2016年 12月 04日
2016/12/04
  日記:


    野暮用で上京、時間が余ったので秋葉原の部品屋さんをブラブラして来ました。
   
   PCオーディオ用に使っている12BH7Aシングルの音質を上げるため、最近の抵抗の
   交換の成果を応用してみたかつたのです。購入したのはデールと東京光音電波の製品。
   お店は海神無線です。

   カテゴリの「友人と小アンプを!」のアンプを改修します。この記事は異常に閲覧数が
   多いのです。

   回路図のR3 酸化金属皮膜100Kを東京光音電波のRN75E 100Kに。
     これは、全体的にクリヤー、静かでノイズが感じられなく変化します。
     繊細な音も良く出ています。 
   R8 酸化金属皮膜 3.9KをデールのNS-2B 3.9K 3Wに。
     これもクリヤーでパワフル感もあり、低音が伸びてきます。
   R1 カーボン470K1/4Wを 手持ちの東京光音電波のRD14A 2Hに。
     静かでまろやかな音を感じます。   
   Rx,R2,R6を削除、2.6を単線に交換。
     薄いベール感が無くなりました。
   各部の電圧を再チエック。
     初期値とほぼ同じでした。

   
   予想通りクリヤーで真面、普通の音となりました。試しに通常のラインに入れて試聴。
   やはり0.5Wのアンプ、大きい音は出せませんがクリップ直前でもとてもクリヤーな
   音質に変化しています。これは佳いですね。簡単な改修でこんなに見事な音になるとは
   とても驚いております。交換した内部の写真を上げておきます。

    
f0080162_1736053.jpg




   試聴は此れでしました。ラインではSACDで再生しております。
   ペトレンコの指揮は非常に興味深いものです。録音的には低音が過多な感じがしますが
   ホールトーンが美しく、高弦も自然です。少し広すぎる所で演奏していると感じました。
   ライブ録音です。


    
f0080162_17364965.jpg



     Rachmaninov: Piano Concerto No.2 in C minor
            Dejan Lazić, Kirill Petrenko

      
[PR]

by Artist-mi | 2016-12-04 17:41 | 友人と小アンプを!(12BH7A S) | Comments(2)
Commented by pfaelzerwein at 2016-12-05 23:38
私は192kHzのフラックで聞いていますが、アップレーティングすることで何とか通常の低音のバランスになりました。フィルターなどを入れずにそのままのミキシングで出しているのでしょうから、そのレーティングなどによって強調され方が変わってくるにも拘らず、マイクロフォンへの跳ね返りの低音を計算していなかったようです。Bruel&Kjearの設置の問題でしょうか。

昨今の若手ピアニストは、りんりんコムプレックスか、超低速で弾く人ばかりで、ここでも三楽章に合わせてテムポ設定しているのか、大変なことになっているようです。ペトレンコも監督とソロの関係ではもう少しネゴシェーションするのでしょうが、客演指揮では合わせるしかなかったのだとと思います。どちらかと言えば早めのテムポで音楽を歌わせることが出来る指揮者ですが、ここでは如何に合わせながら帳尻をつけるかの計算と如何に弛緩させないかに神経を行き渡らしているかと思います。
Commented by Artist-mi at 2016-12-06 20:01
pfaelzerweinさん、こんばんは。

  サンプリング周波数を上げると低音が抑えられるのは納得しますね。
  ピアノと低弦は収録時にかぶってしまっていますね。ライブで広いところでは
  難しいのかも知れません。4006コンデンサーは無指向性なので・・・・。
  このマイクの周波数特性の高い方は20KHzで-2dB程度でかなり良い方ですが、
  それ以上高いところはかなり減衰しています。

  この演奏は其れなりに意味があると聴きました。ラフマニノフになっていると
  言って良いのではないでしょうか。もう少し流麗な方がラフマニノフらしいと
  思いますが、ペトレンコの指揮は上手く合わせていると聴きました。
  聞かせ所も美しいしラフマニノフの意図にそっていると。



   


<< 2016/12/23      2016/11/27 >>