2017年 09月 16日
2017/09/16
 日記:

   宇野浩二の「思い川」のあと、「軍艦行進曲」「続軍艦行進曲」を読んでみました。

    軍港行進曲(1927年)

     1916年(大正5年)に浩二が伊沢きみ子と出会ってから、きみ子の足抜けの手伝いや
    彼女との別れ、そして1919年(大正8年)にきみ子が自殺するまでを描いている。
    きみ子が芸者に身売りした横須賀が主な舞台で、当時軍港だった横須賀の情景やそこで
    出会う海軍軍人との交流が印象的である。(ウィキぺディアより)。

   気になるのはやはり時代の差を痛切に感じる。主人公の彼女にたいする態度が今の
  時代からすると、あまりにも身勝手に思える。戦前だからそんな世の中だったのは
  想像がつくが狡い感じがして不快な所がある。思えば悲しい時代であったのだ。
  そこに作者、宇野浩二の「照れ」も滲んでいて何とも悲しくみじめな感じがする。
  この惨め感は子供の頃、かなり日常にあったのを思いだした。

  文章の構造はなかなか対比があって素晴らしい。終わり方が突然来て見事で、余韻が
  上手く残る。言葉の扱いも丁寧で美しくもある。


     宇野浩二「でたらめ経」松尾智昭の語り芝居

     


    
     久しぶりのデジタルタブローの練習を上げます。題を付ければ「夜間飛行」。


     
f0080162_1835190.jpg



    
[PR]

# by Artist-mi | 2017-09-16 18:04 | Comments(0)
2017年 08月 31日
2017/08/31
 日記:


   リハビリの先生が母の為に来宅、介護ベットの脇ガードを扉付きのモノに交換する事にした。
  ベットの上で腰かける様に起き上がっている時間が長く、少し尾てい骨に負担が掛かる。
  ベットの脇に腰を掛ける様にするため、扉が外側に開くモノに交換し、手で体を安定して
  骨盤に力を逃し、足を床に着ける様にしてみる事にした。体を安定出来る様になれば、更なる
  リハビリの展開が期待できるかも知れない。椅子に座って運動が出来る様になれば希望が
  広がる。

 
   涼しい風が窓より入り気分が良いので久しぶりにSPを聴いた。装置はMONO専用を使う。
  聴いたのはアルゼンチンタンゴ。

    さよならも言わずに    リベルタ・ラマルケ  ビクター    DC 1
    カミニート        タニア・ディセポロ  コロンビア   J2612A
    ラ・ランダ        メルセデス・シモーネ コロンビア   S30A
    エルアマネセル      フィルポ       コロンビア   S76A
    インスピレシオン     リベルタ・ラマルケ  ビクター    JA718B
    黒い瞳          カナロ        コロンビア   JX1093A
    ラプニヤラータ      ダリエンソ      ビクター    JA1025A

   良かったのは、リベルタ・ラマルケ。 若い時の録音だけに声が美しい。聴かせます。
   ダリエンソは付いて行けない程、キレキッレ、凄いです。


    今夜の一曲。

     
     Caminito  リベルタ・ラマルケ

      
[PR]

# by Artist-mi | 2017-08-31 21:32 | Comments(0)
2017年 08月 18日
2017/08/18
 日記:

   暑い日々が続いた頃、冷たいモノを食べ過ぎた様で少しお腹の具合が低調だったのだが
  この所の冷夏で症状が悪化、医者に行ってきました。

  始めは夏風邪あたりと思っていた、熱が出て中々下がらず我慢して発汗すれば治ると
  思っていたのだが・・・・・。

  結局、腹部のCTと血液検査をすることに・・・・、抗生剤が処方され二日おきに三回来院する
  ことになってしまった。発熱が酷く、古傷が痛むこと。如何にか盛り返してきましたが、
  まだ、シクシク。

  
   寝ていた暇つぶしに読んだ小説。宇野浩二の「思い川」
  昔買ったのを引っ張り出してきました。積ン読だったのです。
  
  恋愛小説ですね、舞台は関東大震災前から戦後あたりまでの芸妓と文士の関係を・・・。
  文体はなかなか丁寧に書かれていました。でも主人公は優柔不断な歯がゆい男でね・・・・・!
  戦争の時代の国粋主義が幅を利かせた息苦しい時代をこんな風に乗り越えた二人も以外に
  清々しく思える所もあります。最後は女の手紙で終わる所など斬新な書き方だったのだろうと思います。
  この歳になると恋愛小説は些か興味が削がれるのですが最後まで行けました。


    今夜の一曲。

     SVIATOSLAV RICHTER La Cathedrale engloutie CLAUDE DEBUSSY

     

 

  
[PR]

# by Artist-mi | 2017-08-18 18:14 | Comments(2)
2017年 07月 25日
2017/07/25
 日記:

   黒人と言う言葉。

    玄人、素人に対する人。この玄人を私の子供の頃は黒人(くろうと)と書いたのを良く見かけたのだが
   戦後この黒人は進駐軍の影響か ? 人種で云うネグロイドの事を言う様になってしまいました。
   文化と云うのはこんなちょっとした事で変わってしまうのかと思うと何だか淋しい気がします。

     黒人以外にも・・・・・・、
     
     お腹(おなか)を御中。
     風邪(かぜ)を風。
     家(うち)を内。
     親切(しんせつ)を深切。

     こんな書き方があったと記憶しています。

   子供の頃、御祖父さんに「お茶屋」さんに連れて行かれた事を記憶していますが、あれも無くなって
   しまいました。けっこう其処等にあったのかもしれません。高度成長期の喫茶店とは違うし、今ある
   「お茶屋」さんとも違うのですね。


      今夜の一曲。

       『平成の女道楽 内海英華でございます』 東京公演から

         
[PR]

# by Artist-mi | 2017-07-25 20:50 | Comments(2)
2017年 07月 21日
2017/07/21
 日記:

  この頃。

   昨日、母が退院しました。腰椎の一番の圧迫骨折の治療のための入院でした。
  始めの十日間はコルセットにより厳重に固定されていて、寝たきりでしたから
  足腰の衰退は著しく、まだコルセット自体も外せないのでベッドから立ち上がる
  動作が出来ていません。リハビリはそれ以外の所の動作練習が主になっていて
  かなり心配ではあります。介護の認定の更新がその間にありましたが、要介護4の
  判定となりました。4の状態はかなり厳しくこちらもかなり手間がかかります。
  暫らくはまだ静養、再度レントゲンで状態を診ることになります。

   入院すると認知症が進む可能性が多いと看護の方に言われていましたが、やはり
  進んでいる様です。どうも私と母の弟の区別が付かない時があり、それも
  日によってハッキリしたり、ボケでしまったりで訳が分かりません。腰回りの
  筋肉なども落ちているので、取りあえず食事の量を多めにし、好みのモノを
  配膳しています。どうも病院での食事はあまり食べなかった様で・・・・・。
  看護婦さんには美味しかったと言うのですが、私には食べたくないと言うのですね。

   要介護4になり、退院もしましたのでベッドを電動のモノにしました。
  パラマウント製で、よくTVでCMを打っている其の物です。かなり安く借りられる
  ので助かります。特に上下動が大きくできるので、此方の腰にも優しいモノです。
  暫らくは様子見ですが、通院や入浴がなかなか大変でどうなるか。


   入院中は多くの看護師さんに大変お世話になりました。
  実は私には看護師さんの見分けが良く分からないのです。お礼を誰にしたか・・。
  先ず制服が最新式らしく、皆同じ容姿、しかも良く洗濯交換されている。院内は
  必ずマスク着用、要するに目の周りしか見えません。ネームプレートも老眼には
  読みにくく・・・。皆さんしっかりメイクされているのです。目の周りが何となく
  同じお化粧、世代のせいか ? 昔は看護婦さんはお化粧はしていなかった様に
  記憶しています。病室も今より簡素、教室っぽい感じでした。いかにも娑婆とは
  違っていました。今の病室はかなり合理化されていてしかも外界から遮断されて
  いる感じはせず、普通の生活感の延長を基本としたデザインと云うか、雰囲気を
  漂わせています。看護師さんもその雰囲気の一つとしても有る様に思いました。
  この病院は看護師さんの人数がかなり多く、ローテーションを組んで仕事を
  こなしているので、毎回見慣れない方が回って来てパソコンでいろいろな受け渡しを
  している様でした。患者は自分の体温や血圧の変化を観るのはかえって難しい
  様に思えます。昔の入院生活とはかなり違っていますね。

   
     今夜の一曲。

    Miles Davis - My Funny Valentine 1964 Milan

    


 
[PR]

# by Artist-mi | 2017-07-21 15:24 | Comments(4)