2015年 07月 23日 ( 1 )

2015年 07月 23日
2015/07/23
  日記: ( Vienna Acoustics Haydn Grand Symphony Edition)を慣らし運転終了か----4。


  今年の3月20日に届いてから、だいぶ時間が経過しましたがやっと慣らし運転が終了した
 ようです。全再生音域が非常に敏感でよく鳴るように成りました。しかし随分時間が掛かった
 ものです。癖のある音があまりせず、とてもまろやかで嫌味がありません。一時は中高域が
 ドロンとしていて、スパット音離れがせず、如何なる事かと思いましたが・・・・・。
 夏の暑さのせいか? いやまた湿度の上昇のせいか・・・? 何だか判りませんが・・・・
 かなり本格派の再生音になったのです。 

 歌が良いです。歌詞がとても良くわかります。最新のSACDの録音から古いSPレコードまで共通
 した特徴です。ソプラノ、アルト、バスなど関係なく良いです。
 ピアノのタッチも明快、ピアノメーカーによる音色の差がとても良く出てきます。
 弦楽四重奏もバランス良く、楽器の配置が明快です。オケも秀逸、特にビオラやチェロの
 パートが明確です。強音でも崩れません。箱の作りが凄く頑丈の様ですね。

 毎夜、いろいろ聴いて楽しんでいますが、それにしても慣らしに時間が掛かりすぎですね。

  先日、アキバのヨドバシカメラの試聴室でいろいろなスピーカーを聴かせて頂いたのですが
 そこのハイドンはほとんど慣らし運転がされておらず、かなり鈍い音しかしませんでした。
 この音だと誰も選ばないでしょうね。4オームと能率が低めの所も注意が必要です。
 B&WやDaliの同価格程度のモノも比較してみましたが、俄然それらの方が真ともな音がして
 おりました。とくにちょい聴きでは高音が良く出ていたようです。スピーカーを買う時には
 誰でも試聴は必要ですが、お店での試聴だけではなかなか判断は出来ないなと実感しました。
 周りにお使いの方はいらっしれば聴かせて貰うべきですが、なかなかこの手のSPを持っている
 人も少ないしなぁ・・・・!


  今夜の一曲。

     Charles Aznavour - La Mama
          アズナブールの行くサルトリアと知り合い、夏にフィティングする事に
          なりました。彼に敬意を表して。


      
[PR]

by Artist-mi | 2015-07-23 20:36 | PCとステレオの話し | Comments(2)