2011年 02月 28日
2011/02/28
  日記:

    週末に久しぶりにハンダ鏝を握って12BH7A シングルアンプの電源トランスの交換をしておりました。
   トランス端子の電圧表示が不確かなので、確認しておかなかった為の選択ミスです。
   交換したトランスは春日のKmB60Fです。これにより0.387W位の出力が0.52Wまで改善しました。
   でも、これは僅かな増加です。それでもメインの装置で使うと余裕が増えたのが判りました。
   音質ですが、莫としてゆったりした音質で音域のバランスが良いです。欲を言えばもう少し細かい所を
   際だたせる音の方が良いかな~とも感じましたが、細かい音がしない訳ではありません。長時間聴いても
   疲れない音でもあります。

    交換したトランスの写真、変更した配線の模様、新しい電圧値入り回路図を上げておきます。
   V2のプレート損失は3.66W位となりました。これは最大定格3.5Wを少しオーバーしています。
   トランスの発熱は少ないですが、前のP35よりかなり暖かい感じがしましたが、これは・・・・!

 3/2日 追記: このアンプはPCに接続して使用するので、プレート損失を定格オーバーで常時使用するのは
         やはり心配です。暇をみて前のPT-35に戻どすかな~!

  3/31日 追記: PT-35に戻しました。PT二次側は211V位出ています。B電圧は246V程度、
          出力は0.38W程度、プレート損失は2.68W位となりました。使ってみて取り立てて問題は
          ありません。前よりアンプの温度上昇が少なくPCのそばに置いても安心です。

  10/15日 追記:もう少しB電圧を上げたい衝動にかられ、電源回路のR9の値を33KΩに変更しました。
           リップル電圧が増えるはずですが。実用には問題無いと判断しています。これにより
           B電圧は258V程度に上昇、プレート損失は2.82W位になります。
 

f0080162_20582236.jpg


f0080162_20584385.jpg


f0080162_20591382.gif

[PR]

by artist-mi | 2011-02-28 20:59 | 友人と小アンプを!(12BH7A S) | Comments(0)


<< 2011/03/02      2011/02/26 >>