<   2006年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2006年 02月 28日
3.2006/2/28
3.能書きが続いたので、今日のお仕事を。
 
  秋の展覧会へむけ下書き案を作っている所で、今日はここまでです。

  フラクタル描画ソフトとフォトシヨップ エレメント2をここでは主に使って
  います。写真は4番目のモノ。

  下書きの目的は、
    モノクロームの階調が美しく出てくるか。
    グレーの面積の割合はどの位がいいか。
    渦巻と節が均等に正しく描画できるか。
    その均等感は何をどう表現できるか。
                                    などです。
  
  色はその場所に色信号が入っていれば、後で色調は考える事にします
  四隅のグラディーションはお試しでまだ余り意味を持たせていません。

  少し眺めて、一二ヶ月は放っておく事にしましよう。
  今、感じている事と違うようにも見えることもありますので。
f0080162_1812366.jpg


   日記:春が近いのに寒いですね、少し冷えたのか風邪ぎみです。
       皆さん、お気をつけ下さい。 
[PR]

by Artist-mi | 2006-02-28 18:13 | Comments(0)
2006年 02月 27日
2.2006/2/27
2.デジタルタブローとは、Ⅱ

デジタルタブローという名称は!
  デジタルは英語、タブローはフランス語、これって可笑しいでしようか。
 いかにも日本語の特長、柔軟性を表していると思うのですが。
 たとえば、Piano Concertoを、ピアノ協奏曲と言っても誰も不思議に
 思わないと同じでしょう。それにデジタルタブローを作成するプリンターは
 生産量、性能とも日本の独壇場であった事を考えると、他の国では発生
 しにくかったと想像できます。

  デジタルを使った全紙などの写真があるではないかと言うご意見も
 ありましょうが、実際的には表現方法としてかなり絵画に近く、作成の
 実際中もプリンターとPCは重なり合って進んで行くのが実体で異なる
 モノです。

  そんな訳でデジタルタブローという名称を使おうと思いました。

 日記: 植木屋さんを入れることにした、2年ばかり入院、静養で全く
      茫々になった。家人がいろいろ面倒を見ていたのだが、これ
      以上は無理になってきた。隣地の立木も少し伐採するそうで
       景観が変わる。何となく木を伐採するのは気が滅入るな。
[PR]

by Artist-mi | 2006-02-27 15:44 | Comments(0)
2006年 02月 26日
1.2006/2/26
1.デジタルタブローとは。
 
 簡単にいうと、パソコンで描画し、プリンターで印刷、額を付けて
 壁に飾れる様なアートの平面作品となります。

 私の作っているのは主に抽象画で、油彩や日本画などと同様の
 画法として確立したいと、もっか奮闘中です。
  日記と共に現在制作中の作品や、一般的な誰でも出来る作品
 の作り方などを上げますので、いろいろ作ってみて下さい。
 季節ごとに絵をかえて楽しむのも好いですね。
  作り方の方は三月から五月末までで、ひと通り掲載する予定に
 しております。
  質問はコメントで頂ければ、わかる範囲でお答え致しますので
 どうぞ。
                       それでは、よろしくお願いします。
[PR]

by artist-mi | 2006-02-26 21:45 | Comments(4)