<   2006年 05月 ( 30 )   > この月の画像一覧

2006年 05月 31日
93.2006/5/31
 67.構図を修正、その1。

    横長構図の時の意図を生かすため、左右を反転してみます。
    (今回は、フォトショップ エレメント 2 を使用。)
f0080162_20361894.jpg

    だいたい良いようですが、次回は細かく見てみましょう。


   日記: 清々しい一日でした。朝からカッコウが鳴いています。
     ドアーを出たら、偶然にカッコウが飛ぶのを見ることが出来
     ました。
      30m位の高度を、不器用にバタバタと余り早くなく飛んで
     いきます。ハトよりだいぶ遅い感じです。飛行中も例の鳴き
     声を出していました。 何かカッコウ悪い?飛び方でした。

   http://contents.kids.yahoo.co.jp/zukan/birds/card/0262.html


 
[PR]

by artist-mi | 2006-05-31 20:51 | Comments(0)
2006年 05月 29日
92.2006/5/29
 日記: もうすぐ6月、秋の展覧会の作品を制作し始めなければ
     なりません。
      形作るモノが決まってしまえば、ただ邁進すれば良い
     のですが、この時期が一番苦しい時です。
     決定すると云う事は、本当に大変です。

      
      上野の都美術館の改修が平成20年以降?に延びた
     様です、再三変更があったので、まだどうなるか。

      今の都美術館はS50年春からで、その前はレンガ造りの
     広い階段と石柱の立つ美術館でした。大変好きな館でした。
     今の美術館に思い出のある方は、改修前に訪れるのも
     一興でしょう。 


   ブログの更新について、
      ↑ そんな理由で少し制作に集中します。週2回ていど
      にペースを落としますので、宜しくお願いします。
      又、作り方などの事がありましたら、コメントに入れて
      おいて下さい。   
[PR]

by artist-mi | 2006-05-29 18:37 | Comments(0)
2006年 05月 28日
91.2006/5/28
 66. JTrimで作った作品(エジプト風)について。

    制作する時は、私の場合まずイメージがぼんやりあります。
   昔のいろいろな事や、よく逢う人のイメージや、毎日の事件
   の事、音楽を聴いた時など、まあそれぞれです。

    この絵は、小さい時に家にあった祖父の、H.G ウェルズの
   世界文化史大系 15巻、(厚みで40cm位)の中のエジプト文
   明の項の印象が出ていると、自覚しています。

    ウェルズのこの本は大正期のモノで、先史の恐竜時代のいろ
   いろな恐竜の発掘作業や骨格の復元のお話から、エジプト、イ
   ンド文明、ローマ、中世、近世、と続き最後の巻は第一次大戦
   の兵器、タンクや飛行船やシェットランド海戦の写真などまで入
   っていました。子供の私にはとても刺激があった思いがあります。

    特にツタンカーメンの発掘の所は当時の最新の記事の様で
   多くのページがさかれていました。初めて見た砂漠に立つピラ
   ミッドの写真は、とても不思議に感じました。神殿の建物には
   人物の像と一杯の絵、(ヒエログリフ文字?)。
    まったくの、大昔の異国、子供には何とも理解できない事の
   連続でした。

    今度の絵はその印象が大部影響している様です。石積みの
   建物、平面的な絵文字、黄金のマスク、装飾のない型に特化
   したアラバスターの壺など。
    何かが出てきています。

   *: はじめには横構図で作り始めましたが、縦構図に変更しよ
    うと思います。
     理由としては、横より縦の方が壁面に置いた場合、空間が
    取りやすい(小さい作品なので狭い所に置かれる事が多い)
    眼を横に流さなくても良いなど、一瞬のまなざしいは対応しや
    すいと思ったからです。

      まずは横を縦にして見ましょう。
f0080162_1325612.jpg

                                  
f0080162_1332439.jpg

      はじめの意図とは違う感じです、次回はそれを修正して
     みましょう。

      シリーズ物の一つとして作りますので、作品名を メリザンド
     11.とする事にしました。
      
[PR]

by artist-mi | 2006-05-28 13:23 | Comments(0)
2006年 05月 27日
90.2006/5/27
 65.小品の制作。

    昨日お話した、ポストカード位の小品です。
   作品は4月2日(今日のお仕事)で作った、JTrimを試すの時の
   ハガキ大のモノにします。
    一応、B5のスーパーファイン紙に、フォトショップ エレメント2
   プリントビューで60%に設定し、プリントしました。
    手元にある額を充てて見ました。
   こんな所から、さあ~出発します。
f0080162_1493540.jpg

    日記: HDのお話し、あ~失敗してしまった (-_-;)
      ジャンクの2.5インチ 20G トラベルスター 5V 1.0A
      故障品、途中でカックン、カックンと引っ掛かってしまうモノだ。
      ローレベルフォーマットし、スキャンディスクをしてみると、お~
      どうにか成りそうだ。OSも無事インストールし、ドライバーを
      入れ、設定、アップデート、ソフトも入れて、これで万ゝ歳。
       最後にディスククリーンナップ、フラグメントを調えるため
      デフラグを掛ける、これが拙かった。またカックンカックン、先
      に進めない。この二つの作業は、動作温度が高くなってしまう。
      ジャンク品には特に気を付けないと。ついつい先を急いでしま
      い、あ~失敗。疲れた!
[PR]

by artist-mi | 2006-05-27 14:40 | Comments(2)
2006年 05月 26日
89.2006/5/26
 64. 完成です。

    額も付きまして一応完成です。
   出品用ですので、裏面の四隅に、フエルトのシートを貼って
   おきます。立てて重ねた時、他の作品を傷つけないためです。
   つり下げ用の金具は会場で展示業者が付けますので、此処で
   は付けません。

    手前に持っているのが試作、うしろが本作です。
f0080162_18202138.jpg

    まずは、めでたしです。この後は展覧会で展示されました。
   入場者は一万人少々ありましたので、実物を御覧になった方も
   いらっしゃると思います。
    実際はこんな風に作られています。


   *: 次は小型のデッサン額の作品の作り方をお話します。
     実際の額のしつらい方は面倒なものなので出来るだけ細か
     く説明します。額を買ってきて挟んで終わりと言うわけには
     とてもいきません。

   日記: 家内が歯医者に行っている、小さい虫歯と診断された
       箇所が、ただ着色であつた?
        虫歯か着色か医者も判断しにくいと言う事らしい。
       何だか、変に安心してしまった!!    
[PR]

by artist-mi | 2006-05-26 18:39 | D タブロー作り方1 | Comments(2)
2006年 05月 25日
88.2006/5/25
 *: PCの再塗装の話し、Ⅱ

    塗装する上で、何色にするか結局困ってしまいます。そこで
   昔から生活の場にある配色を参考にしたら無難ではないでし
   ょうか。
    英国の洋服地のタータンチェックなど、とても参考になります。
   タータンのサイトで面白いのは、

  http://houseoftartan.co.uk/house/tfinder.htm

     左下のコーナーの名前をクリックすると、見本の柄が出て
    きます。ソースとテーマは面白く、随分古いモノも見られます。
    あとは、マスキングの手間ですね。

     *: obje-na-book-boxさんの個展が開かれています。
       本の函から発展して行ったモノで、とても面白いですよ。
       28日まで銀座 Gallery Togeisha です。
       詳しくは、エキサイトブログのリンクから。
                        (BOOKBINDING..)
    
[PR]

by artist-mi | 2006-05-25 11:27 | Comments(0)
2006年 05月 24日
87.2006/5/24
 63. 額の固定。

    今回は木ネジで止めます。
f0080162_16363386.jpg

    木ねじはプラスの皿、1.6mm径、長さ 32mmのユニクロメッキの
   ネジで、額一本につき3カ所、計12本を使います。
    1ミリ径のドリルで下穴を開け、皿ドリルで軽くさらっておきます。
   隅が上手く合わない時は厚紙などを挟んで調整して下さい。

    せっかく下穴を開けても、キャンバスの釘に当たってしまった時は、
   少し斜め方向に下穴を開け直します。簡単な方法ですが結構良く止
   まります。ただ、相手は柔らかい木ですので力を入れすぎない様に
   注意します。

  * 少し話しが外れますが、普通、額に油絵を入れて固定する時は、
   裏側に釘などで、額縁に打つて止めている事が多いのですが、こ
   れは悪い習慣です。名の知れた額縁屋でも行われていて、困った
   ものです。

    私は、真鍮のヒートンとなべ頭の木ねじで止めています。少々の
   位置の調整も可能です。古めの写真ですが、実際を上げておきま
   す。お試しください。
f0080162_17371153.jpg

 
     
[PR]

by artist-mi | 2006-05-24 17:46 | D タブロー作り方1 | Comments(0)
2006年 05月 23日
86.2006/5/23
 日記: PCの再塗装 の話し。

    ピーチとライトグレー、チャコールグレーのグラディーションの塗装を
   しましたが、始めはミリタリー調を計画していました。迷彩色です。
    これには、(迷彩もどき自動生成) という面白いソフトがあります。

  http://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se248408.html

   これを使った模様を見てみましょう。
f0080162_2013612.jpg

f0080162_2022773.jpg

   少し、色味を平和的に代えてみました。
f0080162_2041999.jpg

f0080162_2043741.jpg

    こんな感じです。
   使用する色数より一枚少なく、厚手の用紙に薄目にプリントしておき
  マスキング材とします。
   必要な穴をカッターなどで切り抜き、スプレーを重ねれば出来上がり
  となります。
   コツは少しマスキング用紙を浮かせて、幾分薄目めにスプレーする
  ようにします。ダンボールなどで練習してみて下さい。
   天板を迷彩にし、パームレストはその中の一色塗りでいけそうです。

   レース模様風なども出来そうです。
  スーパーの料理用品売場の、デコレーションケーキなどの底にひく、
  紙の飾りナフキンが使えます。
   浮かすのが難しいので手間がかかりますが、綺麗です。
[PR]

by artist-mi | 2006-05-23 20:29 | PCとステレオの話し | Comments(0)
2006年 05月 22日
85.2006/5/22
 62. 額のカツト。

    額の四隅は斜め45度にカツトします。
   使った用具と、その実際は↓です。
f0080162_2341892.jpg

    青いモノは、マイターボックスというプラの治具で、ホームセンター
   などに時々見かけます。本当は切断機でもあれば簡単なのでしょう。
   マイターボックスはサイズがいろいろある様で、ごく小さいモノは、
   鉄道模型店(天賞堂など)に置いてあります。
    ノコは胴づきノコの極細の目のモノを使い、固定はハンドバイス?
   でしています。
    細かい調整は、角棒にサンドペーパーを貼り、手作業で削って
   行うしかありません。

    額の寸法としては、
     木枠の実寸で、1807mm×1335mm
     額の厚さが約6mm弱、キャンバスの厚みも入れて6.2mm
     とみて、 上下が、1807+6.2+6.2≒1819.5mm
           左右は、1345+6.2+6.2≒1347.0mm
     組立て実寸では、1820mm、1348mm でした。
  
              
[PR]

by artist-mi | 2006-05-22 23:56 | D タブロー作り方1 | Comments(0)
2006年 05月 21日
84.2006/5/21
 今日はお休みです。

  日記: 久しぶりに晴れたので、部屋と庭の掃除、草むしりです。
      例の雨蛙は二匹、仮設に入って微睡んでいます。蒸し焼き
      には成ってはいません。
      周りの田んぼは、田植えの真っ最中です。
       五月の後半は一番爽やかな季節ですね。何かの記念日は
      この時期にするよう心掛けています。
      
[PR]

by artist-mi | 2006-05-21 21:48 | Comments(2)