2017年 10月 17日
2017/10/17

  日記:


    週末、従妹のお供で日本橋に行ってきました。
   従妹のジャケットの仮縫いを御一緒したのです。

   フィテングをする係りと実際に縫う係り、裁断をする係りの人など分担があるそうです。
   フィッターは皺やバランスを正すわけですが、かなりの時間を要するようです。此方側も
   立ちっぱなしなので、くたびれてしまいます。時には30分を越す場合もありますね。
   どんな小さい皺も調整したいのがフィッターの心意気で、結構真剣勝負な場面もあります。

   一応、人台に仮組したモノを実際に着つけて仮縫いした所をバラシ、ピンで調整して止めて
   ゆきます。人台の状態のモノを上げておきます。服地はW.BILLのツィード、茶のウィンドペン。
 

            

f0080162_20482156.jpg

         今夜の一曲。


     Clara Haskil plays Beethoven Sonata opus 31 nr. 2, "The Tempest"



           



     
[PR]

# by Artist-mi | 2017-10-17 20:54 | Comments(2)
2017年 10月 09日
2017/10/09
 日記:

   小池女史の言う「ユリノミックス」なる言葉・・・・、何か変ですね。

  ユリの何とかと言うのは、泌尿器科のいろいろな用語に使われるので、おしっこを混ぜるとか分けるとか・・・・! ! 
  薬の名前にも似ているしな・・・。

  他の呼び方にした方が良いと思いますです。 

[PR]

# by Artist-mi | 2017-10-09 20:27 | Comments(0)
2017年 10月 08日
2017/10/08


  日記:

    
    久しぶりにメインのアンプ(6V6GTppUL接続)に手をいれました。
   
    手を入れたのは、整流ダイオードの交換です。もともとはビィシーのUF4007Fを使っていました。
   UF4007だってかなり高性能なのですが、最近シリコンカーバイドのショットキーバリアダイオードが
   かなり高耐圧のモノが産業用に要求されるようになり、オーディオ用にも流用出来る様になって
   きました。これはスィッチング・タイムがかなり小さく、15nS程度なのです。UF4007は75nSですから
   びっくりする程なわけですね。二極真空管で整流するのと同程度の低ノイズが期待できます。

   ネットで調べると、ロームが出したSCS105KGという製品が評判が宜しいようですが、在庫が少なく
   なってきた様で、海神無線にはありませんでした。生産終了のようです。しかし第二世代の製品が
   発売された様なので探してみました。これの品番はSCS205KGで1.2KV、5.0Aと云うモノです。
   前製品と比較すると対熱特性が改良されていて、これは音質に重要な事と私は思います。

  
    各製品の仕様をみて下さい。

    http://docs-asia.electrocomponents.com/webdocs/0026/0900766b8002669d.pdf

    http://akizukidenshi.com/download/ds/rohm/SCS105KG.pdf

    http://akizukidenshi.com/download/ds/rohm/scs205kg.pdf


     さて、交換して最初に違いが判ったのは低域が厚くなった事です。UF4007が低域が以外に薄かったの
    かも知れません。較べるとリード線がかなら太くなっている様です。基盤用なので短く、組み入れには
    工夫が必要でした。次に感じたのは高域の透明感が上がった事、中域の分離が上がった事などです。
    一個.500円ですからコストパフォーマンスは抜群でしょう。ネット上では整流管の様だと言う方も
    おられますが、もっと静かに感じました。かなり良質な使える部品ですね。600V番や、もっと容量が
    大きい仕様もありますので比較するのもアリと思います。

     オリジンの0.5シリーズから東芝のIS2711などいろいろ使っていましたが、今回程効果があったのを
    聞いた事はありませんでした。以前45Vクラスのショットキーバリアダイオードも使いましたが、それ程の
    効果を感じられませんでしたので、まだ何か理由があるのかも知れません。アイドリングにはかなりの時間が
    かかりました。

 


     


[PR]

# by Artist-mi | 2017-10-08 19:50 | 6v6ULppアンプ | Comments(0)
2017年 10月 05日
2017/10/05
  日記:
   
    今日は素晴らしい日となりました。
    
f0080162_21201867.jpg

[PR]

# by Artist-mi | 2017-10-05 21:24 | Comments(4)
2017年 09月 29日
2017/09/29

 日記:

   希望の党騒動には「ビックリ」した。

     この先日本がどうなるか全く判らないが、小生の願う未来はまた遠くなった様だ。
    前原氏が関わると総て駄目になるがまたしてもである。全員が入るなど無理だろうし
    その発想そのものが可笑しい。纏める必要はただ権力欲以外にはないのだ。その欲は
    小池女史のために使われるのだろう。何とも情けない。

    天照大神からのファンタジー国家を漠然と信じる人々には、小池女史のプロパガンダや
    安倍さんのプロパガンダを受け入れる事は普通の事なのかも知れない。小生には
    サッパリ理解出来ないのだが。そんな幻想の中に入っている事の危うさを思うと
    小生は背筋が寒くなるのだ。昨朝の寒さは其の為かも知れない。

   こんな事ばかりなら、政治はAIにでもやらせた方がどんなにか良いかと思う日々である。



[PR]

# by Artist-mi | 2017-09-29 21:41 | Comments(6)