしまったので
  他の人の作品を観たい気持ちになりました。
  
  とは言え、私の周りには手ごろな美術館が在りません。
  
  二人で車を転がして、八ヶ岳山麓の平山郁夫シルクロード美術館に行って
  きました。この時期、かなりの人が入っています。
  駅の前で、駐車場も完備されています。入場料は千円、氏の近作とシルクロードに
  関する工芸品、装身具、アフガンやインドの仏像などのコレクションが展示されて
  います。
  
   いちばん素晴らしかったのは石仏数体でした。ノミのエッジが冴えていて、完成度が
  高く、古さをまったく感じさせませんでした。フォルムのバランスが中世の仏像彫刻とは
  違いごく自然なモノで実感的でした。素直な人物像が彫られていて、そして皆さん
  かなりハンサムです。
  
  金製の細かい細工のイヤリングなども秀逸なモノでした。前23世紀のウルの楔形
  文字が刻まれた青銅のお皿も生き残った凄みがあります。
  
   氏の作品は近年の「院展」に出品されたモノ数点とシルクロードを題材にした
  組ものの大作が主となっています。
  
  会場の照明がかなり暗く、上野都美術館での出品時とはかなり違った感じを受けました。
  もう少し明るい方が観る側には良いでしょう。とくに迫力が随分違って来ましたし、
  細かいタッチを観る事はチョット出来ません、しかしその必要もないかも知れません。
  
  シルクロードのキャラバンとローマの遺跡を描いた大作は広い一つの部屋に納められて
  います。向かって右側四点が夕日のキャラバン、左手四点は月のある夜のキャラバンを
  描いてあり、正面が遺跡の光景となっています。
  かなり短時間で描かれた様に思える作品でした。
  この作品は好きになれませんでした。大仕掛けでしたが少しも迫力を感じません。
  暗い照明のためでしょうか。

   人の作品を観ると、また新しい眼で自分の作品を観られる様に為った気分がします。
  ありがたい午後でした。
[PR]

by artist-mi | 2008-08-14 17:49 | Comments(2)
2008年 08月 12日
682.2008/08/12
 日記:
 
  毎日、オリンピックのニュースに一喜一憂している所です。
  
 さて、開会式の足跡の花火のTV映像はCGだとの報道がありました。
 少し綺麗すぎるので此はと思っていましたが、やっぱりそうだったの
 ですね~。
 
 では実際、花火は上げてないのでしょうか。
  これを見ると、打ち上げている様です。
  
  http://jp.youtube.com/watch?v=wbZrI8onelg
  
 ただ、天候を考えてCGにしたのでしょうが、実際打ち上げているなら
 現実の映像を使うのが正しい事ではないでしょうか。真実が素晴らしい
 と云う事を忘れた当事者は反省すべきです。
 何しろ、人間がその体と知恵の総てを使ったスポーツの現実を競う場と
 して、オリンピックがあるのですから。
[PR]

by artist-mi | 2008-08-12 20:23 | Comments(2)