2009年 07月 25日 ( 1 )

2009年 07月 25日
 芸術作品とは???
 芸術作品とは?

  この疑問に答えるのかなり厄介な事だ、私はかなり古い人間だし、今は田舎暮らし
 世情には疎い事おびただしい。しかも抽象画と云う些か古い土俵で作品を作っている
 ので、総ての事を把握など到底出来ない。せめて新しいと云えば、数式で総てを
 行っている点だが、これとて21世紀の初めにはあるていど解っている事なのだ。
 また、表現手段は20世紀後半にはとてつもなく広がって、テクノロジーの発展は凄ま
 じい。
  そんな訳で、些か心許ないが古くさい自分の考えを整理してみた。

 今まで見てきた先人の考えで成る程と思えたのは、ラスキンの言葉だ。
  「芸術作品は、よく見えるばかりでなく、よく語り、よく作用するモノでなくては
 ならない。」と彼は言った。これはなかなか芸術の本質を表した名言と私には思える。
 しかも、とてもイギリス的な問題意識だ。漱石の文学論にも彼の美学の話しがある。
 彼はナショナル・トラスト運動の創始者としても知られている。

 「よく見える」を重視し他を軽んじると、唯美主義となるだろう(オスカー・ワイルドや
 ラファエル前派など・・。) これらは芸術の三分の一を云い表している。

 「よく語る」を重視すると、ある種の道徳とか思想とかを云う事となるのかな。(例えばトルス
 トイや、社会主義リアリスト達の作品。)この芸術は宗教的とか政治的とかの概念を示す
 効果的な方法となっている。それでこの種の芸術の価値は伝えようとすることの重要性
 そのものと一致する事につきると云うわけだ。
 
 「よく作用する」とは、芸術の価値がその機能の有用性に一致すると云う事で、例えば
 建築の目的(丈夫で便利、広々、清潔・・とか。)にかなった建物はよい芸術作品だと云う
 事になるわけだ。工芸やインダストリアル・デザインなどもそう云う事だろう。
 
  ただ、この三つの考えを基準とするのは、そう簡単な事とは思えない、建物の場合
 よく作用するかどうかの効果は暮らせば判り安いだろうが、彫刻、絵画の場合よく作用
 するはかなり判断しにくいし・・・・。

 よく見えると言っても、絵や建築がどんな時によく見えるかは、だいだい想像がつき
 判るモノなのだが、私達はある場合は、それが趣味や趣向の問題である事も判るし、
 あるモノがAの場合は二重丸だが、Bの時は×であると云う判断も知っているし、
 同じ芸術作品が各個人により反応が違うと云う事も当たり前の事ではある事も判る
 のである。各個人の反応は性格又は気質、経験、環境、時代、地理、性別、年齢・・、
 などにより、とても複雑な要因によっている。
  こうなると、まったくわけが判らないが、これを解決する唯一の方法があるのでは
 ないだろうか。

 それは、芸術の視覚的特徴は個人の判断の問題ではなく、ある自然法則の結果である
 ような「美」を持っているか、どうかによりと考える方法だ。これはあくまで私個人
 の判断ではあるのだが、かなり昔から(プラトンあたり)ある話しでもある。
  例えば、山であったり、花であったり、絵であったり、建物であるかは問題では
 なく、自然の内にあって、芸術作品に模倣される一定の調和、ある種のバランスが
 有るか否かによっていると考えるわけだ。
 
  少し長くなったので、残りの二つには言及しないが、三つの機能をすべて満たす
 なら、完全な芸術作品なのかと言うと、自信をもっては「そうだ」とは私は言えない。
 おそらく、現代ではますます芸術を明解化しようとすると、われわれは特殊化しな
 ければ成らないだろう。今は作品の種類を分類するだけでも頭が痛くなるほどだ。
 
  最後に敢えて総括らしきものを行うとすれば、芸術は一つの言語、伝達方法の一つ
 であろう、詩人のワーズワースやトルストイなどは、ほぼ同じ意味の事を言っている、
 「人がかって経験した感情を私の心の中に呼び起こすこと、またそれを、運動、線
  色、音、あるいは言葉、動作などなどで表し形にして、他人にその感情を伝える事。」
 だいだいこんな事を定義している。かなりロマン主義的に思えるが、存外現代美術に
 も当てはまりそうだ。
 ただ、トルストイはこの「感情」に固執していて道徳性を強く主張する。おそらくこの
 考えは彼を社会的偏見に陥ってしまった様に思える。これはかなり危険と私は思う。
 芸術の唯一の普遍的特徴は「美」であると思うが、美は純粋に形式的な特徴であって
 いかなる意味でも道徳的な特質ではない事に注意しなければならない。芸術が
 奉仕すべきとする社会制度や宗教的な意気込みが消滅しても芸術はなお生き残るのが
 その特徴であると私は思うのだ。
  「美」について始め体系的に書かれた芸術理論は古代ギリシャの哲学者プラトンや
 アリストテレスであり、「ミーメーシス」と云う概念は少しずつ形を変えてはいるが
 ローマ時代、中世、ルネッサンス時代、専制君主時代、市民社会、産業革命の時代、
 現代にも有効な考えと思え生き残って来ているのは、なかなか大した考えだと思える
 のだ。


  さらに付け加えれば、創作者である私としては、作った作品が「ミーメーシス」の
 「美」の規範から逸脱していないかを、何時も検証していると云う事でもある。作者
 の私にとって、芸術的な感情とは、存外そんなものでしかないのだ。私自身の個人的
 感情などに取り付かれるのは、おそらく「美」にはちっとも近づけないと思えるのだ。

 勿論、他の創作者の事は私にはまったく判らないし、創作中はまったくこの事などは
 考えてはいない。

 かなり堅苦しい文章になってしまいました、御免なさいね。  (2012.1.14 加筆)。
 
 
         そんな事より練習をしなければね!今日の練習はこれです。

f0080162_17104814.jpg


    今夜の一曲。

     Cziffra plays Chopin Impromptu Op. 51

     




 
[PR]

by artist-mi | 2009-07-25 17:17 | Comments(7)