<   2007年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧

2007年 08月 29日
450.2007/08/29
 日記:
     久しぶりに静かに雨が降った一日でした。
    招待状の宛名書きをし、画室の掃除と整理をし、夕方、昼寝を
    し、ぼ~と今回の作品を眺めておりました。

    自分で作ったモノを観ていられるのは、まあ納得していると云う
    事でしょう。こう云う時間が好きです。

    そろそろ秋の気配が迫ってきました。蝉の声にそれが感じられますね。
    何か脱力感があり、少し静かにしています。
        今日のデジタルタブローの練習は↓です。
f0080162_204167.jpg

[PR]

by artist-mi | 2007-08-29 20:41 | Comments(4)
2007年 08月 26日
448.2007/08/26
 日記:
     作品運搬用のジグを作っていました、あり合わせの材木を
    使ってどうにか作っています。車は1500ccの1Box、モビリオ
    です。

    実際は現物合わせで進めていますが、はて?
    上手く行けば御なぐさみ。

       今日のデジタルタブローの練習は↓です、早く涼しくならないかな~。
f0080162_20192187.jpg

[PR]

by artist-mi | 2007-08-26 20:22 | Comments(4)
2007年 08月 24日
447.2007/08/24
 日記:
     額の取り付けが、やっと終了となりました!  バンザイ!!

     三つの画面は各々別の色調になっているので、無彩色系の
     銀とグレーを混ぜてスプレーしています。
     会場の壁の色はウォームグレーなので、この色にしましたが
     すこし沈みがちなので透明のラッカーを少な目にスプレーして
     います。トータルでは目立たないので成功していますが、仕上
     がりが少々クラシックな感じになってしまったのは反省点です。
     上手い材料がないか、今後探さねばと思っております。

     最後にネームのプレートを額の下縁の中央に取り付け完成と
     いたしました。暫く眺めていましたが、これでOKの様です。

     明日からは、車に作品を搭載するのに使う、簡単な治具を
     作ります。(S60号3枚を入れます)
     今後の事を考えると、100号一枚は載せられると良いので
     すが、ギリギリで入りそうもないのです。どうにかせねば!

     こんな事を考えるのも楽しいモノです!


     家に移ると、家内が台所の窓を掃除していました。レースの
     カーテンも漂白をかけ洗濯されていて、真っ白。
     気分が佳いです。窓の上の所の壁を住まいの洗剤で拭き
     掃除します。高い所は私の出番です。

     レースのカーテンは毎夏洗濯していますが、ポリエステルの
     ためか、切れる事もなく強いな~と、感心しました。
 
 
[PR]

by artist-mi | 2007-08-24 20:10 | Comments(4)
2007年 08月 22日
446.2007/08/22
 日記:
     額の制作を続けております。

     しばらく、練習は出来そうにありませんので、
     お土産をお持ち下さい。
     ロシア版の氷川きよしさんと言う所でしょうか!
[PR]

by artist-mi | 2007-08-22 22:04 | Comments(4)
2007年 08月 20日
445.2007/08/20
 日記:
     
     一作目の額を取り付けました。

     もう、メチクチャ忙しいです。

          今日のデジタルタブローの練習は↓です、一応、3Dですが!
f0080162_21264868.jpg

[PR]

by artist-mi | 2007-08-20 21:26 | Comments(4)
2007年 08月 18日
424.2007/08/18
 日記:

    仮額の制作中です。塗装が主でしたので晴天が嬉しい!
    長さ140cmのモノを12本塗りましたが、ラッカー
    スプレーは、白、銀 各一本、透明を二本使用しました。    


    仮額は展覧会の場合、付ける事を要求される事が多いものです。
    展示前の倉庫に一時保存する時など、画面が接触して痛むのを
    避けるのが一番の理由です。

    付ける以上、本額に相当する立派なモノを付ける方もいますが
    細木を打ち付ける程度で代用する方もいます。
    絵が佳ければそれで十分です。額にお金を掛けていない絵が
    多い展覧会は内容が濃いのが概して普通です。

    本来、額は絵を飾る室内の装飾様式に合っていなければ、可笑
    しいので、展覧会には簡単なモノで良いでしょう。

    重要なのは、絵にマッチし、絵の邪魔にならない事です。この
    場合やはり色味が大切で、出来れば御自分でスプレーしてみる
    のをお薦めします。光沢を押さえるだけでも大部違って来る様
    な事もあります。
f0080162_21403456.gif

     夜、久しぶりでレコードを聴きました。

       ジャクリーヌ・フランソア  詩人の魂。 Col ZL-1055
       ベルナバス・フォン・ゲッツィ  マノリータ  LM20B
       リベルタ・ラマルケ インスピラシォン JA718B
       フランシスコ・カナロ  黒い瞳  JX1093A

                             少しリラックスしましたよ。
[PR]

by artist-mi | 2007-08-18 21:42 | Comments(0)
2007年 08月 16日
423.2007/08/16
 日記:
      三作目が午後完成、仕上げニスを軽くスプレーして乾燥させます。
     天気も暑くよく乾きました。
     (ニスはアルコール溶きのアクリル系を使います。)

     その後、別部屋の二作と並べて具合を診ます。

     イメージ自体は三作とも、まったく別々とは云え三部作のバルールは
     合っていなければなりませんし、構成的な構図も整っている必要が
     あり、実際の画面で確かめてみました。

     小一時間、眺めて一応OKとしました。作品の意図は達している様
     なので先ずは安心です。

     暑さに疲れたのか、絵の前でうとうとしていたら、突然の雷雨、涼しい
     風がサーっと吹いてきました。
     夕刻には上がり、東の空に虹が出ました。
     絵の完成と併せて何やら嬉しくなりましたが、少し気恥ずかしい心持ち
     でもあります。

     明日からは仮額を作ります。 今日の練習はお休みです。
  
[PR]

by artist-mi | 2007-08-16 20:46 | Comments(4)
2007年 08月 14日
422.2007/08/14
日記:
    たまにTVを観たら、朝青龍の謹慎の話しが流れていました。
    
    怪我中のモンゴルでの慈善サッカー出場に批判が出て、謹慎と
    なっているそうです。どうやら抑鬱状態になっているらしいの
    ですね。いろいろな人が訪問して、何やら言っているようですが
    「横綱は強いのに、部屋に閉じこもるなど怪しからん」と言う
    風潮になってきています。

    私には鬱病の様にも見えますので、早く専門の医師に診て
    貰う方が良いように思えます。
    鬱病は、体力の強い人でも成りますし、突然発症する事もあります。
    ましてや、周りの人が闇雲に励ますのは逆効果になると思われ
    家の回りに報道陣が押し掛けるなど、もっての他です。

    この若者に何が起こったか、専門医の対処が必要です。
    人生、いろんな事があります。
[PR]

by artist-mi | 2007-08-14 22:34 | Comments(2)
2007年 08月 13日
421.2007/08/13
 日記:

     今日のノルマ、4枚の貼り付け完了は達成出来ませんでした。
     一枚、張り合わせ線で、被ってしまい失敗です。

     その一枚を再プリントし乾燥中、明日カット、色入れして再挑戦
     します。

     思った通りにはなかなか行きません。少し焦せりぎみです。

           今日のデジタルタブローの練習は↓これ、残暑の太陽を意識
           して創ってみました。
f0080162_2044585.jpg

[PR]

by artist-mi | 2007-08-13 20:45 | Comments(4)
2007年 08月 11日
420.2007/08/11
 日記:
    二作目の再制作が完成、初めより上手く貼れています。
   暫く眺めてOKとしました。三作目もやっと貼り付けに入りましたし
   どうにか目先が付きそうで、一安心です。

   安心したら、どっと暑さが堪えました。

      今日のデジタルタブローの練習は↓です。

f0080162_20555353.jpg

[PR]

by artist-mi | 2007-08-11 20:56 | Comments(0)