カテゴリ:アール・デコなAmp ( 17 )

2012年 08月 19日
2012/08/18
 日記:

  昼より雷盛ん。夕方雷雨もの凄く心配な位、幸い半時間で上がり一安心しました。
 雄猿来宅、芝生に座り込みしばらく眼をつぶっていたが、気配に西に逃走。

 最近の雷雨は凄い雨量で驚きます。これで夏も終わりかも!

  夏バテで意欲減退気味、これでは遺憾とデコアンプを作り進めていました。一応音が
 出る所まで辿り着ました。

  音の最終結論はまだ出ていませんが、やはりちと出力が少ないですね。最大で0.26W
 4%歪みを許せば0.35W程度です。これでは使えないかと言うと、これがなかなかの音。
 小生が作ったアンプでは最小の出力ですが。
 データーでは判らないモノですね。音の印象は清潔で癖が無く、分離が自然、帯域のバランスも
 とても良くまとまっていました。かなり大人びた音がし、立派な鳴りっぷりです。

   電圧値を上げておきます。
    AC102.5V時 R9 51KΩ R5 81Ω R4 406Ω R7 500Ω に変更。
            C2 3200pF に調整。C11000μFに。 Rは大体実測値。
              左右チャンネルはおおむね同値でした。

    ヒーター電圧は直流点火で6.21V
    +B  308.4V

     出力段 プレート電圧(対E) 305.6V
          カソード電圧値   64.2V
          プレート損失値   2.77W

     初段  プレート電圧(対E) 57.9V
          カソード電圧値   1.22V

     雑音値 入力ショート 8Ω負荷 補正なし 約0.11mV
     NF量  3.5dB 

   製作中の配線、CRの取り付け状況を上げておきます。ミスってLEDを壊して
   しまい豆球に変更しています。

f0080162_18342027.jpg
  


   大体完成しています。抵抗器は東京光音電のRD型を多用、出力段のカソード抵抗は
   デールのNS-2Bを使用。クリックで少し大きくなります。  
f0080162_18344261.jpg


   0.1W時の方形波の再生状況 8Ω 10KHz 

f0080162_19284447.jpg


   その入力波形で、負荷に0.2μFの容量を並列に負荷した時。

f0080162_1930170.jpg
 

   0.1W時、8Ω 100Hzの方形波再生状況

f0080162_1931385.jpg
 

   アンプの全景

f0080162_1935061.jpg



   試聴に使用したソース。暇になったらゆっくり測定をするのが楽しみです。

f0080162_19322863.jpg



   追記:19日 6NS7GT S アンプ の音質評価

    通電運転を7時間ばかりしておりました。だいぶ調子が出てきて真ともな音質に
    なってきました。
    出力の小ささは以外と通常の音量では気になりません。左右のセパレーションは
    とても良好で楽器配置が細かく聴けます。歪みは少なくないと思いますが、かなり
    繊細感があり、音が高音から低音まで、また小さい音から大きい音までの変化に
    一定の均一感があり素直です。雑音はスピーカーからは聞き取れませんでした。
    楽器の音色の変化や響き、ハーモニーが良く出て来ます。途中曇りを感じたのですが
    プリアンプのセレクターSWの接点が汚れていたためでした。早速クリーニングを実施。
    低音は厚くはありませんが、十分な音量があり、かなり低い音も綺麗に再生されました。
    再生帯域はシングルアンプとしては広いと思います。高音は癖が無くヴァイオリンの
    E線のハィポジションでも音色の変化が良く再生されています。この辺は良い抵抗を
    使った効果が大きいと経験的に思います。サブの聞き流しシステムとして極めて
    上質な機械となりました。もう少し出力が欲しいかな!
    
    アンプからの発熱は少ない方で消費電力も少ないのです。これは夏には佳いですね。





 
[PR]

by artist-mi | 2012-08-19 20:19 | アール・デコなAmp  | Comments(2)
2012年 08月 06日
2012/08/06
  日記:

    朝から久しぶりの雨、かなり降りましたが地温が暖まっているせいか、
   雨が上がると直ぐに地面が乾いてしまいます。
   午後は蒸してきましたが、それでも昨日よりは増しです。

   過ごし易くなったのでデコなアンプの製作を進める事にしました。
   真夏にハンダ鏝を使うのは暑すぎて・・・・。

   電源の平滑回路とヒーターの直流点火回路をシャーシーの中に組み入れました。
   狭いと言えは狭く、広いと云えば広々で何とも・・・・。少し収まりよくするため
   部品の取り付けを修正して組み入れています。 シャーシーの内部塗装に
   剥がれる所が出てしまいました。もっとしっかり塗装すべきでしたが・・・・。
   先ずは組み込み状態の写真を御覧下さい。

f0080162_1821982.jpg



     今夜の一曲。

       Mendelssohn Violin Concerto, Janine Jansen 1-4

         オケと指揮はかなりどうもですが、Jansen さんがとても佳いです。
         特に117小節(2:57秒位から) restez から本来の調子を取り戻し
         126小節 tranquillo からは誠に美しいです。182小節はとても
         チャーミング。

        





 
[PR]

by artist-mi | 2012-08-06 18:25 | アール・デコなAmp  | Comments(8)
2012年 07月 17日
2012/07/17
  日記:

   梅雨明け宣言でました、さすがに暑いです。34度。今の室温でも33度です。

  キャンバスの張りの調整と割付のためのライン引きを一日していました。
  乾燥がいまいちなので微調整に苦労しています。

  昨夜は気が向いたので、ハンダ鏝を握り電源基盤を作っておりました。
  この前のレイアウトを作ったわけです。その写真を上げておきます。
  600V耐圧のコードは22番しか手持ちが無いので、少し太目で見栄えが?
  LEDはパイロット・ランプの所に入る様にしました。

    
f0080162_181698.jpg


    
f0080162_1816283.jpg


     今日のデジタルタブローの練習は↓です。

f0080162_18201232.jpg



     今夜の一曲。 素晴らしい演奏に聴き入りました。

       Cziffra plays Rachmaninov Piano Concerto No.2

        
[PR]

by artist-mi | 2012-07-17 18:20 | アール・デコなAmp  | Comments(2)
2012年 07月 13日
2012/07/13
 日記:

  仕事です、キャンバスの割付と印刷に一日ついやしていました。
 気晴らしに下のくろねこヤマトにDynaさんの賞品を出しにも行って来ました。
 
 帰りがけに渡った川は凄い増水、まだまだ雨は続くのでしょうか。

 帰りの車のラジオはいじめ問題をやっていました。教育委員会、学校のやった
 ことは残念ながら、間違っていますね。
 日本のいろいろな組織は目的を果たす為に作られたはずなのですが、組織を
 維持発展させるために仕事をしているようですね。官僚から国会、裁判所・・
 地方の役場、はてはいろいろな会社、組合など・・・・、何のために在るのか
 さっぱり機能しない組織の多い事、昔からずっと続いています。これに眼を
 瞑る政党など無用です。分裂するのは当たり前です。
 零戦と云う素晴らしい戦闘機や大和と云う強い戦艦は作れても、その運用を
 正確に効果的に発揮出来ない組織しか作れない日本とは情けない国なのです。
 消費税増税を貫徹すると云う自己満足にしたって、己の美学に邁進する首相の
 なんと危ない事。壊れた四号炉のたいへんな危機性は頭に入らない政府の無能さ。
 今夜の首相官邸前のデモもさらに膨らんでいるのでしょう。これ、当たり前です。
 組織はその責任を必死で果たさねば、存在の意義がありません。無責任の陰で
 どれだけの人が泣いているか!

  夜はデコ・アンプの電源基盤のレイアウトを考えていました。前のより回路が
 変更になりましたので、書き直しです。少し基盤の端子が余ってしまっています。
 かなり付け焼き刃ですが、その図を上げておきます。クリックで大きくなります。

f0080162_20264934.jpg



    今日のデジタルタブローの練習は↓です。

f0080162_20274017.jpg



     今夜の一曲。

      Clara Haskil plays Chopin 2nd piano concerto - II. Larghetto

       










   
[PR]

by artist-mi | 2012-07-13 20:28 | アール・デコなAmp  | Comments(2)
2012年 07月 07日
2012/07/07
 日記:

   七夕。午後になり天気は急速に回復してきました。星が見えそうです。
  
  基底材の準備をしていました。今回は100号です。湿気が多く実際は先です。
  仮額の準備、色の塗装もしないと・・・・!

  デコ風アンプの方は電源部の最終設計をしておきました。22μを出口に追加して
  あります。これは高域側の電源インピーダンスを下げて整えるためです。1μの
  フィルムCを予定していましたが、電解にしました。6SN7GTはおそらく高域に
  特徴がありそうなので、その辺を生かしたい為です。おそらくセパレーションが
  より良くなるでしょう。
  回路を上げておきます。

f0080162_18452111.jpg


    
   今日のデジタルタブローの練習は↓です。

f0080162_1952392.jpg



     今夜の一曲。

       Jiri Kylian "Birth-Day"

        

      ちょっと興味をひくモノは。   
[PR]

by artist-mi | 2012-07-07 18:45 | アール・デコなAmp  | Comments(2)
2012年 07月 06日
2012/07/06
 日記:

   忙しい一日。

   歯医者に行き、仕事場の石油ストーブを清掃格納。秋の展覧会の下書きを進め。
  夜はデコ・アンプの回路図を精査。

  歯医者が一番緊張しますね、神経を抜くのも実に嫌な感じです。痛みほぼ無いのですが
  やはり少し抵抗のある食物を噛むと自然とは違います。これで少し様子を観ると医者は
  言うのですが?

  下書きをいろいろ進めていますが、結局始めに描いたモノが一番アピールしています。
  この3時間は自分自身を納得させるための仕事と云うわけでした。

  忙しくて作れなかったデコなアンプを、またぞろ始めています。塗装も完全乾燥です。
  先ずはアンプの回路をいろいろ精査です。手持ちの部品をなるべく使いきる様に、また
  貯めておいた良い部品を使い少しでも前作の12BH7ASより音質を上げたいのです。
  実装の具合や直結、負帰還量などを考慮、抵抗値は実測値で行っています。
  一応の回路図を上げておきます。前作より簡単になっています。

f0080162_1049596.jpg


    今日のデジタルタブローの練習は↓です。

f0080162_2132855.jpg



     今夜の一曲、私のたいへん好きなこれ。

     "Nada más" D'Arienzo "Mercedes Serrano" 1971 TANGO

      
[PR]

by artist-mi | 2012-07-06 21:36 | アール・デコなAmp  | Comments(2)
2012年 04月 25日
2012/04/25
  日記:

    出掛けるのに、ちょっと羽織るジャケットを探しに行ってきました。
   大型ショッピングセンターがこの県にもあり、そこにユニクロが入っているので
   まずは、その辺から探してみたのですが・・・・・・・・! 安物しか買うつもりがないので
   今年のデザインものは少しお高いのですね。 型落ちはかなり安いのですがサイズがありません。
   こうゆう時、小生は必ず高いモノは買わない性格になってしまいました、とくにこの数年は。
   田舎暮らしで外出が少ないし、良いモノを買っても着て行く所がほとんど無いのです。

    ぶらぶらと他の店を見てまわると、何か同じ様なジャケットがいろいろ有るのですね。
   好みの深い紺で、夏向きの麻のラフなモノを探し出してみました。サイズは幸運にもぴったり。
   これ一枚あれば、後はどうにでもなるでしょう。
   それに、男はいざとなれば、背広を着れば済んでしまいますし。

    
    夕方から、アンプの組立をしていました。塗装は完全に乾燥状態になったのですが
   結構剥がれてきます、アルミは食い付きが悪いです。塗り分けはぼかしています。 
   デコ風にデザインしたつもりが 、家内によると「バンダ顔」だそうです。 うぅ~~!
   写真を上げておきます。内部はまだ空、入力は二系統です。色的には上の二枚が
   本来の色に近い感じです。ねじはなるべく隠くしましたが、ソケットの所に残っています。
   古いJISのマイナスねじを探し出し磨き直して使いました。

f0080162_20593055.jpg


f0080162_20595125.jpg


f0080162_2101682.jpg

[PR]

by artist-mi | 2012-04-25 21:01 | アール・デコなAmp  | Comments(0)
2012年 04月 20日
2012/04/20
 日記:

   この数日風も緩く暖かい。今日も午前中は薄曇りでしたので、去年からのデコ・アンプの
 塗装をしておりました。ラッカースプレーを少し吹いては、仕事中は乾燥させておくわけです。
 ゆっくり乾燥させるのがコツです。急いでは駄目ですね。何時も急いで失敗ばかりしていますから!
 
   色は当初のプランどおりですが、出来てみると少し古い感じが出ていて良かったかな~~!
 PTのコアーの色は変えるかも知れません。 回路もオリジナルに近く成る予定です。
 写真を上げておきます。クリーム色が白っぽく写っています。

  
f0080162_18195480.jpg


  
f0080162_18201514.jpg


  
f0080162_18204043.jpg


  
f0080162_1821281.jpg



      今日のデジタルタブローの練習は↓です。

f0080162_18215237.jpg




      今夜の一曲。

       Henryk Szeryng - Novacek Perpetuum mobile

          









   
[PR]

by artist-mi | 2012-04-20 18:23 | アール・デコなAmp  | Comments(4)
2012年 01月 19日
2012/01/19
  日記:

    マイナス10度の夜が続きます、これからの20日間が山でしょう。
   今夜は雪の予報、早速雪かきの準備をしています。

    仕事の合間にデコなAmpの続きもすこし。
   やっとマイナスの小ビスを探しだしました。磨きを掛ければ使えそうです。
   抵抗器も昔のL型抵抗も探したのですが、中古のせいか数値がプラスに偏って
   いました。これでは使用は不可。しょうがないのでP型のカーボン抵抗で我慢がまん。
   布引きのコードも少しありましたが、ぼろぼろで、これも耐熱ビニール被覆を使うしか
   ありませんね。今回はヒーターを直流点火しますが、これも当時は無いわけですし
   電源もパワー・ダイオード整流とですので、この辺の配線は現代風に平ラグでまとめて
   作ってしまう事にしました。アンプ部だけは昔の様にせめて立てラグを使います。

    ヒーターの点火ブロックのプランと実物。電源ブロックのプランを上げておきますので
   御覧下さい。(オーバー・スペックな部品は通販を利用したため、小さいものが無かったので)。

f0080162_17435273.jpg
  

f0080162_1744332.jpg


f0080162_1745577.jpg


        今日のデジタルタブローの練習は↓です。

f0080162_1824041.jpg
  


           今夜の一曲。

             Sir Georg Solti - Elgar: Enigma Variation IX 'Nimrod'

               
  





     
[PR]

by artist-mi | 2012-01-19 17:45 | アール・デコなAmp  | Comments(4)
2012年 01月 05日
2012/01/05
 日記:

    デコ風アンプの続きです。

     どうにか正月中に出来るだけはと思い、一応のきりまで作ってしまいました。
    残りの製作は梅雨か秋になりそうです。回路も決まり部品自体も総てそろっています。

     この段階での状態を上げておきますので・・・・。
      穴開けが終わったメインシャーシー。部品の取り付けビスが見えない様にしています。
      
f0080162_1855347.jpg


      シャーシー内部の部品取り付け金具、放熱板など。
      
f0080162_18563790.jpg


      簡単な実体配線図案。クリックすると少し大きくなります。(この作業が一番楽しいのです)。定電流化は無理と思いますが、部品があればです。
      
f0080162_18575133.jpg


      シャーシーの塗装配色サンプル案。 デコっぽい配色を狙ってみましたが・・・。
      
f0080162_18595663.jpg
 


         今夜の一曲。

          Janine Jansen Jules Massenet Meditation from Thaïs

           この演奏に年甲斐もなく、つい涙してしまいました。 素晴らしいと云う一言に尽きます。
           Jansenのボーイングは実に魅せますね。

           この楽譜のはじめには、Andante religiosoと記されています。つまり
           ゆっくりと敬虔にと云う感じです。敬虔にとは、うやまいつつしむ気持ちの深いさまです。
           なかなか、そう云う演奏には会えません。
            ちなみに、私の好きなブラームスは生涯religiosoとは書きませんでした。
           男の子ですねと言うべきか?はたまた革新者の心か、興味が湧きます。

 
     







      
[PR]

by artist-mi | 2012-01-05 17:54 | アール・デコなAmp  | Comments(6)