2016年 11月 27日
2016/11/27
  日記:

    この数週、抵抗器品種が音に及ぼす特長を探っておりました。特に
   あまり回路的には関係が無い所の抵抗をいろいろ交換しておりました。例えば

    アウトプット・トランスの二次側のベゼルネットワークを構成する抵抗。
    
    各増幅段へのデカプリング回路を構成する抵抗。

    電源部から出力段への給電の結線の所で、左右のチャンネルのセパレーションを
    多くとる為の抵抗。

    ヒーターバイアスの電位を確保するため電源部から必要な電圧を分割させるための
    抵抗、・・・・など。

   
   結論から先に言えば、これらは音に影響が有ると聴こえました。ただデカプリング
   回路などは低域の遮断周波数が各段であるので判断が難しいとは思えたのですが
   思ったよりはっきり違って出てきました。ベゼルネットワークの抵抗なども、はじめは
   プラシーボ効果なのかとも思えたので、再度元に戻し、ハンダ付けのアイドリングも
   考慮して数回も確かめてみたりもしましたし、片チャンネルだけ交換し左右を入れ替え
   たりしても確かめて診たのですが、変化を認めないとは言えない効果でした。
   
   音の傾向ですが、鉄のキャップやリード線を用いた製品は音色が付きました、曇り気味
   で高音部に嫌な音がします。カーボンの製品はどれも独特の響きが加わり、その音が
   好ましく思える事も結構ありますが、無い音と比較すると騒々しく思えてきました。
   ベゼルは現在、デールのNS-2Bを使っていますが、これとて無傾向ではありませんが
   比較的良い結果と聴こえました。デカップリングの方はZ-201を使ってみましたが
   これは無傾向と言って良いと思いました。ただ調子が出るまで時間がかかります。
   信号の増幅段のループ内の抵抗は現在Z-201とVARそして東京光音電波のRN65 75Eなどを
   用いていますが、上記の4か所を追加処置すると、よりリアリティーが向上させられる
   様に思えました。
   また、ループ内の抵抗が考慮していない場合は追加の処置は効果を発揮しない様にも
   聴こえました。抵抗器はどうも誤差精度が良く、外気温の変化、自体の発熱による
   変化などが少ない様な規格の製品の方が好結果のようですが、それが当たっているかは
   私には解かりません。

   今回試したアンプは大小四台ですが、みな音の質が似て来ましたが、回路の違い、球の
   種類の違いなどもかなり認識できる様に聴こえました。これらの違いも面白いと思い
   ました。良くあの球の音とか、あの回路方式の音と言う事も事実だと思えます。
   メインアンプはシングルアンプがなかなか良いと思いましたが、低音が上手く再生出来て
   いない様ですし、装置が大掛かりになってしまいます。またPPでは音の座りが悪い様に
   聴こえます。差動のアンプはこれらの欠点が無い所が良いのですが出力を大きくしにくいし
   発熱が大きい所が時に問題を招きます。又、そもそも回路のインピーダンスを低く出来る
   回路構成の方が宜しいし、再生周波数帯域も今のソースを考えると広くしておいた方が
   音には無難と思えます。初段に6AU6などの五極管を使い高い負荷でゲインを稼いだりすると
   高域が落ちて来たりして拙い事になります。低域の各段のスタガリングも厄介で
   OPTのインダクタンスはかなり動くので設定は難しいです。NFを少な目にしたいのもそんな
   所にあります。抵抗の質が上がると低音がボン付く事は無くなるので余計目立ってしまう
   所でもあります。あれやこれやと無理をした回路は私には難しく思います。
   自作する方は自分なりのチューニングをする箇所をお持ちと思いますので、やりよい回路で
   作るのが楽だと思います。どんな回路も満点とは行きませんが、それなりに良い所を
   生かして使えばかなり満足の行く再生は可能ではないかと考える様になりました。
   私は新しい回路をいろいろ考えて楽しむ方では無く、出て来る音を追いかける方なので
   こんな方法しか出来ませんが、市販の録音されたソースはなかなか良く記録されたモノだと
   驚く事が多く演奏の実際がとても微妙な表現の積み重ねだと再認識するこの頃です。

   H・シェリングの技法は凄く完璧なのが聴けましたし。クライスラーはかなりいい加減、
   フェラスはとても自由に解釈しているし、カラヤンは細部まで磨きをかけた音響を求める、
   小沢ははしゃぎ過ぎ、シューリヒトは理想が高い、そんな事がこれ等のアンプでは
   しっかり出てくるのはびっくりで、今まで作ったアンプは何んだったのかと・・・・!

     
     今夜の一曲。

      Christian Ferras - Debussy: Sonata for Violin & Piano 1st mv

        


 
[PR]

by Artist-mi | 2016-11-27 14:32 | PCとステレオの話し | Comments(0)


<< 2016/12/04      2016/11/23 >>