カテゴリ:ミニァチュール( 18 )

2008年 08月 07日
679.2008/08/07
  日記:

    仮額をセットしてみました。一応OKの様です。
   暫く眺めていましたが、完成と云う事にしました。
   
   問題点も少しあるのですが、これからの勉強点としましょう。
   かなり、ウェットな感じの絵でもあるんだと再認識しています。


   午後、落雷があり停電。
   ミニァチュールの制作をしていました。
   これは、行き先が決まっています。

   完成した作品。
f0080162_20214435.jpg

[PR]

by artist-mi | 2008-08-07 20:29 | ミニァチュール | Comments(0)
2008年 08月 06日
678.2008/08/06
 日記:

  広島原爆の日

   昼から雷雨、この二三日、雷続きで作業が出来ないので朝早くから
  どんどん額の再塗装をしてしまいました。終わったらゴロゴロです。しめしめ !

 
   午後は久しぶりで、ミニュアチュールの原画を作ってみました。
  原画は1.28MBの画像です (ブログにはJPEGで上げます)。
  
f0080162_18541960.jpg

[PR]

by artist-mi | 2008-08-06 18:55 | ミニァチュール | Comments(4)
2008年 05月 06日
629.2008/05/06
 ミニァチュール完成。
  
   一応、完成しました。思ったより遠目でも保ちます、以外でした。
  ルーペでゆっくり観るのが楽しいですが、壁に掛けても大丈夫みたい
  で一安心。
   もっと華やかで目立つ色彩を考えていたのですが、これでも良かった
  様にもみえますが・・・・・!
  ブラームスの第4交響曲の一楽章のテーマを画面に埋め込んであります。
http://www.youtube.com/watch?v=yCaaPaQx5zg&feature=related
f0080162_1641091.jpg

 番外。
   2mmのアクリル板が余っていたので、もうひと作品つくってみました。
  
  ポータブル・デジタルタブローと云う感じのものです。
  作品がアクリル板に接触してしまうのが難ですが、持ち歩いて楽しめる
  のがミソ。ほぼ名刺サイズ、ルーペで観ると立体的に見える様、設定し
  てあり、見飽きない所があります。(ちょっと自画自賛ぎみ!)
  派手な色でディズニーランド状態です。ケースが無いと傷が付きやすい
  ので何か作ってみます、どんな材料にするか思案中・・・・・。
f0080162_16431755.jpg

[PR]

by artist-mi | 2008-05-06 16:53 | ミニァチュール | Comments(7)
2008年 05月 05日
628.2008/05/05
  日記:
  
    ミニァチュール額の前面ガラスを入れ替えていました。
   添付のガラスは塩ビの1mm、交換するのはアクリル透明の1mmです。
   1mmは少し強度が落ちます、例えば額のアゴがいびつになっていると
   ガラス面が歪んで入って仕舞います。いろいろ調整しますが、隙間が
   大きく空かない様注意します。
   
   今回は特に小さい額なので1mmを使いましたが、通常は2mm位を使用
   して下さい。
   キズが付きやすいので取り扱いに注意します。
   
              今日のデジタルタブローの練習は↓です。
                 赤の下側右部分の紫の斑点は残してみました、
                 空間を意識させたい為ですが・・・・・・・・・・・・。
f0080162_205209.jpg

[PR]

by artist-mi | 2008-05-05 20:53 | ミニァチュール | Comments(0)
2008年 05月 04日
627.2008/05/04
  ミニァチュール制作続行。
  
   適当な厚みのマットボードが見つかりませんので、いろいろな厚紙を
  探していましたが、薄いモノが見つかりません。
  
  マッドは前面のガラスと作品が接触しない様にするモノです、また中性紙で
  ある必要があります。
  
  作品の小ささと比較して額の厚みが過剰ですし、その上マットが厚いと影が
  作品に射してしまい大変見難い状態になってしまいます。薄くしないとなり
  ません。
  
  今回は印刷用紙を使う事にしました。作品をプリントした用紙の白地とマット
  の白い色に差があると不自然な感じもありますので、適当でしょう。
  
  厚みを出すため、抜き落とす部分を×に切り込みを入れ裏に折り曲げてみた
  のですが、一部に折り目に割れが生じてしまい断念しました。表面のコートが
  予想以上に堅いためです。他のメーカーの用紙を試してみる価値はあると
  思います。
  
  今回は、しょうがないので二枚重ねにして対処してみました。その切り抜きの
  模様はこれです。
f0080162_20471752.jpg

  作品にマット二枚を組み立ててみました。ヤマト糊で四隅を留めています、
  また、作品の後ろにも同じ用紙を当てて補強と発色を良くさせています。
  この状態で額に入る寸法に揃えて、カッターナイフでカットします。
f0080162_2048690.jpg

  部品を揃えた所です。
  前のガラスは塩化ビニールの様で、透明性や平板性が良くありませんので
  アクリルの透明板をカットする事にします。
  
  額は緑色に塗装済みですが、光沢の具合を再度調整の必要があります。
  
  裏板はパーチクルボードで吸湿性が少し有ります、保存には不向きなので
  透明のラッカーを両面にスプレーして対処します。
  
  まだまだ組立には入れません。
f0080162_20484315.jpg

[PR]

by artist-mi | 2008-05-04 20:49 | ミニァチュール | Comments(0)
2008年 05月 01日
625.2008/05/01
  ミニァチュール制作中。
  
    前日の作品にいまいちピントこないので、再度トライしてみました。
   円をメインテーマにしていますが、前日の設定式に僅かな変化を与えて
   います。殆ど変わってはいませんが、ガラリと違っています。
   此にも同じメロディーが埋め込んであります。
   それで出来た作品はこれです。(512×512ピクセル)
f0080162_1744553.jpg

   前日のモノと一緒にプリントします。

   塗装した額を載せていろいろ具合をみています。
f0080162_17461266.jpg

   中央のモノは試しにより細かくさせて計算させてプリントしたものです。
   オーバースペックなのですがルーペで良く観ると滑らかなプリントに仕上がっています。
   実は原因は不明。

   右上の画像がそれです。
f0080162_1747197.jpg

   明日から額の装丁をします。
   
   少し、草臥れました。
[PR]

by artist-mi | 2008-05-01 17:48 | ミニァチュール | Comments(2)
2008年 04月 30日
624.2008/04/30
  日記:

    初夏の様な一日、百舌鳥が庭を飛び回っています。

    一日中、ミニァチュールの原画を作り込んでいました。

    出来上がりは、この位の大きさです。
    小さいので、派手派手の配色にしています。 (150×150ピクセル)
f0080162_203343.gif


    小さいので引き延ばしてみると。(少し色、構図を変えてます)
    この画像には私の好きなメロディーが埋め込んであります。
    曲名は内緒、内緒・・・・。         (600×600ピクセル)
f0080162_2033591.jpg


    
    作品の大きさは42mm×42mmにします。

    もう少し、濃い内容が欲しい気もしいます。
[PR]

by artist-mi | 2008-04-30 20:07 | ミニァチュール | Comments(0)
2008年 01月 20日
528.2008/01/20
 ミニァチール 2

   四つ前の九日に上げた、木製の額に入れる作品を考えて
  いました。

  プランは150×150ピクセルで作ってみました。
  実際は1700×1700ピクセルのモノを3cm角に
  印刷しますので、虫眼鏡で見るとこの画像より遙かに細かい
  ディテールとなるはずです。
  色はかなり彩度が落ちるので、実際は印刷しながら微調整して
  行きます。

  プランは四つ作りましたが、これから良さそうなモノを
  選び作りこんでみます。まだまだ頑張らねば。

  さて、とりあえず皆さんはどれを選びますか!

   プラン 1
f0080162_17262048.jpg


   プラン 2
f0080162_1726375.jpg

  
   プラン 3
f0080162_1727313.jpg


   プラン 4
f0080162_1727201.jpg


   小さすぎなので実際の1/3まで拡大してみます。
   プラン2の色変わりです。小さい作品なので派手な赤にしてみましたが!
   実物はBMPファイルですが、これはJpgですので細かい所があやふや
   気味になっています。
f0080162_19442352.jpg

[PR]

by artist-mi | 2008-01-20 17:29 | ミニァチュール | Comments(10)
2008年 01月 09日
523.2008/01/09
 ミニュアチュール 二作目

  午後は二作目の制作をしていました。

  手頃な額を手に入れていたのですぐに取りかかったのですが
  思ったより手間取り失敗しました。再度トライします。

  何を作るかの絞り込みが明確でなかったのが、いけませんでした。
  ただ、額の色を配慮し、細かくしない事位でスタートしたのが
  拙かった様です。

  本来なら絵が先に仕上がって、それに合わせて額を作るのが
  本筋なのですが、こんな小さい額はなかなか無いので逆になって
  仕舞うのです。最後の段階で再塗装も含め調子を整えるつもり
  でいます。

  一応、額の写真を上げておきます。百円ショップで探して来ました。

    外形寸法 76mm 正方形です。ガラス部は塩ビ製、これは
    透明のアクリル板に交換します。裏板はフィバーボードで
    ラッカーで塗装の予定。
    棹部はパイン系木材、透明ラッカー仕上げです。

    マットを作りますので、作品の大きさは30mm×30mmの予定です。

    
  さて、考えましょう・・・・・!!!
f0080162_20365474.jpg

[PR]

by artist-mi | 2008-01-09 20:40 | ミニァチュール | Comments(4)
2007年 11月 12日
493.2007/11/12
  額にいれてみました。

     例の額に入れてみました。マットは適当な薄いモノが
    ありませんので、1mmの板目紙をカットして使用します。
    マットが無いと、紙とガラスが直接接触してしまい、痛みが
    出てしまいます。

    今日は試しで明日、封紙をはり固定します。トンボは真鍮に
    交換しました。

    大きさの比較のため、ケーキ皿に乗せてみました、小さい
    でしょう~。
    絵の写真では、分かり難いですが実物は立体写真の様に
    モチーフの重なりが浮き出てきま~す!
f0080162_1918414.jpg

 
[PR]

by artist-mi | 2007-11-12 19:19 | ミニァチュール | Comments(6)